出会い系コラム

出会い系・マッチングアプリで可愛い子を彼女に出来ない人の特徴4つ

出会い系 可愛い 彼女

あなたはどんな気持ちで出会い系サイトやマッチングアプリを始めたでしょうか?

おそらく、多くの人は「彼女」が欲しくて出会い系サイトやマッチングアプリを始めていると思います。

 

しかし、たとえそうであったとしても、「彼女が出来れば、なんでもいい」という方は少ないのではないでしょうか?

多くの人は、こう思っていたのではないか、と思っています。それは「可愛い彼女が欲しい」ということです。

 

オオカミ君
そりゃ、可愛い方がいいよな。というか、ブスじゃいやだぞ。
ワシ自身、出会い系サイト・マッチングアプリを始める、一番大きな欲望というか欲求は「可愛い彼女が欲しい」だった。
齋藤編集長

 

今現在、「彼女ができればなんでもいい。性格はいい子がいいけど」と思っている方もいるでしょう。

しかしそういう方でも、出会い系サイトでは簡単に彼女ができると知った途端、「可愛い子じゃなきゃイヤ!」となってくると思います(笑)

 

というわけで、今回は可愛い子を彼女にするためにはどうしたらいいかを、ネガティブ面からみていきたいと思います。

つまり、「こういうことをしていると美人の彼女はできないんですよ!」ということを解説していくということです。それでは、早速お話していきますね。

 

ブスに会うとすぐにやめてしまう

私の出会い系データベースも如実に示していることなのですが、他の物事の多くがそうなっている通り、出会い系やマッチングアプリも確率の考え方が支配している世界です。

 

オオカミ君
どういうことだ?

 

つまり、100人に出会えば、20人がブス、60人が普通、20人が可愛い子、となってくるということです。

この場合でいえば、可愛い子に出会う確率20%ということですね。

 

齋藤編集長
もちろん、ここでの可愛い子に会う確率は、顔面偏差値の判定に厳しい人ならもっと悪化するし、甘い人ならもっと向上するのじゃ。

 

これを言われると「そんなの当たり前じゃん!」と思う方がほとんどなのではないかと思いますが、実際にはそう理解して動く人は少ないです。

 

出会い系を使い始める人は多いです。

多くのサイトが、「累計登録者数1,000万人」などと宣伝していますから、実はかなりの人が出会い系を「使ったことはあるが、今は使っていない」のです。

 

言い換えますと、ほとんどの人が「1~3人に出会って、あきらめてしまう」のです。

 

たとえば、2割を可愛い子だと思う、割と判定の甘い(?)私の場合でいいましょう。

私が女性1人に出会った場合、8割という高確率で「可愛い子以外」が来ますよね。6割普通、2割ブスという。

 

ここで、私が確率論的な考え方を持っていない場合、「やっぱり出会い系には可愛い子がいない」と感じることになります。

 

次に、女性2人に出会う場合。どちらも可愛い子ではない(普通かブスの)確率は、8割の2乗で64%ですよね。

ここでも、可愛い子に出会えない可能性のほうが大きいので、「出会い系には可愛い子はいない」と結論付けてしまう可能性のほうが高いのです。

 

この場合、少しは「俺、出会い系にトライしてみたぜ」感があるので、男友達に「1人ではだめだと思って2人にあったけど、可愛い子なんていなかったよ」と言うかもしれませんね。

 

3人に出会う場合でも、全員が可愛い子でない確率は、8割の3乗で51.2%です。

ここまでの場合、「半分以上は可愛い子に出会えず終わる」のです。

 

オオカミ君
確かにそうだ!可愛い子だけを狙っている人からすると、ハズレ連続の可能性の方が高いのか!

 

しかし、4人以上だと違います。4人以上に出会えば、可愛い子がひとりは混じってくる確率の方が高いです。

 

齋藤編集長
59%の確率で可愛い子に会えるのじゃ。

 

このように、出会い系・マッチングアプリでは「すぐにあきらめてしまうと可愛い子に出会えない」というのが事実なのです。

あまりいい表現ではありませんが、スマホアプリの「ガチャ」だと思って、可愛い子のカードが出るまで引きまくってください。

 

齋藤編集長
ガチャでレアカードを引くほどの低確率ではないのじゃ。

 

顔写真が可愛い子だけ狙っている

顔写真が可愛い子だけ狙っている人も、失敗しやすいです。

 

オオカミ君
可愛い子に出会いたいから、顔写真が可愛い子を狙う。何が悪いんだ?
そう思うじゃろ?
齋藤編集長

 

しかし、可愛い子の顔写真を使っている子は、業者である可能性が高いのです。

デリヘル業者はお金を払わないと出会えませんし、サイト誘導業者には絶対に出会えません。(実は男という可能性も高いです)

参考業者は優良出会い系にもいるぞ!見分けて避けるための全知識

 

もちろん「可愛い子の顔写真を使っている可愛い子」もいますが、競争率が高いです。当然ですよね。

その競争に勝ち抜くことを目指す、というのも一つの方向性としてありですが、顔写真がない子を狙ってみるというのも一つの手です。

 

多くの人が「顔写真がない子はブス」と思っていますし、実際にその可能性もあるのですが、実は可愛い子の多くが顔出ししていないって知ってました?

