出会い系コラム

ポイント制出会い系で出会えない人は、月額定額制が向いているのかも。

ポイント制 月額定額制 出会い系

私は親しい知人には、出会い系サイトを使っていることを隠していません。

ですので、出会いがないという人に、(ブログを通じてではなく、リアルでの)ネット出会いでのアドバイスをすることが結構ありました。

 

ネット出会いの中でも、私は自身の主戦場である「ポイント制(プリペイド式)の出会い系サイト・アプリ」をはじめに紹介することが多いです。

参考【永久保存版】ネット出会いの種類やおすすめ、出会い方を徹底解説!

 

出会い系を様々な人に教えていくうちに、ポイント制の出会い系サイト・アプリでは会いにくい人たちがいることが分かりました。

 

さらに(もう一つ)分かったことが、ポイント制出会い系で出会いにくい人は、月額定額制出会い系で上手くいきやすいということ。

そういう人にいわゆる「月額定額制の出会い系サイト・アプリ」を紹介すると、すぐに「出会えたよ!」という報告をもらえることも多かったのです。

参考月額定額制出会い系を徹底攻略!特徴や料金、使い方やおすすめ

 

オオカミ君
月額定額制出会い系っていうのは、例えばマッチドットコム(match)とかだぞ!

 

逆に、月額定額制出会い系ではあまり会えないけど、ポイント制出会い系だとガンガン成果を上げる人もいます。

というわけで今回は、ポイント制出会い系に向いた人と月額定額制出会い系に向いた人の違いについてお話していきたいと思います。

 

インスタ映えする人は、月額定額制出会い系に向いている

まずはじめに、見た目(というか写真)の話から行きます。

経験上、間違いなく言えることとして、インスタ映えする人は、月額定額制出会い系に向いています

 

オオカミ君
イケメンに限るってやつか?
イケメンじゃなければいけない、というわけではないんじゃ。あくまでインスタ映え、古い言葉でいえば「写真写り」じゃな。
齋藤編集長

 

イケメンでも写真になるとフツメンになってしまう人とか、フツメンだけど写真だと絵になる人とかいますよね?

写真写りがいい人は、マッチングアプリに近い「月額定額制出会い系」ではかなり有利になります。

 

オオカミ君
でもさ、ポイント制の出会い系サイト・アプリにも写真はあるよな?出会い系でもインスタ映えは有利なんじゃないか?
そういう部分もある。じゃが、ポイント制出会い系サイト・アプリで写真写りがいいと、業者扱いされるというデメリットがあるのじゃ。
齋藤編集長

 

ポイント制の出会い系サイトやアプリには「イケメンの写真」を使って個人情報の収集や他サイトへの誘導をはかる「業者」なるものが存在します。

よって、ポイント制出会い系を使い慣れた人であれば、キラキラした「インスタ映え写真」に対しては、まずは警戒から入るのがデフォルトです。

 

そういう意味で、インスタ映えする写真のある方は、月額定額制出会い系を使ってみるといいでしょう。

月額定額制出会い系には業者が極端に少ないですので、イケメンはイケメン、美女は美女として扱われ、業者と思われにくいです。

 

オオカミ君
男女ともに有料で、女性業者がゼロなのはマッチドットコムだけだから、マッチドットコムでやると効果が高いぞ!

 

ちなみに、写真写りは悪いけど月額定額制出会い系を使ってみたい、という方は以下の記事を参考にしていただければと思います。

参考ブサイクは出会い系での写メ交換(写真交換)をどうすればいいのか?

 

真面目一辺倒な人は、月額定額制出会い系に向いている

次に、性格の話です。

結論から言えば、「真面目一辺倒」なタイプは、月額定額制出会い系のほうが良いです。というよりも、ポイント制出会い系サイトの方にはまったく向いていません。

 

ポイント制の出会い系サイトにおいては、女性側にも多少の「面白い人に会いたい、楽しみたい」という好奇心がある場合が多いです。

ですから、女性をうまく乗せてあげたり、いじったり、仲良くなってからはちょっぴりエッチなことも言ってみたり、等の会話に慣れていない人は成果があげづらいです。

 

対して月額定額制出会い系では、好奇心等よりも「恋人候補と出会いたい、出来れば結婚できる人と会いたい」と思っている率が高いです。

ですから、口下手だったり、真面目過ぎたりしても結構出会えます。

 

むしろそこが好かれたりする場合もあります。

経験上、真面目タイプの方が、ポイント制出会い系と月額定額制出会い系での戦果が一番違ってくるタイプだと思います。

 

齋藤編集長
もちろん真面目タイプの方の場合には、月額定額制のほうがおすすめという意味じゃ。

 

時間が有り余っている人は、月額定額制出会い系に向いている

ポイント制出会い系の悪いところの一つに、「いくらでもお金が投入できてしまう」ということがあります。

ポイント制出会い系サイトでは、1通50円でメールをするイメージですから、(使わなければ月額0円なのですが)使おうと思えば無限にお金が使えます。

 

