男性(p)向けパパ活攻略

パパ活の顔合わせ相場の真実を語る【顔合わせ1は詐欺】

パパ活 顔合わせ 相場

こんな方におすすめ

  • パパ活の顔合わせの本当の相場が知りたい
  • パパ活で「顔合わせ1」と言われるのに萎えてきた
  • パパ活の顔合わせにおける、男性側の最適な行動を知りたい

 

お金を出してでも、美人とデートしたい、エッチしたい。

パパ活をやっている男性なら、ほぼ100%そう思っているはずです。ですので、パパ活の顔合わせは重要です。

 

今回は、出会い系歴15年以上、パパ活歴5年以上の経験から、パパ活の顔合わせの本当の相場について解説していきたいと思います。

 

「週刊現実」の編集長は誰なの?

  • 出会い系攻略の専門家。出会い系歴15年以上、出会った女性は500人以上。本名は齋藤さん
  • 特に「セフレや不倫相手の作り方」「サクラのいないおすすめ出会い系」「業者の見分け方」「パパ活」に詳しい
  • 「現実」「真実」「誠実」を理念とし、出会い系専門メディア「週刊現実」を立ち上げ

結論

まず、本記事の結論を箇条書きで記載します。

  • パパ活は写真詐欺が多いため顔合わせは必須
  • パパ活の顔合わせの相場は0円~5,000円くらい(1万はウソ)
  • パパ活で顔合わせ1の女性は大体地雷なので避けるべし

 

パパ活の顔合わせで地雷に遭わないための対策は、以下の4つです。

  1. 詐欺プロフィールの特徴を知っておく
  2. 顔合わせ1を提示したPJは瞬時に切る
  3. 顔合わせで別人だったらすぐに帰る覚悟を持つ
  4. 地雷の少ないパパ活アプリを使う

 

筆者が実際に使っていて、地雷の少ないパパ活アプリは以下の3つですので、参考にしてみてください。

 

齋藤編集長
動画プロフィールで写真詐欺を減らせるラブアンは、特に男性におすすめじゃぞ。

 

前提:写真詐欺が7割。男性にとっての生命線が顔合わせ

まず、経験上、顔合わせで顔写真詐欺が判明する確率は7割くらいです。

 

齋藤編集長
つまり、ほとんどのパパ活女子が加工しすぎということじゃ。

 

ほとんどのパパ活女子が、パパ活は「男性のお金」と「女性のビジュアルとトーク、ホスピタリティ(※場合によりエッチも)」の交換であることは理解しています。

ですので、ビジュアルを偽るというのは「そもそもの重要な交換条件を偽る」詐欺行為に近いです。

 

オオカミ君
交換条件に差し出すものを偽っているわけだからな。

 

しかしながら、実際には多くの女子が写真を加工しすぎています。イメージで言うと(業者を含めて)7割は詐欺レベルに加工しています。

「無加工」といいながらSNOWのAIアバター等でバリバリに加工されていることも日常茶飯事です。写真を複数枚提示させても、写真詐欺を完全に防ぐことは出来ません。

 

以上から、パパ(p)のとるべき基本スタンスは「写真は信じない」というものです。

ですので、男性側(パパ側)にとって、本当の顔が分かる「顔合わせ」というのは生命線なのです。

 

顔合わせ1は詐欺のキーワード!茶飯乞食対策をすべし

この記事は男性向けですが、一瞬だけ女性の気持ちになってみましょう。

 

女性の顔はパパ活の商品そのものですが、それでも「顔という究極の個人情報」の公開は女性からすると怖いです。

例えば、パパ活アプリであるラブアンの有料会員(ゴールド会員)には月4,000円~5,000円程度で誰でもなれますので、そこまでフィルタリングされていません。

 

つまり、異常者やストーカー、知り合いが混じっている可能性もあるのです。

一見、普通の人であっても、会ってからトラブルになり、ネットに晒されるケースもあります。(リベンジポルノを含む)

 

ですので、女性が写真に加工をするのはある意味で自然です。

とはいえ、これを「自然だ」などと許してはおけない事情が、パパ活にはあるのです。それが「顔合わせのお手当」です。

 

齋藤編集長
顔を合わせる(お茶が多い)だけで、お手当(実質的な料金)がとられるのじゃ。

 

本来、ビジネスが始まる前の「お互いの」見極めなので男性だけが料金を払ういわれはないのですが、顔合わせ料金を要求してくる女性は多いです。

特に「顔合わせ1(顔合わせだけで1万円)」といって顔合わせだけで稼ごうとする女性は多く、「顔合わせ1乞食」「初回乞食」「茶飯乞食」などと呼ばれて忌み嫌われています。