可愛い子は業者に間違えられるのも嫌だし、顔だけで無数のメールをもらうのも嫌なので、結構顔出ししていない子がいます。

参考出会い系は美人が多い?ブスを避け美人に会う3つの方法【結論】

 

モデルなどをしていて、「自分の顔はある程度売れてしまっている」と思って顔出ししていない子もいました。

 

齋藤編集長
多くの場合、自意識過剰なだけ(全然有名じゃない)なのじゃが、やはりモデルやアイドルだけあって可愛いは可愛いのじゃ。

 

私の経験上、顔出ししていない子を狙うほうが、遥かに可愛い子に出会う可能性が高いです。試してみてくださいね。

 

ワリカンにこだわりすぎている

次に、可愛い子に出会ってからの話。

 

可愛い子は、なんだかんだで優しくされることに慣れています

ですので、最低限、他の男と並んでおく必要があります。

 

そこで外してはいけないのは、「食事の際におごる」こと。

「おごられて当然っていう可愛い子なんて、こっちから願い下げだわ!」と思う気持ちは分かりますが、多くの可愛い子は「おごられて当然」とまでは思ってません。

 

しかし、「当然のごとくおごってくれる人」と「ワリカンを主張する人」が両方いたら、前者に好感を抱くのも、人間として当然のことでしょう。

 

オオカミ君
まあ、それは確かに。

 

ライバルが多い場合には、ライバルに勝つ必要がどうしても出てきます。

身もふたもない話ですが、可愛い子にはご飯をおごってあげましょう。

 

可愛い子にこだわりすぎている

出会えない人の最後の特徴として、「可愛い子にこだわりすぎ」というのがあります。

 

齋藤編集長
可愛い子って、男性からしたら「ボス」じゃよな。
ゲームでいうと、そうなるな。でも、だから何なんだよ?
オオカミ君

 

可愛い子は男性からモテるので、競争が激しく、一部の人しか倒せないです。恋愛的に強い存在です。

それを倒すのに、恋愛経験に乏しい男性では、やっぱり厳しいです。

 

ドラクエのように、最初から竜王を倒そうとせず、スライムから倒していこうという話です。

終盤ではドラゴンやゴーレムを倒そうとしてもいいですし、最後は竜王を倒そうとしてもいいです。

 

齋藤編集長
しかし、最初からは無謀なのじゃ。ものごとには順序ってものがある。
そりゃそうだ。
オオカミ君

 

運よくレベルが低いままで付き合えたとしても、束縛し過ぎて逃がしたりします。

地道に経験を積み、自分の恋愛レベルを上げていきましょう。

 

まとめ:出会い系・マッチングアプリで可愛い子を彼女にする方法

本日のまとめとして、出会い系サイト・マッチングアプリで可愛い子を彼女にするために必要な考え方を記載します。

  • 可愛い子が出るまでひたすら出会いまくる
  • 顔出ししていない子も狙う
  • 可愛い子は競争が激しいので、ある程度の出費は覚悟する
  • 可愛い子にこだわり過ぎず、経験を積む

 

特に大事なのは一番上に書いた、たくさん出会うことです。

出会った数が5人以下なら、判断するのは早すぎます!複数サイトを利用して片っ端から出会ってみてください。経験上、必ず可愛い子に出会えますよ。

参考よく比較される出会い系を複数使う理由3つ。全部使えばいいじゃない?

 

複数利用におすすめなサイト2つは、ハッピーメールとワクワクメールです。

さすがに4つ以上は、(登録時の無料ポイントが欲しいのでもない限り)最初からは利用しなくていいと思います。詳しくは、以下の記事へどうぞ。

必須【2022年最新】おすすめ出会い系の目的別比較ランキング【15年の集大成】

 

ハッピーメールの公式サイト → https://happymail.co.jp

登録無料!カンタン2分

無料でハッピーメールをお試しする

※最も業者が少なく安全!日本最大の出会い系

  • この記事を書いた人

「週刊現実」編集長

週刊現実の編集長。15年以上をかけて、2022年までに出会い系で300人以上の女性と出会う。出会い系に関する知識・テクニックは日本有数のプロ(専門家)だと自負しており、出会い系人生の全てを込めて「日本一の彼女・セフレ作りWebマガジン」である週刊現実を発刊。

-出会い系コラム

© 2022 週刊現実