出会い系コラム

YYC(ワイワイシー)の評判は?大企業運営の出会い系を評価・レビュー!【2022年最新】

YYC 評判

今回は、優良出会い系の一つに数えられながらも存在感が薄い、YYC(ワイワイシー)についてです。

 

オオカミ君
「存在感が薄い」って・・・最初っからえらい言われようだな。

 

当サイト「週刊現実」の編集長は、YYCについても、2000年代から利用し続けています。

YYCの評判について、ネガティブな点を含めてまったく嘘偽りなくご説明します。

 

YYCの概要。YYCとはどんな出会い系なのか?

そもそも、YYC(ワイワイシー)をご存知でしょうか?

ハッピーメールやワクワクメール、PCMAXほど有名ではないので、出会い系サイト・アプリの利用を検討されている方であっても「知らん」という人も多いサイトかもしれません。

 

YYCは出会い系業界の老舗

YYCの開設は2000年で、すでに20年以上運営し続けている老舗サイトの一つ。

実はハッピーメール、ワクワクメール、PCMAX(いわゆる御三家)より前に開設されているのですが、あまり街中にこういう広告(↓)を出さないためか、御三家に比べて知名度はイマイチです。

 

しかしながら、YYCは毎日4,000人あまりが新規登録者として流入し、ユーザーが累計で1,000万人以上いるという巨大な優良サイトなのです。

実は、出会い系・マッチングアプリ全体でも国内ダウンロード数が1位だったこともあります。(※ App Annieというアプリ調査専門の会社による調査による)

 

YYCは大企業運営(ミクシィの子会社 Diverse)で安心

YYCの特徴は、何と言っても「大企業が運営にかかわり続けてきた」ということ。

最初は、ホリエモンこと堀江貴文氏が立ち上げたライブドア(旧・オンザエッヂ)が立ち上げたのですが、とある韓国企業の子会社に売られてしまいます。

 

その韓国企業とは、「LINE」です。あのスマホアプリのLINEって韓国企業なんですよ。

その子会社が、NHNJAPANというLINEの日本法人です。

 

しかし、このYYC、なんと再度とある大企業の子会社に売られてしまいます。

LINEもYYC(ワイワイシー)を手放してしまうんですね。

 

その売却先の大企業が「ミクシィ(mixi)」です。

日本企業から韓国企業に売られ、また日本企業に帰ってきたんですね。

 

というわけで「ライブドア→LINE子会社→ミクシィ子会社」と運営が変わってきたYYCは、2022年現在ではミクシィ子会社の「Diverse株式会社」によって運営されています

 

以上のように、YYCはずっと上場企業かその子会社により運営されてきた、珍しい経歴を持つ出会い系サイトなのです。

 

ポイント制出会い系の中では唯一、アダルト色が薄い

大企業が運営にかかわっているサイトというと、ほとんどが「月額定額制出会い系サイト」になるのですが、このYYCは「ポイント制出会い系サイト・アプリ」になります。

ですので、実は2016年まで「大企業運営にもかかわらずアダルト掲示板があった」というものすごいサイトになります。

 

齋藤編集長
援助交際とか普通にあるからのう、アダルト掲示板は。
大企業運営なのに、大丈夫なのかよ!?
オオカミ君
齋藤編集長
大丈夫じゃなかったので、今はアダルト機能は閉鎖されているぞ。

 

それを放置しておくわけにもいかず、2016年1月にアダルト掲示板を閉鎖しています。

ですので、ほかのポイント制出会い系サイトでいう「ピュア掲示板」しか掲示板がなく、ここか「プロフィール検索」から異性にアプローチしていく、珍しいタイプの出会い系になります。

 

色々な意味で「珍しい」YYCについて、ここから様々な観点でレビューしていきたいと思います。

 

YYCにサクラはいるの?業者やキャッシュバッカーは?

まず、YYCにサクラはいません

もしサクラを使ってしまったら、親会社の不祥事になるので、間違っても使うことができないのが本音だと思います。

 

オオカミ君
「子会社が詐欺行為を行ったために上場廃止」とかになったらアホ過ぎるからな!

 

しかしながら、業者とキャッシュバッカーはいます

まず、キャッシュバッカーについて。あまりキャッシュバック制度の還元率は高くないですが、結構キャッシュバッカーがいる感じのサイトです。

参考出会い系のキャッシュバッカー(CB)とは何か?CBがいないサイト教えます!

