出会い系攻略メディア「週刊現実」は、日本一の彼女・セフレ作りWebマガジンを目指します。

週刊現実

出会い系の比較

出会い系比較|ワクワクメールvsハッピーメール!炎の7番勝負

更新日:

ワクワクメール ハッピーメール 比較

どんな攻略サイトの評判を見ても、比較サイトを見ても、必ずトップ争いに食い込む2つの出会い系。

それが、ワクワクメールハッピーメールです。

 

出会い系界が誇る2大優良サイトであり、東西の横綱ともいえるワクワクメールとハッピーメール

この2つのどちらを使うべきか、迷っている方も多いのではないでしょうか。

 

当記事では、この2つの出会い系サイトを10年以上使ってきた筆者が、ユーザーにとって重要な項目「7つ」で、出会い系の2強を徹底比較していきます。

+ 【知りたい人だけクリック】このサイト「週刊現実」の筆者は誰なの?

Webマガジン「週刊現実」編集長 齋藤のプロフィール

2000年代、出会い系勃興期に出会い系にハマる。

とはいえ、最初はサクラ(美女のふりをしてメールをするアルバイト)だらけの詐欺サイトに騙されに騙され、サクラに「数万円」つぎ込んでからのスタート。

 

やっとの思いで「ワクワクメール」にたどり着き、ハッピーメール、PCMAXなどの複数サイトを用いて出会い活動を続ける。

以後、10年以上をかけて、2018年までに出会い系で300人以上の女性と出会う。

 

現在は、投資で生計を立てながら、出会い系で女性と出会い続ける日々。

要は、定職につかず出会い系に人生をかけた人間。自分でもヤバい人間だとは思うが、その分出会い系に関する知識・テクニックは日本有数の「プロ」だと自負している。

 

2018年7月、出会い系人生のすべてを籠めるべく「日本一の彼女・セフレ作りWebマガジン」である週刊現実を発刊。

記事にもたまに出てくる「齋藤編集長」が筆者である。

 

この記事はこんな方におすすめ

  • 初心者だからこそ、最初から「最高・最強の出会い系」を選びたい
  • 「出会い系比較サイト」で必ず出てくるワクワクメールとハッピーメールが気になる
  • 他の「優良サイト」を使ってもイマイチだったので、ワクワクメールかハッピーメールを利用検討中
  • ネットの評判から、ワクワクメールとハッピーメールがベストだと確信。でもどっちがいいのか分からない

 

オオカミ君
なあ、「出会い系比較」として全部いっぺんに比較した方がいいんじゃないか?
確かに普通はそうする。
ただ、10年以上出会い系をやってきた経験から、ウソ偽りなく正直に言おう。
齋藤編集長
「ワクワクメールとハッピーメール」と「それ以外の優良サイト」では性能が違い過ぎるんじゃ。
齋藤編集長
オオカミ君
ぶっちぎり過ぎて、1位・2位が最初から決まっている比較になるってことか?
その通りじゃ。特に「彼女作り」の場合はな。
齋藤編集長
多くの人は、一つの出会い系サイトのみを使うつもりのはず。
少なくとも、最初から3つ以上の出会い系を併用するつもりはないじゃろう。
齋藤編集長
オオカミ君
だとすると、2つ使う場合の「二枠」はワクワクメールとハッピーメールで決まり。
オオカミ君
あとは、「1つのサイトだけを使いたい人」のために、ワクワクメールとハッピーメールのどちらが上なのかの比較記事だけが必要、ってわけか。
ぶっちゃけ、そういう事情じゃな。全ての優良出会い系を並べて比較すると、他のサイトが「かませ犬」に見える記事になると思うよ。
齋藤編集長
オオカミ君
でもさ、「PCMAX」が1位になっているランキングサイトも多いんだけど?
ワクワクメールとハッピーメールよりも、PCMAXが最強に見える比較サイトも多いぜ?
それはセフレを作る場合じゃ。「普通に女性と出会いたい」場合には、PCMAXは業者が多すぎておすすめできない。
齋藤編集長

 

ちなみに、この記事も長くなりましたので、手っ取り早く結論を知りたい方のために「先読み機能」を付けました。

先に結論を見たい、という方のみ、以下のボタンをクリックするとスライドして読めます。

+ 【知りたい人だけクリック】当記事の結論を先読み!

