出会い系コラム

40代、50代でも「男を捨てない」ためのたった3つの方法

男 捨てない 方法

当サイト「週刊現実」は、私が15年以上をかけて取り組んできた「出会い系」についての攻略情報やおすすめを主に載せているサイトです。

ただし、今回は少し広げて、「男を捨てない」ことに関するお話をしていきたいと思います。

こんな方におすすめ

  • 最近、出会いが少ないとお嘆きの40代・50代の方
  • 最近、精力(つまりち〇この勃起)に不安がある方
  • まだまだ男を捨てたくない方

 

当記事の結論から申し上げますと、「"男を捨てない"ためには、①出会いの機会と②精力、③見た目の維持が肝心。その方法である出会い系、精力剤、体重管理についてそれぞれ解説する」となります。

出会い系歴15年以上、出会い系攻略の専門家として詳しく解説していきます。

 

週刊現実は「男を捨てない」ブログ

当サイト「週刊現実」は、いわゆる出会い系攻略サイトです。

参考【2022年最新】おすすめ出会い系の目的別比較ランキング【15年の集大成】

 

ただ、実は出会い系攻略やおすすめ出会い系の記事だけで出来ているわけではなく、他の情報もあります。

そう考えていくと、当サイトの一貫したテーマと言うのは「男が、男であることを捨てない」ことにあると言えます。

 

齋藤編集長
ここで言う「男」というのは、女性との交尾を求める動物的な一面を指しているのじゃ。

 

要は、「性欲を捨てない」「異性との接触を求め続ける」ことだとも言えます。

 

「男性は男でなくなることがない」はウソ。男を捨てない3つの方法。

女性ががんなどによる「子宮摘出」や「乳房切除」をした際、「女でなくなった」という表現を使うことがあります。

(賛否両論ある表現だと思いますが、実際によく見かける表現です)

 

しかし、男性にとって「睾丸摘出」はありますが両方いっぺんに無くなることは少ないですし、ペニス切除などもあまり聞きません。

(悪性腫瘍(がん)が出来ることはあるようですが、乳がんや子宮頸がんよりは珍しいです)

 

齋藤編集長
なので一見、男性は「男でなくなる」ことがないようにも見えるのじゃ。

 

しかし、それはウソです。

女性の性欲は30歳をピークにしており、その後もなだらかに継続します。

 

しかし、男性の性欲のピークは18歳とも言われており、女性のピークである30歳のころにはかなり減退しているのが普通です。

(私自身の例を考えてみても、18歳の時の回数や勃起度合いは再現できそうにありません)

 

「ED(勃起不全)」になるのも男性です。

セックスレスも、女性側と言うよりは男性側が求めなくなった、もしくは拒否して始まるケースが多いようです。

 

齋藤編集長
つまり、天性の強い性欲や精力の持ち主でない限り、オトコを捨てない、というのはある程度の努力が必要なのじゃ。

 

私は「精力は弱いが、性欲は強い」人間であり、実際、出会いのために会社を辞めています。

このブログは、そんな私が自分で体験したことをもとに、「男を捨てないための努力の仕方」をご紹介しているブログになります。

 

その努力の仕方は、大きく3つほどあります。ここから順番にご紹介していきますが、以下の3点になります。

  1. 出会いを捨てない
  2. 精力を保持し続ける
  3. 見た目も大事

 

男を捨てないために出会いを捨てない!

男を捨てないための1つ目。

聞かなくてもお分かりかもしれませんが、これは当サイト「週刊現実」のメインテーマである「出会い系」です。

 

40代・50代では出会いが減って男を捨てがち

40代、50代になってくると、出会いが減ります

会社にもよりますが、20代、30代前半くらいまでの会社員だと結構出会いがあるかと思います。

 

職場でも、独身の20代・30代であれば「恋人としてあり得る人」扱いかもしれませんし、合コンなどの誘いもあるでしょう。

キャラにもよりますが、「出会いが全くない」ということは少ないと思います。

 

オオカミ君
会社の同期や先輩、後輩と結婚したって話を聞くのも、このくらいの年齢だよな。

 

しかしながら、30代も後半になってくると違います。同じくらいの女性、特に可愛かったり優しかったりする人は、ことごとく既婚者に

合コンへの誘いも減ってきます。というか、同期で合コンなどをやっている人はほぼ絶滅してきます。

 

ですので、必然的に「出会いを捨てる」ことになります。

 

結婚しても「出会いがなくてOK」というわけではない

これは、結婚すれば逃れられるかと言えば、そうとも限りません。

出会いを捨てて後悔する可能性があるのは、独身者だけではないのです。

 

既婚者も、新たな出会いがなくなり、「妻や子供のために働いているだけの毎日」になりがちです。

余程奥さんに満足してでもいない限り、浮気や不倫をしたくなるのも当然だと(個人的には)思います。

 

