出会い系で不倫をする

ネット不倫のやり方4選とおすすめをプロが解説

ネット 不倫

こんな方におすすめ

  • 不倫に興味があるが、特定の相手がいないので、ネットで探したい
  • リアルでの不倫はバレそうで怖いので、ネットでの不倫を楽しみたい
  • インターネット経由での不倫の方法を教えてほしい

 

不倫は楽しいですが、リスクもあります。

ですので、当メディア「週刊現実」では常に言っている通り、不倫はネットですべきです。

 

今回は、ネット出会い歴15年以上の経験から、ネット不倫のやり方やおすすめのサイト・アプリについて解説していきます。

 

「週刊現実」の編集長は誰なの?

  • 出会い系攻略の専門家。出会い系歴15年以上、出会った女性は500人以上。本名は齋藤さん
  • 特に「セフレや不倫相手の作り方」「サクラのいないおすすめ出会い系」「業者の見分け方」「パパ活」に詳しい
  • 「現実」「真実」「誠実」を理念とし、出会い系専門メディア「週刊現実」を立ち上げ

結論

まず、本記事の結論から記載します。

 

リアルな人間関係での不倫はバレやすく、バレた時のダメージも大きいので、不倫相手とはインターネット経由で知り合うこと(=ネット不倫)がおすすめです。

ネット不倫のやり方は、以下の4つあります。

  1. 不倫サイト・不倫アプリ・不倫SNS
  2. マッチングアプリ
  3. パパ活アプリ・パパ活サイト
  4. 出会い系

 

上記のうち、ネット不倫におすすめなのは出会い系です。

その理由はシンプルに「他の手段がおすすめ出来ないから」です。より具体的に言えば、以下の通りです。

  • 不倫サイトのほとんどが詐欺だから

  • マッチングアプリは不倫するためのものではないから

  • パパ活にはお金が必要だから

 

出会い系の中でも、不倫に強いのは、ミントC!Jメール(Jメール)PCMAXです。

 

ミントC!Jメール(Jメール)は、最も女性比率が高く、最も出会いやすい出会い系です。

エッチな出会いに特化しているため、セフレや不倫、割り切りなどのグレーな出会いであれば、間違いなく最強です。

ミントC!Jメールの公式サイト → https://mintj.com

登録無料!カンタン2分

無料でミントC!Jメールをお試しする

※出会い系業界の3強!女性比率No.1、エッチな出会いに特化

 

PCMAXは、男性料金が最安値の出会い系です。

ただ安いだけではなく、アクティブユーザーの多さとエッチな出会いやすさにも定評があるため、セフレや不倫相手探しであれば外せない出会い系です。

PCMAXの公式サイト → https://pcmax.jp

登録無料!カンタン2分

無料でPCMAXをお試しする

※男性料金が最安値!エッチな出会いに強い出会い系

 

本記事の結論は以上です。

ネット不倫やそのやり方について詳しく知りたい方は、続きもぜひお読みください。

 

前提:ネットで不倫をすべき理由

ネットで不倫をすべき理由は、シンプルです。

それは、リアルな人間関係の中で不倫をするとバレやすく、また、バレた時のダメージも甚大だからです。

 

不倫・浮気がバレる理由の1位はスマホですが、2位、3位は知人です。

浮気がバレた理由人数と割合
1位:スマホを見られた18人(約42%)
2位:一緒にいるところを目撃された9人(約21%)
3位:知人からばらされた5人(約12%)
4位:罪悪感で自分から言った4人(約9%)
5位:浮気調査をされてバレた3人(約7%)
その他4人(約9%)

出典:探偵BLUE「男女200人に聞いた!浮気がバレた理由ランキングTOP5」

 

リアルな人間関係の中で不倫をし、自分と不倫相手の共通の知人に見られた場合、言い訳の余地なく「一巻の終わり」ということもあります。

ネット出会いであれば、自分と不倫相手の共通の知人がいないため、こうはなりません。

 

また、リアルな人間関係の中で不倫をした場合、ダメージも大きいです。

  • 会社での不倫:会社にいられなくなるリスクがある
  • 自分や配偶者の友人との不倫:共通の友人関係から村八分になる可能性がある
  • 趣味等のコミュニティでの不倫:コミュニティから事実上の追放となる可能性がある

 

齋藤編集長
不倫は、リアルな人間関係の中でやってはいけないのじゃ。
すでに決まった相手がいるならともかく、今から不倫する場合は、ネット経由がおすすめだぞ。
オオカミ君

 

ネット不倫のやり方4選

ネット不倫のやり方は、実際にはあまりおすすめではないものを含めて、以下の4つあります。

  1. 不倫サイト・不倫アプリ・不倫SNS
  2. マッチングアプリ
  3. パパ活アプリ・パパ活サイト
  4. 出会い系

 

オオカミ君
それぞれ、解説していくぜ。

 

不倫サイト・不倫アプリ・不倫SNS

不倫サイト(不倫アプリ・不倫SNS)と呼ばれるジャンルがあります。

普通に考えると、この不倫サイトこそが、ネット不倫の最短距離に見えるかもしれません。

 