  1. 業者の少なさハッピーメールの勝ち
  2. 出会いやすさハッピーメールの勝ち
  3. 料金の安さ(コスパ)は互角(同じくらい)
  4. 評判の良さワクワクメールの勝ち
  5. キャッシュバッカーの少なさは互角(同じくらい)
  6. 女性比率の高さは比較不能(しかし、おそらく同じくらい)
  7. ニュースや事件の少なさワクワクメールの勝ち

以上より、総合的に比較しての結論としては、より重要な項目(業者の少なさや出会いやすさ)で上回るため「ハッピーメールの勝利」だと言えるでしょう。

 

二大優良出会い系を比較する7項目とその理由

 

今回は、優良出会い系の二強であるワクワクメールとハッピーメールを、以下の7項目で徹底的に比較していきたいと思います。

炎の7番勝負で比較する項目

  1. 業者の少なさ
  2. 出会いやすさ
  3. 料金の安さ(コスパ)
  4. 評判の良さ
  5. キャッシュバッカーの少なさ
  6. 女性比率の高さ
  7. ニュースや事件の少なさ

 

オオカミ君
まさに「炎の7番勝負」ってわけだな。ちなみにこれ、順番に意味とかあるのか?
重要な順に並べておる。
齋藤編集長
オオカミ君
それだと「業者の少なさ」が一番って変じゃないか?「出会いやすさ」とか「料金」が普通一番だろ?

 

「ワクワクメールとハッピーメールの比較」である炎の7番勝負は、上から重要な順になっています。

 

ここで「業者の少なさ」が一番大切なのは、複数のネガティブ効果があるためです。

 

具体的には、業者が多いと「素人に出会いにくくなる」「被害を受ける危険性が上がる(安全性が減る)」「無駄なやりとりが増えるのでメール料金がかさむ」ということが起こります。

 

業者は避けることもできますが、「そもそも少ない」ことは、相当に有利です。

参考業者は優良出会い系にもいるぞ!見分けて避けるための全知識

 

オオカミ君
「会員数の比較」がないのには理由があるのか?
会員数は、出会いやすさにあまり関係がないからじゃ。信用度の目安にはなるんじゃがな。そもそも、優良サイトはどこも数百万人以上がいるんじゃぞ。
齋藤編集長
オオカミ君
その規模になると、人数で会いやすさは変わらないってこったな。
うむ。その上、そもそもサイトによって会員数の数え方も違う。登録アカウントの数じゃから、電話番号変更したら重複登録も出来る。
齋藤編集長
さらにいえば、会員数が少ないように見えるサイトは「業者を排除しているから」かもしれない。削除しきれていない業者は、会員数にカウントされるだろうからのう。
齋藤編集長
オオカミ君
なるほどね。ちなみに「評判」を比較ってのと、「ニュースや事件の少なさ」を比較ってのも珍しいよな。これはなんでなんだ?
それについては説明しよう。
齋藤編集長

 

評判の良さを比較するのは、「大手掲示板やSNSの評判は操作しにくい」ことや、複数のポジティブ効果があるためです。

参考出会い系の評判を全身全霊で調べてみた!

 

評判が良いと、新規登録者(=アクティブユーザー)が増えて出会いやすくなり、(男性より慎重な)女性も登録しやすくなって女性比率が上がります

+ 【知りたい人だけクリック】アクティブユーザーとは?新規登録者との関係は?

アクティブユーザーとは、幽霊会員の逆。

つまり、「出会い系の中できちんと活動しているユーザー」のことです。

 

アクティブユーザーはきちんとサイトにログインしますし、メールもチェックしてくれます。

つまり、「こちらのプロフィールやメールが良ければ会ってくれる存在」です。

 

よって、アクティブユーザーが多いほど、出会いやすいということになります。

ですので、アクティブユーザーは、会員数よりもずっと大切な要素なのです。

 

出会い系では、全ての会員がアクティブユーザーというわけではありません。

メールが既読にすらならないことがあることからも分かるように、「退会はしていないけどログインもしていない」という幽霊会員は非常に多いのです。

 

また、アクティブユーザーは、新規登録者であることが多いです。

 

多くの人は、登録したての頃はアクティブユーザーとして熱心にメールしたり、掲示板に書き込んだり、返事したりします。

しかし、恋人が出来たり、サイトに飽きたり、失望したりすると、ログインしなくなってしまい、アクティブユーザーではなくなっていきます。

 

