女性のための出会い系攻略

年上彼氏との出会いは出会い系にあり【女性の67.7%が年上好き】

年上彼氏 出会い
齋藤編集長
最初に言っておくが、この記事は女性向け。男性が読んだら、イラっとするかもしれないのじゃ。
そんなこと言われると、逆に、気になっちゃうけどな。
オオカミ君

 

出会い系で何百人単位で女性ユーザーと出会い、男性ユーザーの愚痴を聞きまくってきた結果、思ったこと。

それはやはり、男性は(同じ年齢の場合には)女性よりも精神年齢が低いということです。

 

もちろん、精神年齢が実年齢より高い男性もいれば、低い女性もいます。

しかし、統計的にというか、男性の大多数はどうなのかという話で言えば、多くの女性が感じていることだと思います。

 

今回は「年上彼氏との出会いは出会い系にあり【女性の67.7%が年上好き】」というテーマで解説します。

こんな方におすすめ

  • 同年代と付き合ってきた(付き合っている)が、イマイチ頼りがいが足りない気がしている
  • 年上彼氏が欲しいが、出会いがない
  • 年上男性と出会いたいが、上司との職場不倫にはリスクもあり、興味がない

女性の67.7%は年上彼氏好き。年下男性が好きな女性は3.9%だけ

女性の方が、男性より精神年齢が高いため、どうしても女性は年上好きになります

(肉体的に)若い子の方がいい、ということで男性も年下好きになりやすいので、ちょうどよいとも言えます。

 

オオカミ君
お互いの志向が女性の年上好き、男性の年下好きを助長しているってことだな。

 

子供のような男性を支えてあげたい、というタイプの女性もいますが、それはだめんずウォーカーになりがち。

一時期は年下彼氏にハマったとしても、どこかで考え直した経験を持つ女性も多いです。

 

以上のことから、どうしても女性は年上の男性とお付き合いを望むことが多く、それは結婚の希望実態に表れています

 

国立社会保障・人口問題研究所によれば、年下男性との結婚を望んでいる女性はなんと3.9%だけしかいません。

参考国立社会保障・人口問題研究所「第Ⅰ部 独身者調査の結果概要:3.希望の結婚像」

 

オオカミ君
恐るべき低さだな。笑

 

一方、同い年との結婚を望む人は28.4%

ということは・・・そう、年上との結婚を望む人は、なんと67.7%にものぼります。

 

3人のうち2人は年上の彼氏を望み、1人が同い年の彼氏を望む。年下の彼氏と付き合いたいという女性は、いないも同然というレベルの、ごくわずか。

これが女性の(結婚における)年下・年上の考え方の実態です。

 

年上男性との出会いは少ない。職場の出会いはリスクがあり、最悪は不倫に

とはいえ、女性がみな年上の男性と出会えるかと言えば、そんなこともありません

大学時代はサークルなどで年上との交流もあるかもしれませんが、自分から動かなければ年上男性との出会いは少ないです。

 

ただし、社会人になると、状況は少し違います。

日本社会の人口ピラミッドの問題(バブル世代あたりが一番多い)で、職場は年上男性ばかり、という女性も少なくないはず。

 

しかし、だからといって「年上男性との出会いが多い」とはいえません。

そもそも、職場での出会いにはリスクがあります。いい加減に付き合おうものなら職場にいづらくなるので、お互いに歩み寄りにくいです。

 

オオカミ君
今は、セクハラとかも厳しいからな。

 

さらに、イケてる年上男性と言うのはみんな結婚しています。

つまり、長らく結婚していない年上男性には、それだけの理由がある場合が多いのです。

 

職場のイケてる年上男性に惹かれてしまい、不倫の沼に入り込んでしまう女性も多いです。

運よく「独身で」「魅力的な」年上男性がいたとしても、相手の好みに自分が入っているかと言えば、それも確率が低いです。

 

齋藤編集長
今は、若手同士の職場結婚さえも減ってきているくらいじゃからな。
それくらい、職場での出会いは難しいってことだな。
オオカミ君

 

年上彼氏と最も効率的に出会えるツールが出会い系である理由3つ

当サイト「週刊現実」は、出会い系専門メディア。

ですから「最後は出会い系にくるんだろうな~」と思わせておいて、実際、想像通りで申し訳ありません。

 

しかしながら、事実として出会い系では最も効率的に年上男性と出会えます。その理由は、以下の3つです。

  1. マッチングアプリと違い、出会い系は幅広い世代が登録しているから
  2. 出会い系では年齢・年代での検索が簡単だから
  3. 意外と真面目な出会いを求めている年上男性も多いから

 

齋藤編集長
出会い系では年上彼氏候補との出会いが多いということだけは、出会い系をライフワークにしているものとして断言出来るのじゃ。

 

