Jメール

Jメールとハッピーメールの違い6つをプロが解説

Jメール ハッピーメール

こんな方におすすめ

  • どの出会い系を使うべきかで悩んでいる
  • Jメールとハッピーメールでは何が違うのか、比較が知りたい
  • Jメールとハッピーメールのベテランに、違いを聞きたい

 

Jメールとハッピーメールは、ともに当メディアで一貫しておすすめしている出会い系です。

参考おすすめ出会い系の目的別比較ランキング

 

とはいえ、Jメールとハッピーメールには、スペックに限らず多くの違いがあります。

今回は、Jメール歴・ハッピーメール歴ともに15年以上の経験から、Jメールとハッピーメールの違いを比較していきたいと思います。

 

「週刊現実」の編集長は誰なの?

  • 出会い系攻略の専門家。出会い系歴15年以上、出会った女性は500人以上。本名は齋藤さん
  • 特に「セフレや不倫相手の作り方」「サクラのいないおすすめ出会い系」「業者の見分け方」「パパ活」に詳しい
  • 「現実」「真実」「誠実」を理念とし、出会い系専門メディア「週刊現実」を立ち上げ

結論

まず、本記事の結論から記載します。

 

Jメール(ミントC!Jメール)とハッピーメールを比較すると、主な違いは以下の6つです。

  1. 会員数が違う【勝敗ナシ】
  2. 得意な出会いの領域が違う【勝敗ナシ】
  3. 業者の割合が違う【勝:ハッピーメール】
  4. キャッシュバッカーの割合が違う【勝:ハッピーメール】
  5. 男女比率が違う【勝:Jメール】
  6. 女性が稼げる金額が違う【勝:Jメール】

 

ご覧いただくと分かる通り、Jメールが優れている点も、ハッピーメールが優れている点もあり、甲乙つけがたい状況です。

ですので、Jメールにすべきか、ハッピーメールにすべきかは「人による」というのが誠実な回答となります。

 

Jメールを使うべき人は、以下に当てはまる方です。

  1. エッチな出会いがしたい人
  2. 男性で、少しでも出会える確率を高めたい人
  3. 女性で、稼ぎたい人

 

逆に、ハッピーメールを使うべき人は、以下のような方です。

  1. 真面目な出会いがしたい人
  2. 大手が安心だと思う人
  3. 初心者で、業者やキャッシュバッカー対策が苦手な人

 

どちらにも当てはまって決められない方は、Jメールとハッピーメールの併用(どちらも利用すること)をおすすめします。

男性であれば、両方の出会い系から「登録時の無料ポイント」をもらえ、無料ポイントを使いつつ比較することが出来るからです。

 

ミントC!Jメール(Jメール)はPCMAXやハッピーメールと並ぶ出会い系界の3強であり、2000年に開設している老舗です。

Jメールは出会い系の中でも最も女性比率が高いです。エッチな出会いに強いこと、無料で使えるログインボーナスが大きいこともおすすめポイントです。

登録無料!カンタン2分

無料でミントC!Jメールをお試しする

※出会い系業界の3強!女性比率No.1、エッチな出会いに強み

 

ハッピーメールは、累計会員数3,000万を誇る、日本最大手の出会い系です。

出会い系の中で最も万能であり、Jメールとは逆に真面目な出会いに強いです。また、業者の少なさも出会い系業界でトップであるため、初心者でも安心・安全に出会える出会い系です。

登録無料!カンタン2分

無料でハッピーメールをお試しする

※最も業者が少なく安全!日本最大の出会い系

 

本記事の結論は、以上です。

Jメールとハッピーメールを比較した際の違いについて詳しく知りたい場合には、続きもぜひお読みください。

 

Jメールとハッピーメールの違い6つ

Jメールとハッピーメールのユーザーから見た重要な違いは、以下の6つです。

  1. 会員数が違う【勝敗ナシ】
  2. 得意な出会いの領域が違う【勝敗ナシ】
  3. 業者の割合が違う【勝:ハッピーメール】
  4. キャッシュバッカーの割合が違う【勝:ハッピーメール】
  5. 男女比率が違う【勝:Jメール】
  6. 女性が稼げる金額が違う【勝:Jメール】

 

オオカミ君
それぞれ、解説していくぜ。

 

会員数が違う【勝敗ナシ】

まず、Jメールとハッピーメールとでは、会員数が違います。

ハッピーメールは「業界最大手の出会い系」であり、Jメールは「大手の中では、一番規模が小さい出会い系」です。

  1. ハッピーメール:3,000万
  2. PCMAX:2,000万
  3. イククル:1,500万
  4. YYC(ワイワイシー):1,500万
  5. ワクワクメール:1,000万
  6. ミントC!Jメール:800万