 

私がその原因ではないかと思っているのは、メール画面が「LINE」に似ていること。

これにより、本人がキャッシュバッカーのつもりがなかったとしても、めちゃくちゃな短文で反応してくる子が多いです。

 

そして、業者。

先ほど申し上げた通り、業者の巣窟であるアダルト掲示板は2016年1月に撤去されてなくなったのですが、それによって業者がいなくなったのかと言えば、そんなこともありません。

 

業者がピュア掲示板に移り、「パパ活」やら「ピュアなのにアダルトな誘いをしてくる」ようになっただけです。

むしろピュアとアダルトの区別がなくなってしまった分、他のサイトよりめんどくさくなってしまっている感があります。

参考業者は優良出会い系にもいるぞ!見分けて避けるための全知識

 

YYCの料金は?高いの安いの?

次に、YYCの料金面について。

結論から申し上げますと、高くも安くもありません。普通です。

参考【一覧で料金比較】全ての出会い系サイト・アプリの料金表まとめ

 

なぜ高くも安くもないかというと、基本的に、ポイント制の優良出会い系サイトの料金は「ほぼ一律」だからです。

その「一律」とは何かというと、メール送信1件50円で、メール受信にはお金がかからない、ということです。

 

齋藤編集長
YYCも、この「出会い系のスタンダード」ともいえる料金体系、そのものじゃ。
YYC(ワイワイシー)での行動(アクション)消費ポイント
メールを送信する50P
受信したメールを見る無料
プロフィールを見る10P
プロフィール画像を見る無料

 

【2022年現在は気にしなくてOK】ポイント制出会い系ではWeb版を使うべし

以前まで、ポイント「購入」の料金表はWeb版(ブラウザ版)とアプリ版で違いました。

ただし、現在はどちらから購入しても同料金になっています。

 

齋藤編集長
一点注意じゃ。iOS版(iPhone版)は、Web版(ブラウザ版)やAndroid版(Google版)とポイントが共有できず、まったく別扱いじゃ。
iPhone使っている人は、めんどくさいからWeb版で登録した方がいいと思うぞ。
オオカミ君

 

YYCの会員層(年齢構成、男女比率等)

次に、YYCにおける会員層について。

 

まずは年齢層についてお話していきましょう。調査してみると、YYCの会員構成(年齢別)はこんな感じになっていました。

  • 10代:5%
  • 20代:59%
  • 30代:22%
  • 40代:10%
  • 50代以上:4%

 

以前もどこかで書いた記憶がありますが、YYCは「オトナの出会い」をうたっている割には年齢構成的には低めで、20代が中心

なんと約6割が20代です。さすがにJKに出会いやすいハッピーメールには負けますが、若めであることは間違いないです。

 

次にYYCの男女比率です。

実はYYCはトップページに男女の会員数を公表していました。(2022年時点では、もう出ていないです)

 

2018年1月14日時点では「男性は1,393,966人に対し、女性は906,796人」となっていました。

これをもとに計算すると、男性61%、女性39%ということになりますね。

 

齋藤編集長
実は2016年には「男性72%、女性28%」で男女比的にはめちゃくちゃだったのじゃ。
数年で劇的に改善したんだな。
オオカミ君

 

以前は、ハッピーメールやワクワクメールのような「私がいつも使っているサイト」と比較すると会いにくかったのですが、最近はかなり良くなっています。

その原因はこういうところにあったのかもしれないですね。

 

YYCはぶっちゃけ会える出会い系アプリ(サイト)なのか?2chより厳しい評価!

次は、"出会い系"サイト・アプリというからには一番大事な部分であろう「YYCは会えるのか?」についてです。

 

まず、YYCは出会えるサイトなのは間違いないです。

さすがに大企業が運営している、老舗中の老舗ですからね。私自身、かなりいい思いをさせてもらっていました。

 

しかしながら、「他の優良出会い系と比べても相対的に出会えるのか?」というと、「正直No」です。

 

オオカミ君
正直だな。
それがこのサイト「週刊現実」のコンセプトじゃからな。
齋藤編集長

 

ハッピーメールやワクワクメールに比べると1段階劣ったサイト、というのが率直な感想です。

私の出会い系データベースを見ても、そこまで会えるサイトとは言えない結果になってます。

 

ですので、普通に(=彼女狙いで)出会うという意味では、サブサイトとして複数サイトを利用する場合におすすめです。

参考よく比較される出会い系を複数使う理由3つ。全部使えばいいじゃない?

 

YYCには独自のメリットはないのか?