マッチングアプリと違い、出会い系は幅広い世代が登録しているから

マッチングアプリでは、登録者の8割が10代、20代で構成されています。

若者同士の同世代の出会いには最適なのですが、やや年の離れた出会いを望んでいる場合には、全く向いていません。

 

一方で、出会い系では以下の通り、幅広い年代が会員登録しています。(以下は、老舗の月額定額制出会い系、ラブサーチのデータ)

ラブサーチ 年齢層

 

年上男性と出会うための大前提となる「年上男性が多い」という点で、出会い系には非常に大きなアドバンテージがあります。

 

年上男性と付き合いたいといっても、年上なら誰でもOKという人はいないでしょう。

多くの(数十万人、数百万人単位の)年上男性から、自分に合った最高の人を選べるという意味で、出会い系は最適なのです。

 

出会い系では年齢・年代での検索が簡単だから

出会い系では、好みの相手の情報を入力して検索が出来ます。

これは出会い系内ではプロフィール検索(プロフ検索)と呼ばれているのですが、入力できる情報(=検索条件)の中には当然「年齢」もあります。

 

齋藤編集長
年齢は1歳単位で入力することができるのじゃ。
年齢を条件にした出会いで、出会い系を使わない手はないってことだな。
オオカミ君

 

意外と真面目な出会いを求めている年上男性も多いから

出会い系だと「真面目な出会いを求めている人が少ないのではないか?」という懸念を持っている人もいるでしょう。

結論から言えば、もちろんエッチ目的の人もいるのですが、真面目に出会いを探している人も多数います

 

真面目な出会いだけを探している場合には、「H目的お断り」という項目にチェックを入れている男性を検索すればOKです。

注意したいのは、サイトによっては「H目的お断り」と、例えば「セックスフレンド」のようなアダルト項目が併存可能(両方にチェックを入れられる)こと。

 

オオカミ君
真面目な目的「だけ」にチェックを入れている人なのかどうかは、見ておこうな。

 

プロフィール・メッセージを手掛かりに最高の年上彼氏を探そう

「H目的お断り」にチェックが入っている人を検索すべしと言いました。しかしながら、これでもまだ不完全です。

「H目的お断り」で本当はエッチ目的の人や、「H目的お断り」にチェックを入れ忘れた真面目な目的の人もいるからです。

 

なので、結局はプロフィール検索で色々な条件で検索してみて、気になった人のプロフィール文章を読んで、メールしてみるのが一番の近道です。

 

齋藤編集長
これ以外に、相手をより深く知る方法はないのじゃ。
出会い系だと、女性はプロフィール閲覧もメッセージ送受信も完全無料だから、ある程度やりやすいよな。
オオカミ君

 

きちんとプロフィール文章が書いてあれば、人柄を判断する上で一定の目安になります。

経験上、男女ともにプロフィールをきちんと書いていない人は大体ダメな人(真面目な付き合いには向かない人)である率が高いです。

 

あとは、メッセージのやり取りで判断です。女性はメール(メッセージ)が無料ですから、このくらいの手間はかけて判断した方がいいです。

出会い系で危険な人に出会うことは少ないですが、絶対にゼロとは言えません。

参考危険!出会い系で女性会員が気を付けるべきこと

 

まとめ

今回は「出会い系で年上彼氏を手に入れる」というテーマでお話してきました。

年上彼氏を手に入れるのであれば、出会い系一択です。

 

サクラのいない優良出会い系であれば、どれを使っても年上彼氏と出会うことはできます。

ただし、よりベターな選択肢は存在しており、女性の場合にはハッピーメールJメールです。

 

ハッピーメールは「会員数が多く、業者が少なく、出会いやすい」出会い系。

累計会員数3,000万、日本最大の出会い系サイト(出会い系アプリ)なので、ネット通販でAmazonをおすすめするレベルの「王道のおすすめ」です。

ハッピーメールの公式サイト → https://happymail.co.jp

登録無料!カンタン2分

無料でハッピーメールをお試しする

※最も業者が少なく安全!日本最大の出会い系

 

Jメールは「稼ぎながら出会える」という特殊性から、特に女性におすすめです。

稼ぎながら出会えるといっても怪しい理由ではなく、キャッシュバックプログラムにより、男性に返信するとポイントがたまり、それが換金可能なのです。

ミントC!Jメールの公式サイト → https://mintj.com

登録無料!カンタン2分

無料でミントC!Jメールをお試しする

※女性が稼ぎながらきちんと会える出会い系

  • この記事を書いた人
「週刊現実」編集長

「週刊現実」編集長

出会い系専門メディア「週刊現実」の編集長。出会い系のプロ(専門家)として、経験に基づき記事を執筆。出会い系歴は15年以上、2024年までに出会った女性は500人以上。本名は齋藤さん。プロのおすすめする出会い系サイト・アプリはこちら

-女性のための出会い系攻略

© 2024 週刊現実