出会い系でセフレを作る

彼女が2人欲しいなら出会い系で人妻狙いがおすすめ

彼女 2人 欲しい

彼女が2人欲しい。

 

齋藤編集長
ワシと同じように、そういうタイプの男性は多いんじゃなかろうか。
まあ、心の中ではそう思っている男性は多いよな。
オオカミ君

 

今回は「彼女が2人欲しい」という、欲張りな男性に向けての内容です。

彼女が2人欲しいなら出会い系で人妻狙い」をお送りします。

こんな方におすすめ

  • 彼女が1人では物足りないと思っている
  • 本命の彼女以外にもセフレが欲しい
  • 彼女・セフレがもっと欲しいが、出会いがない

 

この記事の結論としては、「出会い系Jメールで人妻を狙い、彼女+セフレという構成にするのがベスト」という内容になっています。

ミントC!Jメールの公式サイト → https://mintj.com

登録無料!カンタン2分

無料でミントC!Jメールをお試しする

※女性比率が高く、アダルトな出会いに強い

 

彼女が1人じゃ物足りない?とはいえ

男性の中には、彼女が一人じゃ物足りないという人が結構います。

とはいえ、その欲求を素直に実行すると、面倒なことになります。

 

まず、普通の男性は自分の身近なところ(周り)から二人、彼女を調達しようとすることが多いのです。

一番悪いケース(何も考えていないケース)では、彼女の親友とかに手を出して、恐ろしい二股をかけたりします。

 

身近で彼女を2人つくると、以下のようなリスクが出てきます。

  1. 共通の知人にバレるリスク(人間関係の中からバレるリスク)
  2. デート中に、別の彼女に鉢合わせするリスク
  3. それぞれの彼女に、浮気の痕跡がバレるリスク

 

また、彼女が1人では物足りないと思っても、二股をかける相手が見当たらないというケースもあるでしょう。

 

オオカミ君
こちらのほうが多いかもしれないな。

 

つまり、一人の彼女は出来たけれども、他に「付き合ってもいいレベルの女性で」なおかつ「こちらと付き合ってくれそうな女性」が見当たらない、ということです。

いわゆる「モテる人」以外は、こちらのケースに当てはまる方も多いのではないでしょうか。

 

二人目が用意できない、もしくは人脈が狭く、「彼女の近くからしか」二人目が用意できない。

多くの男性は、彼女が二人欲しくてもこのジレンマにぶち当たってしまい、結局は1人の彼女で満足しようとします。

 

彼女を2人作ると修羅場と罪悪感との勝負になる

さらにいえば、彼女を2人作れたとしましょう。

これならばこの記事は不要、目的は達成…のようにも見えますが、実はそうでもありません。

 

実際に、私自身も出会い系を15年以上使っている中で、何人かの女性と同時に付き合ったことも多いです。このように彼女が二人いるときには、二つのダメージが襲ってきます。

一つはじわじわ来るタイプで、一つが一気にくるタイプです。

 

「一気にくる」タイプのダメージが、修羅場です。要は、「浮気バレ」してしまい、彼女から問い詰められるケース。

浮気相手に彼女の存在を隠していた場合には、どちらの女性からも責められるケースさえあります。これが一つ。

 

もう一つの「じわじわ来る」タイプのダメージが、罪悪感です。

彼女が二人いるということは、(好意に差があるとはいえ)どちらにもかなり気持ちがあるということ。

 

男性はこういうことが出来ますので、どちらの彼女にも「こいつに悪いことしているな…」と思うようになるのです。

よほど割り切った人以外は、2人の恋人に感情移入すればするほど、罪悪感にさいなまれるようになります。

 

このように、せっかく「2人恋人体制」を確立しても、多くの人が修羅場もしくは罪悪感により破局を迎えます。

結婚していた場合には離婚や退職、慰謝料(裁判)につながることもあり、かなりのダメージを受けることもあります。

 

オオカミ君
おいおい、結局「彼女は1人にしろ」って道徳の教科書みたいな結論じゃないだろうな!?
そうではないので、安心してほしいのじゃ。
齋藤編集長

 

彼女+セフレがベスト構成

ここまで、2人目の彼女に関するいくつかの問題点を指摘してきました。

  • そもそも自分が気に入り、相手も気に入ってくれるような女性を2人も用意できない
  • 人脈が彼女と被っているため、2人目候補が彼女の知り合いである
  • 彼女を2人作った(作ろうとした)が、修羅場になったり罪悪感を覚えたりするのは嫌だ

 

これらすべてを完全に解決するわけではないものの、ある程度緩和してくれるのが、「セフレ(セックスフレンド)」と言う考え方です。

セフレというと、いかにも嫌らしい感じがしますが、要は「彼女じゃないけどエッチする相手」ということです。

 

セフレであれば、「愛せる相手」まで行かなくて済むので、「自分が気に入る」ハードルも「相手に気に入られる」ハードルも下がります

(一部、エッチテクニックなどのハードルは上がるかもしれませんが)

 