ニュースや事件の少なさは、これとちょうど逆です。

事件が多いというのは「評判が悪い」ということですので、新規登録者が減って会いにくくなりますし、(女性の流入が減ることで)特に男性にとって出会いにくくなります。

 

さらに、事件が多いと、人によっては巻き込まれる不安感も出てくるでしょうし、何より警察の監視が強まります。

データの押収などの可能性もゼロではないので、割り切りなどのグレー行為をしている場合には、一応注意しておくべきでしょう。

参考今も危険?出会い系で起きた事件と最新状況の全まとめ

 

齋藤編集長
実は、児童被害の事件が多いサイト、つまり逮捕者が多いサイトは警視庁が公表しておる。
齋藤編集長
最近のトップ(というかワースト)はSNSのTwitterじゃ。
サイバー警察のTwitterへの監視は年々強まっていると言われておる。

 

  • SNSに起因する事犯の被害児童数は、青少年のスマートフォン等の所有・利用状況の増加に伴い増加傾向にあり、過去最多。
  • 一方 、出会い系サイトに起因する事犯の被害児童数は、平成20年の法改正以降減少傾向にあり、過去最少。
  • Twitterに起因する被害児童数は327人で、全被害児童の3分の1強を占める。

出展:警察庁 サイバー犯罪対策プロジェクト「平成29年におけるSNS等に起因する被害児童の現状と対策について」「平成29年上半期におけるコミュニティサイト等に起因する事犯の現状と対策について」

 

齋藤編集長
というわけで、ここから7項目で徹底比較していくぞい!

 

ワクワクメールvsハッピーメール!業者の少なさを比較!

 

まずは、業者の「少なさ」を比較していきたいと思います。

すでにお話したとおり、業者の少なさは以下の事項にかかわる重要項目です。

  • 素人との出会いやすさ
  • 業者の被害を受ける危険性
  • メール料金を素人に集中して使えるかどうか

 

当記事では、実際に50人ずつ女性のプロフィールを見て、業者の少なさを判定しました。

 

齋藤編集長
業者は、出会い系のベテランが見ればある程度分かる。
見分け方が知りたい方は、以下の記事を参考にしていただけるとありがたい。

 

参考業者は優良出会い系にもいるぞ!見分けて避けるための全知識

 

なお、調査には「プロフィール検索」を利用し、以下の条件としています。

  • 住まい:東京都全域
  • 並び順:ログイン順
  • 年齢:20代女性(20代前半、20代半ば、20代後半)
  • 交際ステータス:独身

※ 上記以外の指定はなし

 

上記の条件で出てきた検索結果を、以下のようにひたすら50件見ていきました。

(写真はワクワクメール、2018/8/3時点、Webブラウザ版の画面です)

 

オオカミ君
これ、大変じゃね?
1件1件は大変ではないのだが、50件ともなるとな。
なんでこの方法にしたのか、ちょっと後悔したぞ(笑)
齋藤編集長

 


ちなみに、こんな感じのガチ集計でした(笑)

 

それでは、ワクワクメール、ハッピーメールそれぞれで調査した結果を公表します。

  • 勝ち ハッピーメール 50件中31人が素人(9人が業者、微妙なのが10人)
  • 負け ワクワクメール 50件中25人が素人(15人が業者、微妙なのが10人)

 

上記の通り「業者の少なさ」対決では、ハッピーメールの勝利となりました。

(※ 微妙、というのは情報が少なかったりして素人か業者かの見分けがつかなかった場合です)

 

オオカミ君
意外と差がついたな?
正直、10年以上もユーザーなので感覚的には知っていたがな。
齋藤編集長
オオカミ君
ワクワクメールの側がダメなのか?
違う。ワクワクメールもきちんとやってはいるんじゃよ。ただし、相手が悪い。
齋藤編集長
ハッピーメールは、業者の排除力がダントツのトップなんじゃ。
初心者向けの出会い系は、間違いなくハッピーメールじゃろうのう。
齋藤編集長

 

ちなみに、「アダルトな目的にチェックを入れている人を抜く」などで検索条件を工夫すると、検索に引っかかる業者はかなり減らせます

 

今回は、業者の率を比較したかったため、あえてスタンダードな検索条件で比較していますので、その点ご了承ください。

 

ハッピーメールの公式サイト → https://happymail.co.jp

登録無料!カンタン2分

無料でハッピーメールをお試しする

※最も業者が少なく安全!日本最大の出会い系

 

ワクワクメールvsハッピーメール!出会いやすさを比較!