というわけで、男を捨てないための最も重要な事項は「出会いを捨てない」ことです。

言い換えれば、出会いをつくるように努力するということです。

 

出会いがないなら出会い系がおすすめ。ただし注意点あり

出会いを作るための方法である「出会い系」「マッチングアプリ(婚活・恋活アプリ)」「婚活サイト」には一長一短あります。

ただし、個人的には(以下の理由から)出会い系の方がおすすめです。

  • イケメンじゃなくても不利になりにくい
  • 利用頻度によって使用金額を選べる
  • アプローチに「月間何回まで」のような制限がない
  • 身バレ(出会い系を使っているのが知り合いにバレること)しにくい
  • 既婚者でも(=不倫や浮気でも)使える

 

ただし、出会い系が完ぺきな出会いツールなのかと言えば、残念ながらそんなことは全くありません。

出会い系では、主に以下の点に気を付ける必要があります。

  • サクラだらけの詐欺サイトを避ける
  • 優良出会い系であっても「援デリ業者」などがいるので、それも避ける
  • キャッシュバッカーと呼ばれる「短文メールで稼ぐ」女性に気を付ける
  • 相手は普通の女性なので、自分の魅力も磨いて彼女化やセフレ化につなげる

 

出会い系なら「簡単に会える」「すぐヤレる」などの宣伝文句が多いですが、それはウソです。

この点については、当ブログでは口が酸っぱくなるほど言っています。

参考プロが教える!出会い系攻略の全知識

 

そもそも当サイトは「出会い系攻略メディア」ですので、当記事の最後におすすめ出会い系の話もしたいと思います。

 

減退する精力(性欲)を食い止める!

出会い系やマッチングアプリを駆使して、「出会い」については何とかなったとしましょう。

次にネックになり得るのが、「精力や性欲の減退」です。

 

アラサーで中折れ。精力剤が効果あり

これは、40代、50代の男性にとって一番恐ろしい問題かもしれません。

精力や性欲が減ってしまうと、そもそも「出会う気にもならない」「可愛い女性をどうにかしたいと思えない」となるからです。

 

齋藤編集長
これこそが、真に「男性として終わった状態」と言えるかもしれないのじゃ。
これは、怖いな・・・。
オオカミ君

 

これを食い止める手段は、運動をきちんとするとか、食事にきをつかうだとか、色々言われています。

納豆がいいとか、たまにテレビでもやっていますよね。

 

そういったことに気を遣ってこなかったからか、私自身、アラサーのときに「中折れ」という悲劇に見舞われたことがあります。

解決しようと食事に気を付けたり、運動したりしましたが、回復せず。

 

個人的には、この対処法として効果があったのは、たった一つ。それが、「精力剤」です。

 

それまで精力剤といえば、「週刊誌や月刊誌(成人向け)の裏表紙に載っている怪しすぎるヤツ」程度の認識しかありませんでした。

私自身、詐欺出会い系に騙されまくった経験から、「ダマシ」には異様に敏感ですので、ぶっちゃけ全く信じていませんでした。まさに「ものは試し」という心境だったと記憶しています。

 

しかし、アラサーでバイアグラやシアリス、レビトラを泌尿器科で処方してもらうのもアレですし、それだと根本治療になりません。

ちょうど「残業をしまくっていた」時期でもあり、お金だけは結構あったので、精力剤を片っ端から試してみたんです。

 

その結果、ほとんどのものは「効果なし」だったのですが、いくつか効果を示したものがありました。

それが、以下のサプリです。個人的に「中折れ防止」「勃起力向上」に効果があったため、今も飲んでいます。

貴方の「現役生活」を全力サポート!

 

精力剤は増大サプリではない。増大効果は少しだけ

ただし、精力剤で性欲や精力を向上させる際には、注意点があります。

 

まず、いわゆる「増大サプリ」だと思ってはいけません。

少なくとも私のカラダでは、「ペニス増大効果」はあまりなかったです。

 

齋藤編集長
よく、怪しい雑誌とかで「精力剤で7.5cm⇒13.6cm!」とかってやっているのを見たことがあるかの?
あるぞ!
オオカミ君
齋藤編集長
こういった、いわゆる「増大」効果は、ワシにはほぼ出なかったのじゃ。

 

私の実測で言えば、「(ビフォー)13.5cm ⇒ (アフター)13.6cm、調子のいいときは13.7cm」という感じでした。

はっきり言って、勃起力が上がって海綿体に血流が行きやすくなっただけのことで、チンコが大きくなったとは言えないと思います。

 

ですので、あくまで私の場合ですが、「チンコが元気」にはなりましたが、「チンコが大きく」はあまりなってません

その点、正直に注意しておきますので、参考にしてください。

 

さらに、自分でも相当口コミや体験談を見ましたが、アンチとかでなく「効果がなかった」パターンも見かけます。

「適合するかどうか」があると思うので、最初からあまり買いこまない方がいいかもしれません。

 

とはいえ、私に効果があったのは事実です。

15年以上も出会い系をやっていると、結構ホテルに持ち込める率も上がって来ますので、その際に「釣った魚が食べられない」状況にならなくなりました。

貴方の「現役生活」を全力サポート!

