出会い系コラム

社内恋愛は危険!社内恋愛と比較した出会い系のメリットとは?

社内恋愛 リスク

私も今のような「出会いだけを求める世捨て人」になる前は、会社員として一般的な生活をしておりました。

「会社に可愛い子がいる」という状態であったこともありますし、実は社内恋愛の経験もあります。

 

オオカミ君
突然なにを言い出すんだよ?
出会いの手段として「社内恋愛」を選ぶにはリスクがある。そういった危険を避け、正しい道に引き戻すための記事じゃ。
齋藤編集長
オオカミ君
世間一般的には、社内恋愛より出会い系の方が邪道な気がするけどな。

 

こんな方におすすめ

  • 最近、社内に気になる女性がいる方
  • 社内恋愛のリスク(失敗したら気まずいなど)が気になる方
  • 社内だけではなく、出会いをもっと広げたいと思っている方

 

当記事の結論から申し上げますと、「社内恋愛はリスクだらけ。社内恋愛と並行して日常の外での出会いを探すのがおすすめ。プロとしてその方法を解説する」となります。

出会い系歴15年以上、出会い系攻略の専門家として詳しく解説していきます。

 

「週刊現実」の筆者は誰なの?

出会い系攻略メディア「週刊現実」編集長 齋藤のプロフィール

  • 2000年代、出会い系勃興期に出会い系にハマる。
  • とはいえ、最初はサクラ(美女のふりをしてメールをするアルバイト)だらけの詐欺サイトに騙されに騙され、サクラに「数万円」つぎ込んでからのスタート。
  • やっとの思いで「ワクワクメール」にたどり着き、ハッピーメール、PCMAX、ラブサーチ、マッチドットコムなどの複数サイトを用いて出会い活動を続ける。

以後、15年以上をかけて、2022年までに出会い系で300人以上の女性と出会う。

出会い系に関する知識・テクニック(だけ)は日本有数の「プロ(専門家)」だと自負しており、出会い系人生の全てを込めて「日本一の彼女・セフレ作りWebマガジン」である週刊現実を発刊。

 

出会い系マニアにも会社員時代はあった

プロフィールにもあるとおり、私は生粋の出会い系マニアです。

 

完全なるぼっち気質であったところ、出会い系との出会いによってようやく「現代人として最低限度の人間関係」を保っているような人間です。

(知り合いのほとんどは女性です。なぜなら出会い系のみで人脈を広げているからです)

参考ほぼ出会い系でしか彼女を作ったことがない男が語るメリットとデメリット

 

趣味が高じてと言うか、ライフワークがライフそのものになってしまったというか、何年か前から「仕事をやめて出会いを探す」ようになりました。

今回は私がまだまともな社会人だった頃、すなわち会社にいた頃の話をしたいと思います。

 

社内恋愛のチャンス!?しかし

会社にいた頃、私はアラサー。そして今と変わらず独身です。

よって、ぼっち気質ではありますが(一応)女性の恋愛対象ではあります。

 

私自身は理系でなく文系であり、入った部署も文系職種(経理とか、法務とか、人事とか、広報とかそういうの)ですので、女性が多かったです。

 

そう考えると、「出会い」をライフワークにしている人間としては、いわゆる「社内恋愛」のチャンスなのではないか、と思いますよね。

しかし、個人的には社内恋愛には大きなリスクがあると思っています。

 

齋藤編集長
ここからは、実際にワシが見た「社内恋愛のリスク」を書いていくぞ。

 

社内恋愛のリスクとは

そもそも「就業規則で禁止」されていることもある、社内恋愛。

現代ではそういった禁じ方をしている企業は(特に大企業では)少ないと思いますが、それでも多大なリスクがあります。

 

ここではまず、社内恋愛のリスクについて解説しておきたいと思います。社内恋愛のリスクとは、大きく言えば二つです。

  1. 別れた時のダメージが大きい
  2. 二股は厳禁、真面目な交際をするしかない

 

別れたら気まずい!業務に支障が出る可能性も

社内恋愛のリスクで最大のものは、何と言っても「別れた時の気まずさ」ですね。

 

「気まずい」程度ならまだいいです。

社内恋愛をしまくった後、人間関係をそこらじゅうでめちゃくちゃにしてやめた人、大企業ならば一人や二人はいると思います。

 

齋藤編集長
社内恋愛に、ミスは許されないのじゃ。
確かになあ。
オオカミ君

 

遠い部署(業務に関わりのない部署)の女性との社内恋愛ならいいですが、そもそもそういう社内恋愛は少数派。

実際には同じ部署や隣の部署で起こることがほとんどだと思います。

 

そうなると、業務に支障が出ます。

実際、今の会社に長くいようと思うのであれば、社内恋愛はリスクでしかないのです。

 