 

さて、次は「出会いやすさ」の比較をしていきたいと思います。

 

「業者の少なさ」はすでに評価し終わっていますので、「素人にアプローチしたら何人に出会えるか」が評価対象となります。

 

当然ですが、出会い系で「出会う」には以下の3ステップがあります。

  1. 素人にメールを送り、何人が返信してくれるのか(返信率)
  2. 返信してくれた中で、何人と連絡先交換出来るか(連絡先交換率)
  3. 連絡先交換した中で、何人が初デートまで行けるのか(初デート率)

 

このうち、2番と3番は検証が難しいです。特に2番ですね。

エクセルで女性の情報管理をすることがある私でさえ、「連絡先交換してからのデータ」しかないです。

 

逆に言えば、実は、このうち「3番」はすでに判明しています。

連絡先交換を済ませ、直接ラインやメールをした女性のうち、何人に会えたかがすでに分かっているということです。

 

オオカミ君
なんでそんなことが分かるんだよ?
ズバリ、「2017年に、記録を付けていた時期があるから」じゃ。
齋藤編集長
オオカミ君
記録って、なんのために?
同時に10人以上の女性とやり取りをすると、誰がどんな人か、情報がごちゃごちゃになってくる。それを避けるためじゃな。
齋藤編集長

 

例えばある期間では、ワクワクメールで13人、ハッピーメールで16人の「直接やり取りした人」の記録があります。

このうち、ワクワクメールで5人と会い、ハッピーメールで8人と会いました。

 


↑ 本来、人に見せる用ではないのですが、こちらのエクセルです(一部)

 

ですので、今回は「1.返信率」と「3.連絡先交換後に初デートに進んだ率」の総合で、「出会いやすさ」を判断したいと思います。

 

オオカミ君
ここはさすがに、実体験に基づきまくってんな。
うむ、エクセルを消さずにおいて良かったわい。
齋藤編集長
繰り返しになるが、出会い系で一度に多くの女性とやりとりすると、誰がどういう人なのか混乱してくる。情報を整理しておくのはおすすめじゃぞ。
齋藤編集長

 

結果は、以下の通りとなりました。

  • 素人にメールして、何人返信してくれるのか(ファーストメールの返信率)
    1. ワクワクメールは10件中5件返信あり(返信率50%
    2. ハッピーメールは10件中5件返信あり(返信率50%
  •  連絡先交換して直接やり取りした中で、何人がデートまで行けたのか(初デート率)
    1. ワクワクメールは13人中5人と初回デート(デート率38%
    2. ハッピーメールは16人中8人と初回デート(デート率50%

 

オオカミ君
やってみたら、「ファーストメールの返信率」は同じだったんだな。デートに行けた「初デート率」の違いで、ハッピーメールが勝ち、って感じか。
そうじゃな。体感からしても、これは明確に「勝ち」と言っても良いと思う。
齋藤編集長

 

よって当サイトでは、出会いやすさの勝負はハッピーメールの勝ちとしたいと思います。

 

ワクワクメールvsハッピーメール!料金の安さ(コスパ)を比較!

 

次に、ワクワクメールとハッピーメールの料金を比較したいと思います。

 

とはいえ、よくある「動画の閲覧が〇〇ポイント…」などというどうでも良い点の比較ではなく、「出会うために利用するときに重要な部分」のみを比較したいと思います。

 

齋藤編集長
ワシは10年以上出会い系を使っているが、投稿されたアダルト動画とか1度もみたことがないからのう。「出会うこと」に特化して使ってきたつもりじゃ。

 

出会うために利用するときに重要な料金は、以下の3つのみです。

(なお、登録やプロフィール検索、メールの受信や連絡先交換は、優良出会い系ならすべて無料です)

  • プロフィール閲覧
  • プロフィール画像の閲覧
  • メールの送信(返信を含む)

 

この点について、ワクワクメールとハッピーメールで比較すると、「消費ポイント」は以下のようになります。

  ワクワクメール ハッピーメール
プロフィール閲覧 無料 無料
プロフィール画像の閲覧 2P(約20円) 2P(約20円)
メールの送信と返信 5P(約50円) 5P(約50円)

 

オオカミ君
完全に互角だな。
そうじゃな。ただ、「1ポイント(1P)当たりの購入料金」が違う可能性がある。
なので、そちらも見ておく必要がある。
齋藤編集長

 

ワクワクメールとハッピーメールの「1ポイント当たりの料金」を比較!