ちょっと(私によって)叩かれ気味のYYCにメリットはないのかを書いておきます。

 

メリットはあります。それは、YYCにはボトルメールというある程度使える機能があるということです。

ボトルメールとは何かというと、一度設定しておくと、「メールを同年代の異性に"勝手に""毎日""無料で"送ってくれる機能」です。

 

「勝手に」「毎日」「無料で」というところが重要です。

相手を選べないですが、たまに「ドンピシャの美女」に送ってくれ、その子から無料で返事がもらえることがあるのです。

 

面倒になって出会い系から離れてしまった時期であっても、このボトルメール君は黙々と働き続け、たまーに(本当にたまーにですが)スマッシュヒットを飛ばしてくれます。

 

即効性はゼロなのですが、長期的にやっておくと「やっててよかったボトルメール」という気分になってくるイカした機能です。

YYCはメインサイトとしてはダメなのですが(レビューの途中で言っちゃったw)、この機能のおかげもあってサブサイトとしては優秀なので、登録する価値があるサイトです。

 

YYCはやれるサイトなのか?ここは男性限定。

YYCはエッチしやすいサイトなのか。

 

まず、月額定額制出会い系サイトと比べれば、エッチしやすいサイトになります。

ペアーズやマッチドットコム、ラブサーチよりは確実にエッチ向きです。

 

しかしながら、他のポイント制出会い系サイトと比べると、エッチ向きではありません

YYCは、アダルト掲示板を閉じたサイトです。しかも大企業運営。

 

「ピュアしかない」「大企業運営」のサイトに「登録したい!」と思う女子は、どちらかと言えば「恋愛のために、真面目な出会いをしたい」という層になります。

 

つまり、普通のポイント制出会い系よりもお堅い女性が多くなりがち。

年齢層もハッピーメールよりは高いので、そういう意味でも「真面目な出会い」寄りになります。

 

齋藤編集長
女性は30を前にすると真面目な出会いを追求し始めるためじゃな。
婚活ってヤツだな。
オオカミ君

 

YYCでもエッチな出会いの可能性は十分あるのですが、それが強みのサイトではありません。

エッチな出会いでは、ワクワクメール・ハッピーメールに全くかないません。そもそもアダルト機能がないので、当然と言えば当然ですが。

ワクワクメールの公式サイト → http://550909.com

登録無料!カンタン2分

無料でワクワクメールをお試しする

※出会い系業界の2強!真面目にもエッチにも強い

 

ハッピーメールの公式サイト → https://happymail.co.jp

登録無料!カンタン2分

無料でハッピーメールをお試しする

※最も業者が少なく安全!日本最大の出会い系

 

YYC徹底攻略!メッセージのやりとりはこうすべし!

YYCの攻略は、月額定額制出会い系サイトとは全く異なるものになります。

 

ボトルメール攻略

まずは、YYCの特長である「ボトルメール」を活かすため、登録したらすぐにボトルメールを設定しておくこと。

 

その際に重要なのは、ボトルメールだと書かないことです。

ボトルメールは「ボトルメールが届きました」と記載されて届くのですが、記載された文章を読まずに(ボトルメールと気づかずに)返してくれる女性が結構います。

 

ですから、基本的には自分のファーストメール(気になった相手に、最初に送るために作ったメール)を参考に作成したものをボトルメールとしてセットしておけばよいでしょう。

 

掲示板は使わずプロフ検索から攻める

次に、掲示板は業者であふれかえっているので、基本的にはプロフィール検索からアプローチするのが良いでしょう。

その際、好みにもよりますが、こういったポイント制出会い系サイトでは、顔写真のない子を中心に攻めてみるというのも有効な戦術です。

 

業者である確率をかなり減らすことができますし、顔写真がない子でもかわいい子はいます。(特に、超美人は業者と疑われがちだからなのか、顔写真を出さない場合が多いです)もちろん、ブスだから写真なしという子もいますけどね。

 

プロフィールを充実させ、メールを送る

これはYYCに限りませんが、ポイント制出会い系に登録したら、やるべきことはプロフィールの充実とメールの送信です。

 

女性はあなたからメールをもらうと、プロフィールで「どんな人かな?危なそうじゃないかな?」と確認して、メールをするかどうか検討します。

ですからプロフィールは非常に重要です。

 

そして、メールの送信ですが、これはポイント制ではお金がかかる行為ですので、予算と相談しつつ、優先順位をつけてメールを送信していきます。

 

この際、スナイパーのように少数しか狙わない場合には、かなり丁寧に一人一人に合わせたオーダーメイドのメールを送るべきです。

逆に、お金がある場合やどうしてもたくさんの女性に出会いたい場合など、マシンガンのように多数を狙う場合には、ある程度コピペを用い、「相手の名前」「なぜ相手にメールしたのかの理由」等の重要部分だけカスタマイズしていくことが必要になります。

 