齋藤編集長
ちなみに、エッチテクニックに自信がないけどセフレが欲しいという男性は、ワシも使っている以下は必見じゃぞ。

AV界のレジェンドが作った日本最高のセックス教材

加藤鷹のセックス教材を返金保証付きで試してみる

※全ての日本男児におすすめ。安心の返金保証付き

 

さらに、この後ご紹介する方法であれば、現在の彼女の人間関係から100%離れたところでセフレを作ることが出来ます

 

オオカミ君
そもそも、彼女の友人からセフレを作るのは色々な意味でハードルが高いよな。

 

最後に、セフレは彼女より優先すべき存在ではなく、「彼女が1番、セフレが2番」という優先順位が明確です。

これによって、いざという場合(=修羅場)でも、どちらを切るかで迷うことなく動けるというメリットもあります。

 

罪悪感は残るかもしれませんが、「彼女が1番」ということで彼女に対する罪悪感は薄れるでしょう。

また、「あくまでセフレ」とお互いに認識しておくことで、(いざという場合の)セフレに対する罪悪感も薄れるでしょう。

 

ですので、「何が何でも『彼女』が2人必要」というのでもない限り、「彼女+セフレ」という構成がおすすめです。

彼女のほかにもエッチする女性が欲しいな、程度であれば間違いなくこちらのほうがいいでしょう。

 

セフレ作りは出会い系で人妻を狙う

  • 「彼女+セフレ」という構成がおすすめ

 

と言われても、「彼女ならともかく、セフレなんてどう作ればいいんだよ…」という人も多いのではないでしょうか?

 

実際、セフレを作るのはかなり難しいです。

「付き合ってください」などの一般的なセリフが使えず、相手から「私たち付き合ってるんだよね?」とも言われない関係を作るのは容易ではありません。

 

ここは発想を逆転して、「セフレを探している女性」を探しましょう

 

オオカミ君
そんな都合のいい女性なんて、いるのか?
いるのじゃ。それが、「出会い系にいる主婦」じゃ。
齋藤編集長

 

当サイト「週刊現実」ではよく出てくるコンセプトなのですが、主婦で出会いを求めているということは、真面目な出会いではありえません

不倫相手なのか、話し相手なのかの違い位で、「夫以外の異性との交流」を求めているんです。

参考出会い系でビッチ・ヤリマン・痴女と出会いたいならこうする

 

これを出会い系に求めている時点で、ちょっと「モラルを振り切っている」と思いませんか?

 

オオカミ君
それは確かに。

 

実際、出会い系に登録している主婦と言うのは、セックスレスだったり、夫が嫌いだったりして「夫以外との恋愛」を求めている層が多いです。

 

そして、主婦はもう子供ではないので、「夫以外との恋愛」の先には当然エッチがあると分かっています。

それを分かったうえで、ちょっといかがわしいイメージのある「出会い系」に登録してきているのです。

 

そして、「エッチはありだけど真面目じゃない恋愛関係」、これってまさに「セフレ」のことではないでしょうか。

 

まとめ:彼女が2人欲しいなら出会い系で人妻狙いをしよう

というわけで、彼女が2人欲しいなら出会い系で人妻狙いに限ります。

以下の記事にも書いていますが、特にエッチ目的の出会いに強い「ミントC!Jメール(Jメール)での人妻狙いは非常に効果的です。

参考出会い系のセフレ作りなら俺に任せろ!実際に成功した4つの方法

 

齋藤編集長
とはいえ、エッチな写真やエッチなプロフィール文章の人妻は、避けるのじゃ。
それだと、援デリ業者に引っかかっちゃうからな。
オオカミ君

 

人妻という時点で「真面目じゃない出会い」を求めているのは確定なのですから、イメージだけでも清楚に見せかけている人妻を狙いましょう。

それが多くの場合、「素人」の人妻なのです。

 

もっと具体的に言えば、アダルト掲示板やアダルト投稿をしている主婦は避けましょう。

ピュア機能のみを利用している主婦を狙うことです。

 

「メル友だけ募集」に見える人妻もねらい目です。

本当に「まったく会わないと決めている」人もいますが、多くの人妻は仲良くなったら会いたくなってくるものです。

 

オオカミ君
でもさ、正直に言っていいか?オレ、別に熟女好きじゃないし、おばさんのセフレが欲しいわけじゃないんだが・・・。
人妻には20代前半の人もいるのじゃ。というか、出会い系には若い人妻はかなり多い。
齋藤編集長

 

セフレが欲しいなら、人妻を狙う。

出会い系では常識ですが、ご存知ない方も多いかもしれないので、書いてみました。

ミントC!Jメールの公式サイト → https://mintj.com

登録無料!カンタン2分

無料でミントC!Jメールをお試しする

※女性比率が高く、アダルトな出会いに強い

  • この記事を書いた人
「週刊現実」編集長

「週刊現実」編集長

出会い系専門メディア「週刊現実」の編集長。出会い系のプロ(専門家)として、経験に基づき記事を執筆。出会い系歴は15年以上、2024年までに出会った女性は500人以上。本名は齋藤さん。プロのおすすめする出会い系サイト・アプリはこちら

-出会い系でセフレを作る

© 2024 週刊現実