通常、出会うために必要な「プロフィールや画像の閲覧」、そして「メールの送信・返信」のポイントは全く同じだったワクワクメールとハッピーメール。

 

ただし、「1ポイント当たりの購入代金」自体が違えば、結果的には料金が異なると言えます。

 

ですので、ポイント自体を買う時の購入代金を調査しました。

(アプリ版のほうは高額なので、お得なWebブラウザ版同士・クレジット決済同士で比較しています)

 

その結果は以下の通りです。(画像がやや見づらいので、その下に表を付けています)

 

  ワクワクメール ハッピーメール
1,000円払った場合の取得ポイント 130P 110P
2,000円払った場合の取得ポイント 260P 230P
3,000円払った場合の取得ポイント 400P 400P
5,000円払った場合の取得ポイント 700P 700P
10,000円払った場合の取得ポイント 1500P 1500P

 

注意点として、ワクワクメールではPのほかに「S」というサービスポイントが付きますので、それも考慮しています。(「S」はほぼ「P」と同じ価値です)

ハッピーメールでもサービスポイントがありますので、それも考慮しています。

 

オオカミ君
低料金(1,000円と2,000円)で買った場合のみ、ワクワクメールが微妙に勝っている感じか?
そうなんじゃが、逆に言えばこの料金帯で買う場合以外は全く同じ。ワシ自身、大抵はお得な1万円分とかで買っておるし、そういう人は少なくないじゃろう。
齋藤編集長

 

料金的には、微妙にワクワクメールが勝っていると言えなくもありません。

ただし、消費ポイントが全く同じことや、お得度の少ない1,000円&2000円のみで差がある点も踏まえますと、「ワクワクメールの勝ち」と言ってしまうのは違和感があります。

 

ですので、当サイトにおける料金(コスパ)の比較は「ほぼ互角」とさせていただきたいと思います。

 

ワクワクメールvsハッピーメール!評判の良さを比較!

 

実はワクワクメールとハッピーメールに限らず、優良出会い系サイトの評判については、すでに以下の記事で徹底調査しています。

参考出会い系の評判を全身全霊で調べてみた!

 

オオカミ君
この「評判の比較」についてはすでに答えが出ちゃっているんだ。
だから、それを簡単に紹介していくぜ!

 

上記の記事における調査対象は、大手掲示板やSNS。具体的には、以下のメディアです。

  • 日本最大の匿名掲示板「2ちゃんねる」(現在は「5ちゃんねる」に改称)
  • 日本最大の質問掲示板「Yahoo!知恵袋」
  • 日本のアクティブユーザーが最大のSNS「Twitter」
  • スマホアプリの2大プラットフォーム「App Store」「Google Play」

 

調査結果を見ますと、各メディアで評判が良かった出会い系は、以下の通りです。

 

オオカミ君
アップルストアとグーグルプレイ以外では、全部ワクワクメールの勝ちだったよな。
その通りじゃ。そして、アップルストアとグーグルプレイの評価は「アプリ版のみを評価している」のもあり、信憑性が低い。
齋藤編集長
オオカミ君
「アプリ版は使いにくいです」って理由での低評価もあるからな。
そういう意味では、評判の比較はワクワクメールの勝ちといえるじゃろうな。ハッピーメールも大体2位なので微妙と言えば微妙な差じゃが。
齋藤編集長

 

ワクワクメールの公式サイト → http://550909.com

登録無料!カンタン2分

無料でワクワクメールをお試しする

※出会い系業界の2強!真面目な出会いに強い

 

ワクワクメールvsハッピーメール!キャッシュバッカーの少なさを比較!