 

オオカミ君
ぶっちゃけ、確信犯的に初心者パパを食い物にしているだけだぜ。
「顔合わせ1」の初回乞食は、顔合わせをした後は(文句を言われないように)即ブロックしてくるのが特徴じゃな。
齋藤編集長

 

パパ活の顔合わせの相場の真実【0円~5,000円】

本記事の結論とも言えますが、パパ活の顔合わせ相場の真実を記載しておきます。

これは、2024年時点での相場です。

 

まず知っておいていただきたいことは、数あるパパ活ブログでも、言っていることが違うということです。

典型的には、男性の運営するパパ活ブログと、女性の運営するパパ活ブログで「相場」と主張する金額が違います

  • 男性の運営するパパ活ブログ:顔合わせ相場は0円~5,000円と記載
  • 女性の運営するパパ活ブログ:顔合わせ相場は5,000円~10,000円と記載

 

実際にお金を払うのは男性ですから、基本的には男性の言い分が通ります

また、合理的・客観的に考えると、男性から見て「0円でOKの子」「3,000円の子」「5,000円の子」「10,000円の子」がいれば、どれが当たりか分からないので安い方から会います。

 

齋藤編集長
そして、実際には「10,000円の子」の当たり率は低いのじゃ。
高い上に外れるって、踏んだり蹴ったりだな。
オオカミ君

 

一昔前には「顔合わせ1万」はわりと通用していました。また、さらにその前は「顔合わせは交通費が基本」という時代もありました。

2024年現在では、「顔合わせで1万円(顔合わせ1)はハズレ」「そもそも顔合わせで手当てを要求する根性がハズレ」だと主張するパパ活ブログが増えたのもあり、以下の通りの相場になっています。

  • 実際の顔合わせ相場(2024年現在):0円~5,000円

 

パパ活で顔合わせ詐欺に遭わないための対策4つ

パパ活の顔合わせの相場を知っておき、「顔合わせ1詐欺」にひっかからないことも重要です。

とはいえ、相場を知っておく以外にも、重要なことはあります。パパ活で顔合わせ詐欺に遭わないための対策は、以下の4つです。

  1. 詐欺プロフィールの特徴を知っておく
  2. 顔合わせ1を提示したPJは瞬時に切る
  3. 顔合わせで別人だったらすぐに帰る覚悟を持つ
  4. 地雷の少ないパパ活アプリを使う

 

オオカミ君
それぞれ、解説していくぜ。

 

詐欺プロフィールの特徴を知っておく

顔合わせは、以下のプロセスの「後」に発生するプロセスです。

  • 相手のプロフィールを見る
  • お互いにいいねしてマッチングする(※アプリによる)
  • メッセージ交換、アポ取りをする

 

つまり、プロフィールやメッセージの段階で地雷を見抜いておくことで、地雷pj(パパ活女子)と顔合わせしてしまうことは避けられます。

その方法は、以下の通りです。

  1. 美人過ぎる【SNOWのAIアバターを見ておく】
  2. いいねが多すぎる
  3. 場所や時間を指定してくる
  4. 短文である
  5. レスポンスが遅い

 

特に、SNOWのAIアバターを使っている人は多いので、見ておいた方がいいです。

筆者に実際に送られてきた詐欺写メを一つ晒すと、これ(↓)です。

パパ活 詐欺写メ 例

 

また、いいねが多すぎる場合、手当たり次第に「いいね」して「いいね返し」をしてもらっている(=マッチングしまくっている)可能性が高いです。

そして、100も200もマッチングしているのに相手が見つかっていないということは(お察し)ということです。

 

オオカミ君
つまり、ぶっちゃけ「ブス」「地雷」率が99%ってことだぞ。

 

顔合わせ1を提示したPJは瞬時に切る

顔合わせ1を提示するpjには、以下の3種類がいます。

  • Twitter(現・X)でのパパ活女子が主張する「間違った相場」を信じてしまった情弱
  • 顔合わせ1で顔合わせだけを繰り返す確信犯(=顔合わせ1詐欺)
  • 相場「0円~10,000円」「5,000円~10,000円」を信じ、なおかつ自分には顔合わせ1の価値があると信じている自信家

 

いずれのケースであるにせよ、「顔合わせ1は相場じゃないんだよ」と相手を説得するのは、ほぼ不可能です。

そんなことをしても「貧乏人はパパ活すんなゴミwww」などと捨て台詞を吐かれるのが関の山です。

 

オオカミ君
こういう捨て台詞を吐くパパ活女子、ホントにいるからな。そして、たいていは捨て台詞を吐いてすぐに退会するからな。笑
上記のSNOWの写真のパパ活女子も、そうなのじゃ。
齋藤編集長

 

顔合わせで別人だったらすぐに帰る覚悟を持つ

写真詐欺のパパ活女子だと判明したときの対応は、慣れたパパでも見解が分かれます。

ただし、おすすめは「手当も渡さず、すぐに帰る」です。

 

お手当の約束をした場合であっても、写真と(ほぼ)同じ人に会える場合の約束のはずです。

筆者は魚が苦手なのですが、ステーキ丼を頼んだのにマグロ丼が来たら、「それ頼んでないです」と言って取り換えてもらいますよね?

