出会い系コラム

セックスレスが原因の不倫なら出会い系なわけ

セックスレス 不倫 出会い系

当サイト「週刊現実」では、これまであまり不倫・浮気の出会いにおける出会い系、というのは扱ってきませんでした。

 

齋藤編集長
特に「不倫や浮気の手助けはしない」などのポリシーがあるわけではないのじゃ。
ないのかよ!
オオカミ君
齋藤編集長
ぶっちゃけ、出会い系を使っている人には浮気・不倫目的の人も多い。出会い系のメインの使い方の一つとも言えるじゃろう。
確かに。普通に彼氏・彼女が欲しいだけなら、マッチングアプリを使うって人も多いしな。
オオカミ君

 

というわけで、今回は「セックスレスの不倫なら出会い系なわけ」について書いていきたいと思います。

 

オオカミ君
理由はどうでもいいからとっとと方法と不倫サイトを教えろ、って人にはこっちの記事の方がいいぞ!

参考日本最強の不倫・浮気サイトをプロがご紹介します。

 

セックスレスは深刻な問題

セックスレスごときで不倫?と思っている人がもしかしたらいるかもしれませんね。

最初に言っておきたいことは、夫婦の問題の中でも、セックスレスというのは非常に深刻な問題だということです。

 

オオカミ君
ま、離婚の原因として法的に認められるくらいだしな。

 

一般に、夫婦でしか許されていないというか、夫婦でやるものだと思われていることって、大体「子作り」「子育て」くらいだと思うんですよね。

他は、正直夫婦という関係でなくても代用が可能です。

 

夫婦でしかやれないことの一つが「子作り」であり、結婚してから夫婦以外で子作り行為(ゴムありを含む)をすると色々な問題が出てくることから、これが出来ない「セックスレス」というのは当人にとって非常に大きな問題と言えるのです。

 

オオカミ君
性欲の大きさが夫婦で同じ、ってことはあまりないからな。

 

男女の性欲のピークの違いによるセックスレス

最近では、女性のセックスレスというのも増えてきています。

なぜならば、「仕事の疲れ」に加えて、「性欲のピークの違い」によるセックスレスというのも多いためです。

 

齋藤編集長
実は、男女の性欲のピークは異なり、男性が18歳なのに対し、女性は30歳と言われているのじゃ。
そうなのか?でも確かに、男の性欲は10代がいちばん強い気がするぞ!
オオカミ君

 

自分の経験からしても、男性の性欲のピークが18歳ということにはおおむね賛成です。

そこからすると、(おそらくは)女性の性欲のピークが30歳というのも事実なんじゃないかと思います。

 

そうなると、30代の夫婦で、男性は仕事盛り&性欲減退でセックスしたくないが、女性のほうは性欲真っ盛りでセックスしたい、等という事態だって十分に考えられるわけです。

こうした「男女の性欲のピークの違いによるセックスレス」というケースが増えているとのことです。

 

マンネリによるセックスレスも

当然ですが、仕事の疲れでも性欲のピークの違いでもなく、「マンネリ」によるセックスレスもあります。

特に男性は、「常にセックスできる存在」相手にはあまり性欲がわかないと言う性質を持っています。

 

オオカミ君
それ、分かるぞ!オレだけじゃなかったのか…。
妻や彼女のカラダに飽きてくる、というのは普通のことなんじゃ。
齋藤編集長

 

マンネリによるセックスレスの解消法は、二つです。

マンネリ解消のためにパートナーとの関係や性生活を見直すか、新しい女性を開拓するかです。

 

オオカミ君
ぶっちゃけ、後者の方が簡単かもな。
一度マンネリに陥った関係を修復するのは、難しいことも多いのじゃ。
齋藤編集長

 

不倫を身近でやるリスク。セックスレスの不倫で家庭を壊すのか?

ここまで、セックスレスというのは重大な問題であり、しかも様々な要因から増加傾向にあるということを述べてきました。

 

セックスレスの問題が難しいのは、「じゃあセックスすりゃあいいじゃん」という簡単な問題ではないところです。

よくご存知の方も多いと思うのですが、結婚している場合、妻や夫以外の異性とセックスするのは法律上の「不貞行為」にあたり、訴えられたら慰謝料までとられてしまうような行為なんですね。

 

オオカミ君
慰謝料こえーよ!
身近な関係から不倫相手を探すリスクは、非常に大きいのじゃ。
齋藤編集長

 

ですから、不倫というのは基本的にバレたら社会的信用やお金を失うものなのです。(言うまでもないですが)

 

なので、不倫を身近でやる、つまり「今までの人間関係の中で不倫する」というのは非常に危険で、リスクが大きいです。

会社でやったら会社の人間関係を破壊する可能性がありますし、その他のコミュニティでやってもそのコミュニティの人間関係を破壊しかねません。

 

そして何より、どのコミュニティで不倫をしても、家庭を壊すことにつながりかねません。

セックスレスは大きな問題ですが、セックスレスの解決のために家庭や既存の人間関係を壊滅させるのは賢いとは言えないでしょう。

 

後腐れがないのが出会い系

セックスレス解消のための不倫を身近でやるのは賢いとは言えない、と述べてきました。

 

オオカミ君
じゃあどうすればいいんだよ?
それこそ、出会い系じゃ。マッチングアプリとは違い、出会い系は不倫や浮気にも大いに効果を発揮する。
齋藤編集長

 

逆に言えば、不倫相手はネットで探せばOKということになります。

今はやりのマッチングアプリや婚活サイトというのは、言うまでもなく「恋人・結婚相手」を探すためにあるサービスなので不倫・浮気の出会いには向いていません。

 

それではどこで出会いを探せばいいのかと言えば、「出会い系」です。

 

出会い系で不倫・浮気をするメリット3つ

出会い系で不倫・浮気をするメリットは、以下の通りです。

  1. 不倫・浮気の対象となる相手が多い
  2. ネットだけでつながった相手のため、リアル(現実)でのリスクが小さい
  3. 不倫・浮気の関係がバレにくい

 

出会い系であれば、同じく不倫・浮気の出会いを探してうろうろしている異性が(男性でも女性でも)たくさんいますし、ネットだけで完結するために後腐れがありません。

そもそもサイト内でメッセージ交換が出来るため「最近、メールやラインを頻繁にするようになった」と夫や妻に思われることもないですし、おそらくスマホ以外の経路からバレようがないのが出会い系不倫の最大のメリットです。

 

まとめ

後腐れがない不倫なら、出会い系。

「新たなセックス相手を見つけること」でセックスレスの解消をするには、これが一番だと思います。

 

特に既婚者とのセフレ関係構築に強いのが、PCMAXです。

エッチな出会いなら、ハッピーメールやワクワクメールより明らかに強いので、よければ試してみてください。

 

PCMAXの公式サイト → https://pcmax.jp

登録無料!カンタン2分

無料でPCMAXをお試しする

※人妻が多く、セフレ作りに強み

  • この記事を書いた人

「週刊現実」編集長

週刊現実の編集長。15年以上をかけて、2022年までに出会い系で300人以上の女性と出会う。出会い系に関する知識・テクニックは日本有数のプロ(専門家)だと自負しており、出会い系人生の全てを込めて「日本一の彼女・セフレ作りWebマガジン」である週刊現実を発刊。

-出会い系コラム

© 2022 週刊現実