次に、ワクワクメールとハッピーメールとでは、どちらがキャッシュバッカー(CB)が少ないのかについて比較します。

 

なお、そもそもキャッシュバッカーとは、「男性に返信するとポイントがもらえる」キャッシュバック制度で稼ぐために出会い系を使う女性(=出会う気はない)のことです。

+ 【詳しく知りたい人だけクリック】キャッシュバッカーとは?その手口と特徴も解説

出会い系には、「キャッシュバック」というシステムがあります。

出会い系におけるキャッシュバックは、一言で言えば女性が男性にメールを返すとポイントがもらえる制度です。

 

本来は「女性の返信率を上げ、出会い系サイトを活性化するため」に作られた制度です。

実際、この制度により女性からの返信率は上昇するでしょう。

 

しかしながら、一部の女性はこの制度を悪用し、「会う気もないのにメールさせまくってお金を稼ぐ」という手口に出ています。

これが男性ユーザーの嫌う「キャッシュバッカー」です。

 

キャッシュバッカーは「素人女性のお小遣い稼ぎ」なので、完全に見破るのは難しいです。

しかし、以下の特徴を知っていれば、「もしかしたらキャッシュバッカーかな?」とは気づくはずです。

  • お金を素早く稼ぐために、短文メールで返信が早い
  • サイト内のメッセージ交換でないと稼げないので、仲良くなっても連絡先交換が出来ない
  • 会う気ゼロのため、仲良くなっても会えない

特に重要なのが、(赤字にした)一番上の特徴です。

大抵、「短文メールの連続」によって気づきます。

 

キャッシュバッカーの疑いが濃厚なら、時間とお金の無駄なので、その時点でメールをやめるようにしましょう。

 

キャッシュバッカーというのは、「絶対にキャッシュバッカーだ」と確定させるのが難しい存在です。

ですので、「会員に占めるキャッシュバッカーの割合比較」などは非常に困難です。

 

よって今回は、ワクワクメールとハッピーメールの「キャッシュバックでもらえるポイント」がどれだけあるのかを比較し、どちらがキャッシュバッカーに優しい(=彼女らを引き寄せる)のかを判定します。

 

さらに、基本的に「会うためにメールしていたらキャッシュバッカーだった」というのが一番ダメージが大きいです。

ですので、「メッセージ交換関連」でのキャッシュバックポイントを比較することとし、その結果は以下の通りです。

  • ワクワクメール 往復3円 ※メール受信はなし、メール送信で3円
  • ハッピーメール 往復4円 ※メール受信で2円、メール送信で2円

 

というわけで、キャッシュバッカーに優しいのはハッピーメールです。

 

お金稼ぎが目当てのキャッシュバッカーに優しいということは、キャッシュバッカーが多く、男性ユーザーに厳しいということです。

 

ただし、これは「ミントC!Jメール」の「往復7円」から見るとあまり変わらず、体感でもワクワクメールとハッピーメールにキャッシュバッカー率の差はありません。

(双方ともキャッシュバッカーはかなり少なめです)

 

ですので、この勝負は「ほぼ互角」とさせていただきたいと思います。

 

ワクワクメールvsハッピーメール!女性比率の高さを比較!

出会い系の男性ユーザーからすると、男女比率、もっといえば「女性の比率」も気になる点です。

 

「男性:女性=5:5」なら会える気がしますが、「男性:女性=9:1」ではさすがに会える気がしないでしょう。

 

本項ではワクワクメールとハッピーメールの女性比率を比較したい……と思いました。

 

しかし、結論から申し上げますと「ワクワクメールもハッピーメールも男女比率を公開していない」ため、この項目は比較が不可能でした。申し訳ありません。

 

オオカミ君
なんじゃそりゃ!大体も分からないのか?
分からないんじゃ。検索して探してみようにも、「1ページ20人」が999ページ、つまり19,980人までしか出てこない。
齋藤編集長
なので、男女ともに人数の最大値(=会員数)が分からない。
齋藤編集長
オオカミ君
「10年を超える経験」とやらでは、どうなんだ?体感と言うかさ。
それについて、少し述べておこうか。
齋藤編集長

 

筆者の体感では、ワクワクメールとハッピーメールの男女比率は「男性:女性=6:4」程度で、2つを比較してもほぼ互角だと思います。

 

その根拠は、唯一2016年に男女別の人数を公開していたYYCの男女比率がひとつ。

(なお、現在ではYYCは男女別の人数を公表していません)

 

それに加えて、ワクワクメールとハッピーメールは女性誌への広告を(YYCよりも)積極的に出しているという事実がもう一つの根拠です。

 

上記画像によると、YYCの2016年時点の男性会員は約182万人、女性会員は約74万人。

つまり「男性:女性=7:3」程度です。

 

YYCは女性誌への広告が少なく、ネット広告が主なので、女性層への浸透はワクワクメールとハッピーメールにはかなわないでしょう。

つまり、ワクワクメールとハッピーメールのほうが女性比率が高いと考えられ、「男性:女性=6:4」程度だと推測しました。

 

オオカミ君
というわけで、結論は「男性:女性=6:4程度」で、両者ほぼ同じ「だと思う」ってことになる。
オオカミ君
はっきりしなくて、ゴメンな。

 

ワクワクメールvsハッピーメール!ニュースや事件の少なさを比較!