オオカミ君
既婚者専用アプリと言われることもあるな。

 

不倫サイト・不倫アプリ・不倫SNSの代表例は、以下の通りです。

  • アシュレイ・マディソン(世界最大の不倫SNS)
  • 既婚者クラブ(国内最大の既婚者アプリ)

 

不倫サイト・不倫アプリ・不倫SNSでネット不倫をすることのメリットは、以下の通りです。

  • 不倫目的の人しかおらず、効率的に出会える
  • 不倫目的の男女しかいないため、不倫相手からのリスクが少なめである

 

一方で、不倫サイト・不倫アプリ・不倫SNSでネット不倫をすることのデメリットは以下の通りです。

  • 不倫しかできないため「情報流出=不倫バレ」であり、リスクがある
  • サクラがいる・退会できないなどの詐欺アプリが多い(後述)
  • 運営会社の社歴が短いものが多く、信用性に欠ける

 

マッチングアプリ

2024年現在、「ネットでの出会い」といえばマッチングアプリを考える人が多いのではないでしょうか。

実際、不倫の出会いであっても、マッチングアプリを検討する方はいます。

 

マッチングアプリの代表例は、以下の通りです。

  • ペアーズ(Pairs)
  • omiai
  • タップル
  • ゼクシィ縁結び
  • ウィズ(with)

 

マッチングアプリでネット不倫をすることのメリットは、以下の通りです。

  • マッチングアプリユーザーの6割は20代であるため、比較的若い相手を探すことが出来る
  • ユーザー数が多いため、最大で1,000万人単位のユーザーの中から相手を探すことが出来る

 

マッチングアプリでネット不倫相手を探すことのデメリットは、以下の通りです。

  • 婚活や、婚活寄りの恋活を目的としたユーザーがほとんどであり、不倫が難しい
  • そもそも既婚者の登録が利用規約で禁止されている

 

パパ活アプリ・パパ活サイト

やや特殊ですが、パパ活アプリ(パパ活サイト)も、既婚者男性が女性を探す、という意味ではネット不倫の場だと言えます。

パパ活アプリ・パパ活サイトの代表例は、以下の通りです。

  • Pappy(パピー)
  • Love&(ラブアン)
  • Sugar Daddy(シュガーダディ)
  • PJ(ピージェイ)
  • Paters(ペイターズ)
  • Paddy(パディ)

 

パパ活アプリ・パパ活サイトでネット不倫をするメリットは、以下の通りです。

  • レベルの高い美女と不倫できる
  • お金を介した関係のため、こちらの見た目やトーク力などは問われづらい

 

逆に、パパ活アプリ・パパ活サイトでネット不倫をするデメリットは、以下の通りです。

  • パパ活アプリ・パパ活サイトに月額1万円程度のお金がかかる
  • 相手に渡すお金がかかる(相場:エッチ1回で3万円~5万円程度)
  • 相手はお金目当てであり、不倫と言えるかは微妙

 

出会い系

最後に、出会い系も不倫に使えます。

詳しくは次の項でお話しますが、実は日本においては不倫サイト=出会い系サイトと言えます。

 

出会い系の代表例は、以下の通りです。

編集長直伝!優良出会い系

 

出会い系を不倫に使うことのメリットは、以下の通りです。

  • プロフィール画像(顔写真)なしで会えるため、不倫バレしにくい
  • 2000年代から20年以上、日本におけるネット不倫の出会いを一手に担っており、安心
  • ユーザの属性が幅広いため、自分がどんな年代でも、どんな年代の相手を探すのにも使える
  • ユーザー数が多いため、最大で1,000万人単位のユーザーの中から相手を探すことが出来る

 

また、出会い系を不倫に使うことのデメリットは、以下の通りです。

  • どんな出会いにも使えるため、不倫以外の目的の人もいる
  • 業者やキャッシュバッカーなどの邪魔者の見分け方を知っておく必要がある

 

ネット不倫=出会い系であるワケ

本記事の結論でもあるのですが、ネット不倫は、出会い系でするのがおすすめです。

その理由は「出会い系のメリット(前述)が大きいから」でもありますが、さらにいえば「他のネット出会いが不倫に向いていないから」でもあります。

 

ネット不倫=出会い系であるワケをより具体的に言えば、以下の通りです。

  • 不倫サイトのほとんどが詐欺だから

  • マッチングアプリは不倫するためのものではないから

  • パパ活にはお金が必要だから

 

オオカミ君
ここは分かりやすいけど、簡単に補足していくぜ。

 

不倫サイトのほとんどが詐欺だから

当メディア「週刊現実」では何度も言っているのですが、世界最大の不倫サイト(不倫SNS)であったアシュレイ・マディソンは詐欺でした。

その顛末は、Wikipediaにも載っています。

不倫サイト「アシュレイ・マディソン」の登録者情報流出事件

サイトの閉鎖をもくろむハッカー集団「インパクトチーム(Impact Team)」に利用者の個人情報が盗まれ、同集団によって、ユーザー約3200万人の個人情報が「ダークウェブ(Dark Web)」と呼ばれる匿名化技術を利用したウェブサイト上に公開された。