出典:累計登録数ベース。週刊現実が2024年に行った独自調査による

 

とはいえ、これがユーザーにとって重要かと言えば、重要ではありません

出会い系でやり取りできるのは、筆者のような「出会い系ばかりやっている廃人クラス」でもせいぜい1,000人~10,000人の単位でしょう。

3,000万も、800万も、「十分に多い」ということには変わりありません。

 

齋藤編集長
出会い系では、会員数は出会いやすさとはあまり関係ないのじゃ。
重要なのは、アクティブユーザー数なんだよな。
オオカミ君

アクティブユーザーとは?

  • アクティブユーザーとは「出会い系の中できちんと活動しているユーザー」のこと。幽霊会員の逆
  • アクティブユーザー数は出会いやすさに直結するため、会員数よりもずっと大切な要素である
  • 新規に登録したばかりの会員はアクティブユーザーであることが多い

 

得意な出会いの領域が違う【勝敗ナシ】

Jメールとハッピーメールの違いの中でも重要なのが、得意領域が違うということです。

  • Jメールはエッチな出会いに強い
  • ハッピーメールは真面目な出会いに強い

 

上記の通りなのですが、Jメールは不倫や割り切り、セフレやワンナイトラブに強いです。

ハッピーメールでもそれらの出会いが出来なくはないですが、どちらかといえばマッチングアプリ寄り(恋活寄り)です。

 

齋藤編集長
実際にハッピーメールは、大手恋愛メディアで「マッチングアプリとして」紹介されていることがよくあるのじゃ。

 

業者の割合が違う【勝:ハッピーメール】

ハッピーメールとJメールとでは、出会い系男性ユーザーの最大の敵である「業者の割合」が違います。

  • 援デリ業者:売春が目的。「2回目以降はタダだけど、最初だけお金が欲しい」というのが典型的な手口
  • 他サイト誘導業者:詐欺サイト等に誘導し、登録させるのが目的。「スマホが壊れた」等の嘘をついて誘導する
  • 個人情報収集業者:LINE IDやメアド、電話番号の収集が目的。手口は巧妙で、普通の女性と変わらないことも多い
  • その他の業者:宗教や副業、投資、マルチへの勧誘などの業者もいるが、少ない

 

Jメールは以前は業者が多い出会い系でしたが、2018年頃から変わってきており、2024年現在では業者はむしろ少ない方です。

しかしながら、ハッピーメールは以前から業者が最も少ない出会い系であり、この点では明確にハッピーメールが上回っています

参考2024年までの出会い系業界変化!出会いにくくなったサイトは?

 

オオカミ君
Jメールがダメだというよりは、ハッピーメールがすごいってことだな。
そうじゃ。業者が少ない、というのはハッピーメールを使うことの最大のメリットじゃろうな。
齋藤編集長

 

キャッシュバッカーの割合が違う【勝:ハッピーメール】

業者だけではなく、Jメールとハッピーメールを比較するとキャッシュバッカーの割合も違います。

その理由は、以下の表を眺めていただくと一目瞭然です。

出会い系サイト名メール1往復でもらえるお金(現金換算)現金への交換
ミントC!Jメール約7円可能
イククル約5円可能
ハッピーメール約4円可能
ワクワクメール約3円不可能(電子マネーは可能)
YYC(ワイワイシー)約1.8円不可能(電子マネーは可能)
PCMAX約1.5円不可能(電子マネーも不可、商品交換のみ)

この比較表は、必要に応じて横にスクロールすることが出来ます

 

Jメールは全出会い系でもトップのキャッシュバック還元率を誇ります。

ハッピーメールだとメール1往復で約4円の稼ぎとなりますが、Jメールでは約7円と、ほぼ倍です。

 

ですので、必然的に、Jメールにはキャッシュバッカーをしている女性が多くなります。

Jメール以外でキャッシュバッカーをするのは損ですから、当たり前と言えば当たり前です。

 

男女比率が違う【勝:Jメール】

出会い系で、男性の出会いやすさは男女比率に大きく左右されます。

実際、男女無料のマッチングアプリであるティンダー(Tinder)の男女比率は「男性:女性=9:1」とも言われており、男性が異常に出会いにくいです。

tinder ティンダー 男女比率

 

一般的に、男性有料・女性無料の出会い系の男女比率は「男性:女性=7:3」程度です。

これは、以前にYYCが会員数を公表していたものを筆者がスクショしておいた以下の画像からも確かです。

出会い系 YYC 男女比率

 