齋藤編集長
これは本当に注意じゃぞ。使おうと思えば、月に10万とかも使えてしまうからのう。

 

以前、趣味がなく出会いもない人に「ポイント制出会い系サイト・アプリ」をおすすめした際、ハマり過ぎて「お金を使い過ぎる→反省してやめてしまう→使ってないので会えない」のコンボが起こったことがあります。

 

オオカミ君
何事も少しずつ、コツコツやるのが大事ってことだな。

 

というわけで、ネット出会いに大きな時間を割けそうな人であれば、月額定額制の出会い系サイト・アプリのほうがおすすめです。

どんなに使っても月額3,000~4,000円ですので、非常に安心です。

 

安心・安全最優先の人は、月額定額制出会い系に向いている

ポイント制と、月額定額制のどちらが安全・安心なのか。

この点については、ポイント制出会い系サイト・アプリを15年以上使ってきており、ポイント制出会い系びいきをしがちな私でも間違いなく「月額定額制」のほうが圧倒的に安全だと答えます。

 

なぜなら、業者が少なく、キャッシュバッカー(メールレディ)がいないからです。

参考業者は優良出会い系にもいるぞ!見分けて避けるための全知識

参考出会い系のキャッシュバッカー(CB)とは何か?CBがいないサイト教えます!

 

キャッシュバッカーとは、メール1通ごとにもらえる現金交換可能なポイントで稼ぐ女の子のこと。

月額定額制では、メール1通ごとにポイントがもらえるシステム自体がないため、仕組み上、キャッシュバッカーは存在出来ません。

 

業者は色々ありますが、そもそも月額定額制には「ヤリモク」の男性が少ないです。

さらに、援デリ業者も数が少ないうえに、すさまじい速さで排除されます。多くの月額定額制は女性無料なため、個人情報収集業者は女性側から入り込みますが、やはり消されるのが早いです。

 

齋藤編集長
ちなみに、マッチドットコムは業者がほぼゼロ。なぜなら、女性会員も有料だからじゃ。
業者からしたら、無料サイトと有料サイトがあるなら無料で活動したいもんな。
オオカミ君

 

そういう意味では、こういった「キャッシュバッカー」「業者」に対応する自信のない初心者の方や、安全性を重視する方は、月額定額制のほうが良いでしょう。

 

実際、私にポイント制出会い系を紹介されたものの、あまりに業者やキャッシュバッカーが多くて「あれ詐欺サイトじゃねえの?」と言ってきた(元)同僚もいました。

あらかじめ業者やキャッシュバッカーの注意や見分け方のレクチャーはしておいたのですが、確かに完全なる初心者の方だと、避けづらいのかもしれないですね。

 

齋藤編集長
ワシが悪かったと思っているのじゃ。

 

おすすめの月額定額制出会い系

最後に、おすすめの月額定額制出会い系についてです。

とはいえ、この話題は前に以下の記事に書いていて、結論から言えば、一番おすすめなのがマッチドットコム(match)、次がラブサーチです。

参考月額定額制出会い系を徹底攻略!特徴や料金、使い方やおすすめ

 

齋藤編集長
はっきり言って、この2つ以外は使う価値はないのじゃ。

 

男性であれば、マッチドットコム一択だと思います。

なぜなら女性も優良なため、女性業者が非常に少なく、相手(女性)の本気度も高いからです。

 

齋藤編集長
逆に、もしワシが女性なら、ラブサーチを選ぶ。
なんでだ?
オオカミ君
齋藤編集長
無料で使えるし、マッチドットコムとほぼ同じ出会い性能だからじゃな。

 

結論として、マッチドットコム(match)かラブサーチのどちらかを使っておけば、高い戦果が挙げられると思います。

逆に、上記のサイトを使っても彼女ができない場合には、残念ながらやり方に問題があると思いますので、当サイトのコンテンツを参考に改善を試みていただけると幸いです。

マッチドットコム(match)の公式サイト → https://jp.match.com

サクラも業者もいない唯一の出会い系

無料でマッチドットコム(match)をお試しする

※ギネスブック掲載!世界最大の出会い系

 

ラブサーチの公式サイト → https://lvs.jp/

入会金無料!登録はカンタン2分

今すぐラブサーチを見てみる

※月額定額制の老舗、成婚実績に強み

  • この記事を書いた人

「週刊現実」編集長

週刊現実の編集長。15年以上をかけて、2022年までに出会い系で300人以上の女性と出会う。出会い系に関する知識・テクニックは日本有数のプロ(専門家)だと自負しており、出会い系人生の全てを込めて「日本一の彼女・セフレ作りWebマガジン」である週刊現実を発刊。

-出会い系コラム

© 2022 週刊現実