 

衰える見た目を放置しない!

見た目と言うのは、モテるかどうかに重要です。

これに同意しない人は少ないと思いますが、この「見た目」に大きくかかわるのが、年齢です。

 

最も極端なことをいえば、「70歳の老人」と「20歳の美女」が付き合っていたら、お金目当て、遺産目当てにしか見えませんよね。

しかしながら、仮に「70歳の老人」の見た目が30代なら、あまり違和感なく受け入れられると思います。

 

齋藤編集長
これは極端すぎる例じゃが、見た目が衰えているかいないかは非常に重要なのじゃ。

 

見た目を大きく左右するのは体型

もう一つ例を出しましょう。

良く「白人の女性は10代のころは美女だけど、劣化しやすい」と言われます。

白人 加齢 劣化

 

これは、同じ白人女性の18歳と21歳の写真です。確かに、たった3年で、ずいぶん老け込むものだと思いますよね。

よく言われる通り「劣化」しているようにも見えます。(顔の造形は、やはり美人だと思いますが)

 

しかしながら、これは「年齢」というより「体型」の変化が大きいです。

 

日本人や韓国人、中国人などの「アジア人」は老け込みにくいと言われます。

これは、実は「体系が変わりにくい」ことも大きいのです。

 

デブになると「劣化した」ように見えるのは白人女性だけではありません。

日本人男性だって、若々しい人は体型を保ちますが、気にしなくなった人は一気にデブ&オジサン化します。

 

齋藤編集長
というわけで、アンチエイジングをしろとまでは言わないが、容姿の劣化を避けるために「太らない」ことは重要なのじゃ。

 

体型を管理すれば、おじさんが若い子とエッチするのは普通に可能

衰える見た目を放置しない。

そのために、運動する、食事に気をつかうことが重要です。

 

女性は本質的に「年上男性への許容度」は高いので、見た目があまり衰えていない男性なら若い女性とセックスするのは普通に可能です。

 

私は「出会い系でつながった縁」がいくつかありますが、50代で40前半の見た目を保ち、30代の人妻をセフレにしまくっている男性を知っています。

(あ、ちなみにバイアグラ利用者です…そんな人でも、50代になると精力はだいぶ衰えると言っていました)

 

齋藤編集長
お腹も出ておらず、メタボの「メ」の字も見当たらない、見事に体型管理に成功している方じゃ。

 

体型だけが重要なわけではありませんが、やはり差が付きやすく、改善しにくいのは体型です。

ここを管理できているかどうかで、「40代にして男を捨てるのか、現役続行するのか」が決まるといっても過言ではないでしょう。

 

40代、50代でも「男を捨てない」ための方法まとめ

というわけで、「男を捨てない」ための3つの方法について解説してきました。

それが以下の3つですが、個人的には1番と3番は全員必須、2番は必要な方のみ、という感じです。

  1. 出会い系を使う
  2. 精力剤を使う
  3. 運動や食事で体型を保つ

 

特に、30代後半以降も「出会いの機会を継続的に得る」ことが出来る人は少ないかと思います。

出会い系で出会いを仕入れると、やはり「精力が必要」になってきますし、「若い子にモテたい」欲も出て来るので自然と食事や運動に気を遣うようになってきます。

 

ですので、まずは優良出会い系「ハッピーメール」もしくは「ワクワクメール」あたりで出会いを探すのがおすすめです。

マッチングアプリと異なり、最初は無料でお試しが出来るのもおすすめポイントです。

ハッピーメールの公式サイト → https://happymail.co.jp

登録無料!カンタン2分

無料でハッピーメールをお試しする

※最も業者が少なく安全!日本最大の出会い系

 

ワクワクメールの公式サイト → http://550909.com

登録無料!カンタン2分

無料でワクワクメールをお試しする

※出会い系業界の2強!真面目にもエッチにも強い

  • この記事を書いた人

「週刊現実」編集長

週刊現実の編集長。15年以上をかけて、2022年までに出会い系で300人以上の女性と出会う。出会い系に関する知識・テクニックは日本有数のプロ(専門家)だと自負しており、出会い系人生の全てを込めて「日本一の彼女・セフレ作りWebマガジン」である週刊現実を発刊。

-出会い系コラム

© 2022 週刊現実