キャッシュバッカーの短文メールに付き合わない

最後に、YYC特有の事情として、メール送受信画面がメールボックスというよりはLINEのようになってしまっているため、「相手が短文メールをしてきやすい」という悪い特徴があります。

これに付き合うと一瞬でポイントが吹き飛びますので、自分のメールを長くすることで相手を長文に誘導するか、もしくは短文の相手はさっさと切ってしまう(=連絡を絶ってしまう)とよいでしょう。

 

YYCの評判は?口コミをまとめてみた

最後に、私以外の第三者によるYYCの評判・口コミをYahoo!知恵袋で集めてみました。

(「出会い系サイトの、YYCとハッピーメールと、ワクワクメールをやってるんですが、一つだけにして残りの二つを消すとしたらどれを残したほうがいいですか??」という質問に対して)

まず消えるのはYYCでしょ。

残る二つはどちらでも。
過去に良い経験させてもらってるのはワクワクの方かな。
たまたまでしょうけど。

登録人数的にはPCMAXが一番多い印象ありますけど。

頑張ってください!

出典:yahoo!知恵袋 chiyodahayaさんの回答(ベストアンサー))

 

編集長コメント:なぜ一つだけにしなければならないのかは全く分かりませんが、私がこの質問をされたら「まず消えるのはYYCでしょ。」は全く同じです。

YYCも悪いサイトではないのですが、ハッピーメール、ワクワクメールのほうがより良いためです。

 

(「YYCって信用できるサイトなんですか?」という質問に対して)

長期間運営されている老舗サイトなので信頼はできるかと。

女の子の人数も多いので出会うのに苦労はしないと思います。

まずは無料でもらえるポイントを活用して
コツを掴んでいくといいでしょう。

出典:yahoo!知恵袋 vigtdfgwklbさんの回答(ベストアンサー)

 

編集長コメント:ベストアンサーの方のおっしゃる通り、老舗なのは重要ですよね。長期間運営されている=1~2年で稼いで逃げ切るタイプの「サクラありきのサイト運営」をしていない、ということなので。

 

オオカミ君
否定的なコメントも取り上げておくぞ。

 

(「出会い系のyycについてです。さくらが多いと聞いたのですが、殆どがそうなのでしょうか?また、見分ける方法はありますか?
実際に会えたという方がいたら体験談も聞いてみたいです」という質問に対して)

男性会員登録者の場合は、大半がさくらが多い

もしくは、LINEを教えてくれても実際に会ってくれる割合は、かなり少ない様です。

女性の場合は、さくらの割合は男性よりも少な目です。

また、直ぐ退会出来てしまうので、出会いというよりもメールのやり取りメインの方の方が多い様です。

実際に、会ってお付き合いしてますが…かなりレアケースみたいです。

(yahoo!知恵袋 blackdarkness_king_whitelightさんの回答(ベストアンサー)
2016/2/10 23:32:59)

 

編集長コメント:出会い系知恵袋あるあるで、「サクラと業者の違い」が分かっていない質問者に、同じく「サクラと業者の違い」が分かっていない方が回答しちゃったパターンですね。

 

しかしながら、「さくら」を「業者」と読み替えると、合ってます。業者は男性向け(つまり女性に扮した業者)のほうが圧倒的に多いです。

LINEを教えてくれても出会いまで結びつかないことはよくあります。メッセージが下手なのかもしれないし、相手に恋人ができたのかもしれません。

 

齋藤編集長
とかなんとか言っておいて、この人自身は出会ってお付き合いしているんじゃな(笑)

 

以上のような評判・口コミです。

優良サイトなので当たり前なのですが、たくさんの質問と回答(2022年11月時点で約1,447件)があり、多くがYYCに肯定的な回答でした。

 

まとめ:YYCを使うべきケースは?

最後に、YYCを使うべきケースをまとめておきます。

  • すでにハッピーメールやワクワクメール等をメインで利用している人が、サブサイトとして使うのが基本
  • 特に、お金を節約したい人におすすめ(ボトルメールがあるため)
  • 20代だともっとハッピー(20代だけで6割を占めるサイトであるため)

 

以上がYYCの評判を徹底的に分析した結果です。

ご覧いただきありがとうございました。

必須YYC(ワイワイシー)

  • この記事を書いた人

「週刊現実」編集長

週刊現実の編集長。15年以上をかけて、2022年までに出会い系で300人以上の女性と出会う。出会い系に関する知識・テクニックは日本有数のプロ(専門家)だと自負しており、出会い系人生の全てを込めて「日本一の彼女・セフレ作りWebマガジン」である週刊現実を発刊。

-出会い系コラム

© 2022 週刊現実