なお、Gizmodoの調査で、女性会員のアカウントの多くは運営会社が作った偽物であることがわかった。

出典:Wikipedia「アシュレイ・マディソン」

 

オオカミ君
退会するのに、高額な料金を払う必要があるっていう罠仕様もあるんだよな。

 

アシュレイマディソンに限らず、不倫サイトや既婚者アプリの多くは詐欺です。

出会い系のベテランなら誰もが知っている業界の常識ですが、「奥様」「不倫」「セフレ」などが題名についているサイトのほぼ全てが、詐欺でした。

 

そもそも、不倫は法律違反(民法に違反する行為、つまり不法行為ではあるが、罰則規定はないため犯罪ではない)です。

法人として不倫アプリや既婚者アプリを運営している会社の信用度が高いのかと言えば、一般的にはそうは言えません。

 

マッチングアプリは不倫するためのものではないから

マッチングアプリの多くは、不倫サイトとは異なり詐欺ではなく、普通に出会えるものばかりです。

2012年以降、ペアーズを筆頭としたマッチングアプリは「ネット出会い」というもののイメージを変えた存在だとも言えます。

 

しかし、マッチングアプリの最大の欠点は、不倫には全く向かないことです。

マッチングアプリは、婚活やそれに近い恋活専門です。既婚者の登録自体NGですので、相手をだまして不倫関係に引きずり込むこととなります。

 

オオカミ君
人間としてどうなのか、っていうウソになるぞ。

 

相手にウソをついた関係になるためトラブルになりやすく、トラブルになった時のダメージも大きいです。

マッチングアプリ特有の顔バレなどもあり、リアルな関係に近い出会いとなるため、不倫にはおすすめできません

 

齋藤編集長
逆に、婚活ならおすすめなんじゃがな。

 

パパ活にはお金が必要だから

パパ活アプリは、既婚者男性が、美女と不倫するのに使えます。

「だったら不倫に向いているじゃないか」と思うかもしれませんが、それは人によります。

 

パパ活アプリのデメリットにも書きましたが、かなりのお金がかかることと、お金を介した関係であり愛はないことの2つが大きなデメリットです。

お金さえ出せば、セックスという意味の「不倫」にありつける可能性は高いですが、一般的な「不倫関係」と呼べるかと言えば微妙でしょう。

 

オオカミ君
不倫というよりは、援助交際、パパ活、割り切りに近い関係だと思うぞ。
逆に、そういった関係を求めているのであれば、パパ活アプリ・パパ活サイトはおすすめじゃ。
齋藤編集長

 

 

ネット不倫におすすめの出会い系2選

ここまでお話してきた通り、ネット不倫では、出会い系サイト・アプリがおすすめです。

 

とはいえ、不倫サイト/不倫アプリと同じく、出会い系の9割は詐欺サイト/詐欺アプリです。

サクラのいない優良出会い系を選ぶ必要がありますし、その中でも、不倫に強い出会い系は限られています。

 

齋藤編集長
結論から言えば、ミントC!Jメール(Jメール)とPCMAXがおすすめじゃ。

 

サクラのいない優良出会い系の中でも、特に不倫の出会いに強いのが、JメールPCMAXです。

 

Jメール(ミントC!Jメール)は、女性比率が最大のため、出会いやすい出会い系です。

伝統的にエッチな出会いに強いため、不倫やセフレ作りであれば真っ先に検討すべき出会い系だと言えます。

ミントC!Jメールの公式サイト → https://mintj.com

登録無料!カンタン2分

無料でミントC!Jメールをお試しする

※出会い系業界の3強!女性比率No.1、エッチな出会いに特化

 

PCMAXは、Jメールと並んでエッチな出会いに強い出会い系です。

さらに、男性料金が出会い系の中で最も安いというメリットもあるため、Jメールに次いでおすすめです。

PCMAXの公式サイト → https://pcmax.jp

登録無料!カンタン2分

無料でPCMAXをお試しする

※男性料金が最安値!エッチな出会いに強い出会い系

 

まとめ:ネット不倫では出会い系を選ぶ

不倫に興味を持ち、ネット不倫のやり方を調べ始める人は多いです。

リアルでの不倫は危険すぎるため、ネット不倫を選ぶこと自体は正解なのですが、間違った手段でやっている人が多いのです。

 

齋藤編集長
間違った手段とは、不倫アプリやSNS、マッチングアプリ、パパ活アプリ等じゃ。

 

ネット不倫は、出会い系でやること、その中でもサクラのいない優良出会い系でやることが正解です。

そうすることで、不倫がバレにくくなりますし、万が一バレた時のダメージも小さくできるからです。

  • この記事を書いた人
「週刊現実」編集長

「週刊現実」編集長

出会い系専門メディア「週刊現実」の編集長。出会い系のプロ(専門家)として、経験に基づき記事を執筆。出会い系歴は15年以上、2024年までに出会った女性は500人以上。本名は齋藤さん。プロのおすすめする出会い系サイト・アプリはこちら

-出会い系で不倫をする

© 2024 週刊現実