出会い系コラム

田舎の出会いならハッピーメールが正解、なぜなら

田舎 出会い ハッピーメール

田舎での出会いと、東京での出会いは、使うべきサイトが違うときがあるってご存知でしょうか?

私自身も田舎出身なのですが、結構東京に近めの田舎でさえ、東京と同じようなやり方だと出会いにくかったりします。

 

というわけで、今回は「田舎での出会い」についてお話したいと思います。

 

オオカミ君
「田舎」「田舎」って連呼するけど、編集長自身も田舎の出身だから許してくれよな!
実際、「田舎」で検索する人が多いみたいなので、こうしているのじゃ。
齋藤編集長

 

田舎でマッチングアプリは使えないことが多く出会い系一択

まず、以下の記事に書いた通り、田舎でマッチングアプリは使えないことが多いです。

参考マッチングアプリが地方で使えない理由

 

その理由は、以下の2つです。

  • 地方のマッチングアプリでは、結婚相手を探している女性が多い
  • 地方ではマッチングアプリに十分な人数が集まらない

 

齋藤編集長
上記の理由から、田舎にふらっといったときに使うべきは、マッチングアプリではなく出会い系なのじゃ。会員数が1000万人単位じゃからな。
出会い系は、田舎でもかなり広告宣伝活動はやっているんだよな。前に見たぞ。
オオカミ君

 

東京などの大都市圏ではアクティブユーザーが大事

マッチングアプリではなく、出会い系を使うべき。ここまではよろしいでしょうか?

 

オオカミ君
OKだぜ!

 

このサイトに限らず、出会い系のベテランが出会い系について解説しているサイトでは、しばしば「アクティブユーザー」という概念が語られます。

 

オオカミ君
このサイトでも、結構出て来るよな。アクティブユーザー。

 

アクティブユーザーとは、出会い系の中でメッセージ交換をきちんとするような「活動している会員」のことで、対義語は幽霊会員でしょうか。

要は出会うための行動を起こしているユーザー、少なくともメールをもらったらどんな人からなのかをチェックするユーザーのことですね。

 

特に都会の場合、出会い系の出会いやすさはこの「アクティブユーザー」によって決まります

ですから、出会い系について知っていれば知っているほど、会員数ではなくアクティブユーザー数で出会い系の良しあしを計る傾向があります。

 

齋藤編集長
経験から言っても、これは間違いないと思うのじゃ。
登録している会員が1000万人とかいたとしても、アクティブに動いている人がいなかったら意味ないもんなあ。
オオカミ君

 

田舎ではアクティブユーザー以前に会員が少ない

「田舎」「田舎」と連呼しているとイラっと来る方もいるでしょうが、田舎ではアクティブユーザー以前に会員数が少なめです。

 

私の出身地である田舎は一応関東地方に含まれるのですが、私の実家近辺でも会員数の少なさは感じます。

プロフィール検索をする際、ちょっと検索条件を厳しくするだけで、途端に出てくる女性の数が激減するので、東京の検索結果に慣れていると衝撃をうけます。

 

私の実家があるところなんかはまだましな方。

(ディスる気もないので名前の公表は控えますが)もっと圧倒的に人口が少ない都道府県で出会おうとした際には、検索条件が緩いにもかかわらず数えられる程度の人数しか表示されなかったことがありました。

 

田舎では、アクティブユーザー以前に会員自体が少ないのです。

ですから、田舎の出会いであればあるほど、アクティブユーザーではなく「会員数」そのものが多い出会い系を使う必要があります。

 

齋藤編集長
もっと言えば、そもそも若者自体が少ないのじゃ。
少子高齢化社会の影響って、出会い系とかマッチングアプリにめっちゃ出て来るんだな・・・!
オオカミ君

 

田舎ではハッピーメールが最有力候補な理由

それでは、会員数が最も多い出会い系サイト・アプリというのは、どこなのでしょうか。

現在、出会い系サイトの中で最も多く会員を集めている出会い系サイトは、ハッピーメールだと言われています。(ハッピーメールの累計会員数は、公表で2,500万以上です)

ハッピーメールは2019年3月に累計登録数2000万を突破して以降、タレントの野呂佳代さんをイメージモデルに起用し、Webドラマ等の様々な企画でブランドイメージの向上を図りました。

そして、2020年8月に累計登録数2500万を突破致しました。

出典:ハッピーメール累計登録数2500万突破のお知らせ - PR TIMES

 

オオカミ君
ちなみに、2022年現在では、モデルは野呂佳代さんから別の人に変わっているぞ!
ハッピーメールは、ブランドアンバサダー(イメージモデル)を結構頻繁に変えるのじゃ。
齋藤編集長

 

2022年現在、実際に地方に行ってカウントしてみると、やはり他の出会い系(イククルやJメール、PCMAX等)よりも、ハッピーメールの利用者の方が多いことに気づきます。

概ね以下の会員数に比例するイメージですが、ハッピーメール・ワクワクメールは明らかに他の出会い系より出会いやすいです。

  • ハッピーメール:2,500万人以上
  • ワクワクメール:1,000万人以上
  • PCMAX:1,800万人以上
  • イククル:1,500万人以上
  • Jメール:600万人以上
  • YYC:1,500万人以上

 

ワクワクメールだけは、誠実な登録者の数え方をしており、ちょっと少なめに出ているのかもしれん。2,000万人以上いそうなスペックじゃ。
齋藤編集長
オオカミ君
まあこれ、全部「累計登録数」で、携帯を変えた同じ人が何度もカウントされていたり、結構いい加減だと思うけどな。

 

私は会社員時代から地方出張に行くことが多く、行く先々で出会い系サイトを活用してきました。

以下の記事を見ていただければ分かる通り、たいてい田舎での出会いでお世話になるのはハッピーメールでした。

 

以上より、田舎で出会いたいという場合には、ユーザー数(会員数)が一番多いハッピーメールを使っておけば間違いないと思います。

実際、田舎であればあるほど、私自身はハッピーメールとワクワクメールを重点的に使うことで、出会えています。

ハッピーメールの公式サイト → https://happymail.co.jp

登録無料!カンタン2分

無料でハッピーメールをお試しする

※最も業者が少なく安全!日本最大の出会い系

 

ハッピーメールと併用すべきなのは、ワクワクメールです。

田舎だと検索に出てくる女性が激減するというデメリットがあるので、優良出会い系サイト・アプリを併用することで、そのデメリットを軽減することが出来ます。

ワクワクメールの公式サイト → http://550909.com

登録無料!カンタン2分

無料でワクワクメールをお試しする

※出会い系業界の2強!真面目な出会いに強い

 

齋藤編集長
個人的には、田舎で出会うならこの二つの出会い系はマストじゃな。
  • この記事を書いた人

「週刊現実」編集長

週刊現実の編集長。15年以上をかけて、2022年までに出会い系で300人以上の女性と出会う。出会い系に関する知識・テクニックは日本有数のプロ(専門家)だと自負しており、出会い系人生の全てを込めて「日本一の彼女・セフレ作りWebマガジン」である週刊現実を発刊。

-出会い系コラム

© 2022 週刊現実