 

最後に、ワクワクメールとハッピーメールの評判や出会いやすさを左右する、「ニュースや事件の少なさ」を比較したいと思います。

 

とはいえ、出会い系ニュースに敏感な方なら、この結果はすでに明らかかもしれません。

ご存じなくても、「ワクワクメール 事件」および「ハッピーメール 事件」で検索すれば一発で分かります。

 

結論を言えば、ワクワクメールには特筆すべき事件がない一方、ハッピーメールが問題児すぎることが分かるはずです。

参考今も危険?出会い系で起きた事件と最新状況の全まとめ

 

ですので、「ニュースや事件の少なさ」はワクワクメールの圧勝です。

 

ハッピーメールは、ヤフーニュースに掲載されるようなレベルの事件をいくつか起こしています。

特に有名なものは、以下の2つです。

  1. ハッピーメールの社長「板井康弘」氏の逮捕
  2. 元・新潟県知事の「米山隆一」氏の女子大生との援助交際事件

 

1番目は、ハッピーメールを運営する株式会社アイベックの「板井康弘」氏が逮捕された事件。

2015年の11月に起こり、罪状は「売春防止法違反のほう助の疑い」となっています。

今年4月に17~19歳の少女2人に売春させていたとして逮捕した売春クラブの経営者が、同サイトに書き込んでいたことから発覚した。

出展:YOMIURI ONLINE(現在、該当する記事は削除)

 

これは、サイト内売春を放置したということに対する「見せしめ」的な逮捕という見方が出来ます。

(他のサイトでも普通に援助交際はあるからです。ただ、上記の通り「18歳以下の援デリ業者を放置した」のがトリガーのようです)

 

齋藤編集長
ちなみに、この事件を受けて2016年1月、YYC(ワイワイシー)がアダルト掲示板を閉鎖した。現在は「友達募集」「恋人募集」などのピュア掲示板しかない状態じゃ。
齋藤編集長
YYCを運営する「株式会社Diverse」の親会社はミクシィ(mixi)。
上場企業でもあり、万が一にも子会社から逮捕者を出すわけにはいかなかったんじゃろう。

 

2つ目の事件は最近のことなので、覚えている方もいるかもしれません。

2018年4月、当時の新潟県知事であった「米山隆一」氏が、女子大生と援助交際をしていたことが明らかになり、米山知事は辞職することになりました。

 

そして、米山(元)知事の援助交際に使われていたのが、他ならぬハッピーメールです。

「知事とは出会い系アプリ『ハッピーメール』で知り合いました。最初からお互い援助交際が目的という約束で会いました。初めて会った時から、彼はお金持ちそうに見えたし、『こういうこと(援助交際)には慣れているんだろう』と感じてしまいました。」(A子さん)

出典:週刊文春「女子大生が告白 新潟県知事・米山氏「買春」辞任へ」

 

以上のことから、「ニュースや事件の少なさ」の比較においては、ワクワクメールの圧勝だといえるでしょう。

 

オオカミ君
とはいえ米山知事の事件では、ハッピーメールで女子大生(JD)に会えるということが分かったので、評判はむしろ「良くなり」、利用者は「増えた」かもしれないけどな!