 

取り替えられないケースであれば、「マグロ丼しかないなら帰るよ。オレはステーキ丼を食べに来たんだ」は最も自然な行動です。

 

齋藤編集長
もちろん、顔写真を見ずに出会った場合(=相手に落ち度がない場合)は、約束を守る必要があるじゃろう。
相手が嘘をついていた場合に限って、帰っていいってことだな。
オオカミ君

 

法的にはどうなのかというと、お金を払う約束で大人(エッチ)までしてお金を払わなかった場合でも、高裁の判断は「詐欺」「詐欺ではない」で分かれている状況です。(最高裁の判例ナシ)

参考弁護士法人 泉総合法律事務所「パパ活でお金をもらって逃げた・金銭を払わずに逃げたらどうなる?」

 

大人ではない場合でも、サービスを受ける前に(=顔合わせしてすぐに)帰った場合には、男性側が詐欺に問われることは考えづらいです。

逆に「食事したらお金を払う」と言っておいて、食事デート後にお金を払わず逃げた場合には詐欺利得罪(刑法246条2項)が成立する可能性がありますので注意が必要です。

 

齋藤編集長
現実問題、1万円程度のために訴訟を起こす女性がいるかどうかというと、ぶっちゃけほぼあり得ないんじゃがな。

 

地雷の少ないパパ活アプリを使う

地雷の少ないパパ活アプリを使う、というのも地味に有効です。

冒頭にも書きましたが、以下の3つのパパ活アプリ(パパ活サイト)は、それぞれ異なる理由で地雷が少なめです。

  • Pappy(パピー):2023年にできた新規のパパ活アプリなので、初回乞食の手口を知らない初心者pjが多い
  • シュガーダディ:パパ活サイトの老舗なので、顔写真詐欺に厳しい(修正しすぎていると審査に通らない)
  • ラブアン(Love&):動画プロフィールがあるため、修正が難しい

 

オオカミ君
それぞれのパパ活サイト(パパ活アプリ)の特徴について、簡単に解説しておくぜ。

 

Pappy(パピー)は出会い系大手のイククルが運営するパパ活サイト・アプリです。

新しいパパ活アプリであり、とにかく新規登録者(≒アクティブユーザー)が多く出会いやすいため、当メディアのイチオシです。

登録無料!カンタン2分

今すぐPappyをお試しする

※アクティブユーザーが多く出会いやすい!大手イククルの運営で安心

 

シュガーダディはパパ活サイト・アプリの最大手です。

会員数が多く、使い勝手も良く、トラブル時の対応も早いです。大手の安心感があるため、パパ活初心者が最初に使うアプリとしては最適です。

登録無料!カンタン2分

今すぐシュガーダディをお試しする

※パパ活サイト・アプリの最大手!会員数が多く、パパ活初心者に最適

 

ラブアン動画プロフィールを採用しているため、男性からすると騙されにくいです。

いわゆる「詐欺写メ」「加工写真」「奇跡の一枚」「パネマジ」を防ぎやすいため、特に男性にはおすすめです。

登録無料!カンタン2分

今すぐラブアンをお試しする

※動画プロフで「会ってみたら違った」という可能性が低いパパ活サイト

 

まとめ:パパ活の顔合わせの相場は下がってきている

パパ活の顔合わせの相場は、年々下がってきています。

その理由はシンプルで、顔合わせだけで稼ぐ「顔合わせ荒らし」が認知されたからです。

 

経験上も「顔合わせ1」のパパ活女子には会うだけ無駄なので、おすすめしません。

  • この記事を書いた人
「週刊現実」編集長

「週刊現実」編集長

出会い系専門メディア「週刊現実」の編集長。出会い系のプロ(専門家)として、経験に基づき記事を執筆。出会い系歴は15年以上、2024年までに出会った女性は500人以上。本名は齋藤さん。プロのおすすめする出会い系サイト・アプリはこちら

-男性(p)向けパパ活攻略

© 2024 週刊現実