社内恋愛では二股がかけられない

社内恋愛においては、通常、二股はかけられません。

このブログを見ている人ならある程度理解してくださるものと思いますが、男性と言うのは獣です。

 

齋藤編集長
特に若い間であれば、基本的に、たくさんの可愛い女性とセックスしたいという方が大半なのではないじゃろうか。
ぶっちゃけ、そうかもな。オレもセフレ欲しいし。
オオカミ君

参考出会い系のセフレ作りなら俺に任せろ!実際に成功した4つの方法

 

そして、セックスと言うのは「出来ないうちは一人ともできない」が、「できるようになると、途端に何人もの女性とできるようになる」ものです。

ですから、多くの「セックスに持ち込めるようになった男性」は二股をかけるのですが、社内恋愛ではこれは危険です。

 

前述の通り、そもそも社内恋愛は「バレたら気まずい」ものなのですが、二股がバレたらそういうレベルでは済みません。

最悪、トラブルメーカーとして会社に居場所がなくなることもあります。

 

恋愛で執着の分散は必須。だからこそ

ここまでで、社内恋愛にはリスクがあるということがお分かりいただけたと思います。

社内恋愛のリスクの多くが、「社内にいづらくなる」「出世の道を絶たれる」というたぐいのものですので、看過できません。

 

齋藤編集長
基本的に、「会社なんていつ辞めちまってもいいんだ」という方以外にとっては、社内恋愛は危険じゃ。
おすすめしないってことだな。
オオカミ君

 

それならどうすればいいのでしょうか?

社内恋愛では、完全に「この子だ」ということを狙い、落とせたら結婚、ということを目指せばいいのでしょうか?

 

結論から申し上げますと、それはそれでまったくおすすめ出来ないやり方です。

なぜなら、恋愛では「一人狙い」は非常にヘタなやり方だからです。

 

一人を狙っていると、その子を落とせなければその間は成果ナシとなりますので、まず効率が悪いです。

さらに、精神的にも辛いです。具体的に言えば、その子の行動に振り回されまくります。

 

オオカミ君
好きな子に振り回されまくったこと、あるぜ・・・。

 

しかも、相手の好みなども細かく知っているわけではないと思うので、「告白してみたらそもそも脈なしだった」ということも多いでしょう。

全ての努力が水泡に帰すことも珍しくありません。

 

そこで、恋愛では「分散」が重要。

分散することで、執着心を分散し、精神も安定させてチャンスを複数つくり出すことが出来ます。

 

齋藤編集長
ただし、社内で恋愛の分散(=みんなに手を出そうとすること)は当然ながら危険じゃ。
だからこそのネット出会いってわけだな。
オオカミ君

 

人脈や人間関係のないところに出会いを作り出す出会い系

恋愛の分散は大事。

でも、社内などの身近なところで複数の女性にアプローチするのは危険。

 

齋藤編集長
これがここまでで述べてきたことじゃ。

 

長くなりましたが、ようやく結論です。

ここまで述べたことを踏まえると、まったく人脈のないところに出会いを作り出す手段が必要になってきます。

 

もうお分かりだと思いますが、その最高の手段こそが、出会い系です。

これは、このブログで250回くらい言ってきたことなので、ここでまた繰り返そうとは思いません。

 

オオカミ君
たぶんオレは300回くらい聞いてるけどな!

 

出会い系を使い、まったく知らなかった女性と、知り合う。

その上で、5人くらいの「自分の好みの女性」を常に追い続け、そのうちのベストな子とお付き合いをする。

 

その時点で、一途に行きたいのであれば一途にお付き合い(または、結婚)をすればいいのです。

もっともっとモテたいのであれば、2人目の美女を狙ってもいいでしょう。

 

そもそも人間関係が豊富にあり、女性との出会いがそこら中に転がっている人はこんなことをする必要はありません。

しかし、普通の人間が「異性と出会いまくって付き合いまくる」には、これしかないと思っています。

 

基本的に、優良な出会い系であれば、どれを使っていただいても構いませんが、やはり優良サイト(アプリ)の中でも優劣はあります。

当サイトのおすすめ出会い系は、(おすすめの出会い系サイト・アプリを紹介した記事で申し上げている通り)一貫して「ハッピーメール」になります。

 

ハッピーメールの公式サイト → https://happymail.co.jp

登録無料!カンタン2分

無料でハッピーメールをお試しする

※最も業者が少なく安全!日本最大の出会い系

  • この記事を書いた人

「週刊現実」編集長

週刊現実の編集長。15年以上をかけて、2022年までに出会い系で300人以上の女性と出会う。出会い系に関する知識・テクニックは日本有数のプロ(専門家)だと自負しており、出会い系人生の全てを込めて「日本一の彼女・セフレ作りWebマガジン」である週刊現実を発刊。

-出会い系コラム

© 2022 週刊現実