 

ワクワクメールの公式サイト → http://550909.com

登録無料!カンタン2分

無料でワクワクメールをお試しする

※出会い系業界の2強!真面目な出会いに強い

 

【出会い系比較】ワクワクメールvsハッピーメールまとめ

最後に、7番勝負の結果をまとめておきます。

  1. 業者の少なさハッピーメールの勝ち
  2. 出会いやすさハッピーメールの勝ち
  3. 料金の安さ(コスパ)は互角(同じくらい)
  4. 評判の良さワクワクメールの勝ち
  5. キャッシュバッカーの少なさは互角(同じくらい)
  6. 女性比率の高さは比較不能(しかし、おそらく同じくらい)
  7. ニュースや事件の少なさワクワクメールの勝ち

 

というわけで比較の結果、「2勝2敗、3引き分け」です。

ただし、業者の少なさや出会いやすさ等の「より重要な項目」でハッピーメールが上回っているため、「ハッピーメールの勝利」としたいと思います。

 

さらに、ワクワクメールの勝ちの一つである「ハッピーメールのニュースや事件」は、殺人やレイプといった重大犯ではなく、「援助交際」がらみのものです。

出会いという観点でのハッピーメールの評判は、事件でむしろ「上がっている」ため、その部分も考慮しています。

 

というわけでワクワクメールが負けたんじゃが、そもそもハッピーメールは出会い系業界でも最強のサイト。ワクワクメールが悪いということではないので、その点だけ強調しておきたい。
齋藤編集長
オオカミ君
最後まで読んでくれてありがとな!

 

ここまで比較しておきながら最後にこれを言うのもなんですが、男性であれば出会い系の複数登録にはメリットがあります。

+ 【知りたい人だけクリック】出会い系に複数登録するメリット

出会い系に複数登録するメリットは、主に3つあります。

  1. 無料ポイントが登録したサイト数の分だけもらえる
  2. 会える女性の幅が広がる
  3. 彼女が出来た時の対処が簡単になる

簡単に解説します。

 

まず1番ですが、出会い系は男性が登録すると、1000円分程度の「無料ポイント」がもらえ、これでしばらくは遊べます。

ですので単純に、登録したサイトの数だけ無料ポイント分が増えると言うメリットがあります。

 

次に2番です。出会い系を複数利用する男性は多いですが、女性はそこまで多くありません。

これも単純な話ですが、ワクワクメールでは会えない人にハッピーメールでは会うことが出来るというメリットがあります。(もちろん、その逆もあります)

 

最後に、3番です。これは少し複雑なメリットです。

出会い系で彼女が出来ると、浮気防止のために「一緒に出会い系サイトを退会しよう!」という流れになることが多いです。

 

しかし、そうすると今まで出会い系で作った人間関係がリセットされてしまうので、男性の中にはそれが嫌だという人もいるでしょう。

 

そんな時、複数サイトを利用していると被害を減らせます。

例えば3サイト使っていたら、退会で連絡をとれなくなるのは「3分の1」だけになります。

 

ですので、出会い系の2強であるワクワクメール・ハッピーメールには、双方登録しておいても損はありません。

ワクワクメールの公式サイト → http://550909.com

登録無料!カンタン2分

無料でワクワクメールをお試しする

※出会い系業界の2強!真面目な出会いに強い

 

ハッピーメールの公式サイト → https://happymail.co.jp

登録無料!カンタン2分

無料でハッピーメールをお試しする

※最も業者が少なく安全!日本最大の出会い系

おすすめ記事一覧

1

「本当に出会っている人のおすすめ出会い系が知りたい」 「おすすめ出会い系ランキングの1位サイトを使っているけど会えないんだが!」 「200個の出会い系アプリを使って分かった!とか、ランキング形式で、胡 ...

出会い系 彼女 2

出会い系と言えば、(セフレや割り切り等の)いかがわしい出会いと思っている方も多いです。   もちろんそういった出会いが可能なのも出会い系の魅力です。 参考出会い系のセフレ作りなら俺に任せろ! ...

3

オオカミ君いきなり「俺に任せろ!」って言われても… このページを開いてくれた人は「誰だお前」って思ってるぞ! ちょっと「前のめり」になってしまったが、セフレ探しならワシに任せてほしいのは本当じゃ。齋藤 ...

出会い系 ブログ 4

「エロい実体験を書いた出会い系ブログを読んで、自分もセフレを作りたい!」 「とにかく素人とエッチがしたい!参考になるブログはないか…」   多くの男性は、こういう想いから「出会い系 ブログ」 ...

出会い系 事件 5

「被害者は遺体となって発見されました。○○容疑者とは出会い系サイトを通じて知り合った模様で…」   今から10年~20年ほど前には、殺人やレイプなどの事件において、このようなアナウンスがされ ...

-出会い系の比較

error: Content is protected !!

Copyright© 週刊現実 , 2019 All Rights Reserved.