齋藤編集長
計算すると、大体「男性:女性=7:3」程度なのじゃ。

 

ただし、キャッシュバック制度のところでお話した通り、Jメールは女性に優しい出会い系です。

ですので、男女比率はYYCよりも改善していると思われ、体感では「男性:女性=6:4」程度かと思います。

 

オオカミ君
この女性比率の高さが、Jメールの最大の強みだろうな。

 

女性が稼げる金額が違う【勝:Jメール】

キャッシュバッカーの割合の部分でもお話した通り、Jメールは全ての出会い系でもトップのキャッシュバック還元率を誇ります。

これは男性にとっては「キャッシュバッカーが多い」というデメリットですが、女性にとっては「出会うついでに稼げてしまう」というメリットとなります。

出会い系サイト名メール1往復でもらえるお金(現金換算)現金への交換
ミントC!Jメール約7円可能
イククル約5円可能
ハッピーメール約4円可能
ワクワクメール約3円不可能(電子マネーは可能)
YYC(ワイワイシー)約1.8円不可能(電子マネーは可能)
PCMAX約1.5円不可能(電子マネーも不可、商品交換のみ)

この比較表は、必要に応じて横にスクロールすることが出来ます

 

オオカミ君
女性が稼ぐっていう目的なら、Jメール以上の出会い系はないんだぜ。

 

Jメールを使うべき人、ハッピーメールを使うべき人

ここまで読んだだけで分かる人もいらっしゃるかもしれませんが、Jメールとハッピーメールのどちらを使うべきかは人によります

よって、Jメールとハッピーメールを比較してどちらを使うべきかについて、簡単にタイプ分けをしておきたいと思います。

 

Jメールを使うべき人

まず、Jメールを使うべき人は、以下に当てはまる方です。

  1. エッチな出会いがしたい人
  2. 男性で、少しでも出会える確率を高めたい人
  3. 女性で、稼ぎたい人

 

ぶっちゃけて言えば、男性の多くはこちらに当てはまるかもしれません。

実際、当メディアからも、男性の多くがJメールに登録しています。「エッチな出会いに強い」「女性比率が高い」というのは、特に男性にとっては重要です。

 

齋藤編集長
ワシも含めて、男性というのはエッチなものじゃからな。
エッチじゃなくて婚活がしたいなら、最初から婚活サイトとかマッチングアプリを使うって人も多そうだしな。
オオカミ君

 

ハッピーメールを使うべき人

逆に、以下に当てはまる方であれば、Jメールよりもハッピーメールがおすすめです。

  1. 真面目な出会いがしたい人
  2. 大手が安心だと思う人
  3. 初心者で、業者やキャッシュバッカー対策が苦手な人

 

ハッピーメールは、累計登録数3,000万を誇る、出会い系の最大手です。

この数は、一般的に「最も有名なマッチングアプリ」であるペアーズよりも多く、大手で安心だと思う方も多いでしょう。

 

オオカミ君
実際に、業者も少ないしな。

 

また、Jメールとの最大の違いは、真面目な出会いにも対応していることです。

恋活アプリとして紹介されていることもあるので、彼女作りにも使えます。

 

齋藤編集長
出会い系の入門編として、ハッピーメールから入るのも、アリじゃ。

 

まとめ:Jメールかハッピーメールかは人による

Jメールとハッピーメールを比較してどちらを使うべきかは、人によります

 

Jメール(ミントC!Jメール)はエッチな出会いに強く、女性比率が高いことが特長です。

ですので、本文中で解説した通り、男性の多くはJメールを選んでおけば間違いありません。

登録無料!カンタン2分

無料でミントC!Jメールをお試しする

※出会い系業界の3強!女性比率No.1、エッチな出会いに強み

 

一方で、ハッピーメールは、出会い系の最大手で、業者が少ないです。

キャッシュバッカーも少ないため、出会い系攻略スキルに自信のない初心者の方は、間違いなくハッピーメールの方が向いています。

登録無料!カンタン2分

無料でハッピーメールをお試しする

※最も業者が少なく安全!日本最大の出会い系

  • この記事を書いた人
「週刊現実」編集長

「週刊現実」編集長

出会い系専門メディア「週刊現実」の編集長。出会い系のプロ(専門家)として、経験に基づき記事を執筆。出会い系歴は15年以上、2024年までに出会った女性は500人以上。本名は齋藤さん。プロのおすすめする出会い系サイト・アプリはこちら

-Jメール

© 2024 週刊現実