出会い系コラム

私が合コンより出会い系をおすすめする理由5つ

合コン 出会い系

出会い系って、モテない奴がリアルの出会いがないからやるものだって思ってませんか?

 

オオカミ君
違うのかよ?たぶんそう思っている人、多いと思うぞ。
ワシの場合はそうなんじゃが、実はネット出会いはリアルの出会いがある人にもおすすめなんじゃよ。
齋藤編集長

 

実際に、私が会社勤めしていた時に出会い系の使い方を教えてあげた同僚は、合コンの時間を削って出会い系で知り合った女性と会うのに充ててましたからね。

 

というわけで、今回は社会人のリアル出会いの代表である「合コン」と出会い系サイト・マッチングアプリの出会いを比較してみたいと思います。

私は合コンより出会い系を圧倒的におすすめしているので、その理由を書く形で比較していきたいと思います。

 

5つありますので、順番に見ていきましょう。それでは、どうぞ。

 

結論

まず結論から書いておきます。

以下の5つの理由で、私は合コンより出会い系・マッチングアプリを推しています。

  1. 出会い系はセッティング不要で、ぼっちでも出会えるから
  2. 出会い系には競争相手が(少なくとも目の前には)いないから
  3. 出会い系はコミュ力だけの勝負ではないから
  4. 毎日合コンは難しいが、毎日出会い系は簡単だから
  5. 出会い系ではどんなタイプの異性にも出会えるから

 

それぞれ解説していきますね。

 

オオカミ君
基本的に男性向けに書いているけど、「男性⇔女性」「イケメン⇔美女」と読み替えてもらえれば、女性にも役に立つ記事だと思うぞ!

 

出会い系はセッティング不要

まず、出会い系はセッティング不要なのが強みのひとつだと思います。

 

もっと正確に言えば、友人・知人によるセッティングが不要なことですね。

 

齋藤編集長
さすがに自分でデートの約束をセットすることは必要じゃからな。

 

これは知り合いや友達が多い人からすると、あまりメリットではないかもしれません。

しかしながら、私のような「人生を通してぼっち気質」の人間からすると、合コンのセッティングってそうそうしてもらえるものではないですし、何より「されっぱなし」でいる訳にもいきません。

参考人間関係ゼロ。ぼっちで出会いがないなら出会い系。

 

オオカミ君
合コンに呼んでもらったからには、自分でも合コンを主宰しなきゃっていうプレッシャーが生まれてくるよな。

 

こういう「おごり、おごられ」というか、持ちつ持たれつでやっていく、というのは、普通のサラリーマンなら日常的にこなしていることなのかもしれません。

しかしながら、私のような社会不適合者からするとかなりキツいんですよね。

 

齋藤編集長
控えめに言って、無理じゃ。

 

私と同じような感覚をお持ちの方からすれば、出会い系サイトやマッチングアプリというのは、他人による、もしくは自分によるセッティング不要という意味での強みがあると思います。

出会い系のデートの約束なんて、気楽なものですよね。

 

競争相手がいない

私のようなぼっち気質の人間でさえ、合コンが楽しいと思う瞬間があります。

 

しかしながら、合コンには楽しいだけでなく、残酷な一面があります。

合コンは「競争」だからです。

 

一緒に参加したイケメンには全員から個別のLINEが届いているのに、自分には来ない・・・なんてこともあるでしょう。

 

オオカミ君
最近は、それはマナー違反で嫌われるけどな。

 

合コンで相手に気に入られること自体難しいことなのですが、それだけではダメです。

イケメンを含めて、他の競争相手の誰よりも「いいな」と思ってもらえないと、合コンを次につなげることはできません

 

一方、出会い系ではどうか。

出会い系では、1対1の関係を築いていく以外にはありません。そういう意味では、相手に気に入られるか、気に入られないか、二つに一つです。

 

齋藤編集長
もちろん、出会い系サイトでも競争相手がいないわけではないんじゃぞ。
ほかの出会い系男性ユーザーという競争相手がいるからな!
オオカミ君

 

しかしながら、競争相手が見えているか見えてないかは大きな違いですし、何より競争相手が強かったとしても、その競争相手より先に女性をゲットしてしまえばいいのです。

競争相手がイケメンだろうが金持ちだろうが、出会い系では先手必勝です。

参考出会いは先手必勝!善は急げ!早い者勝ちの世界!

 

齋藤編集長
ワシにとっては、出会い系での競争のほうがずっと気楽じゃな。

 

コミュ力だけの勝負ではない

合コンは「出会いの場」でもありますが、「盛り上がる飲み会」という性格も持ちます。

そのため、合コンではその場のコミュニケーション能力(コミュ力)が問われます。

  • 話は面白いのか、すべらない話ができるかどうか。
  • 周りに気を使える人に見えるのかどうか。
  • 場を盛り上げられるかどうか。

 

こういった能力に自信のある方からすると合コンは有利だと思いますが、逆に言えばこれが得意でない人からすれば不利な出会い方です。

どんなに誠実で真面目な出会いを求めている人であっても、多くの場合、盛り上げ上手なチャラ男に負けるのが合コンです。

 

出会い系であれば、「盛り上がる飲み会」的な性格はありません。

最低限の話ができるか、周りに気をつかえるかは見られると思いますが、その能力で勝負するわけではありません。

 

出会い系では、「このあと、一緒にやっていけそうな人なのか。一緒にいたいと思えるか」で判断されます。

盛り上げ上手なほうがいいですが、付き合っていくうえでの本質はそこではありません。

 

齋藤編集長
出会い系サイト・マッチングアプリでは、付き合っていくうえでの本質で判断されるのじゃ。
そっちのほうが合理的な気はするなあ。
オオカミ君

 

出会い系の最大頻度は無限大

「セッティング不要」と似ているメリットですが、出会い系で出会う頻度はあなた次第で無限大です。

私は出会い系の利用度合いに波があるのですが、一番出会い系を使っていたころは、出会い系で知り合った人に毎日出会ってました

 

齋藤編集長
文字通り毎日じゃ。平日含め。
マジかよ!
オオカミ君

 

しかし、合コンだと、よほど人脈がある人でもこうはいかないでしょう。

 

出会い系で出会える頻度は、無限大です。

やろうと思えば、毎日、複数の女性と出会うことさえ無理ではありません。

 

もちろん、複数サイトを最大限使う必要がありますが、わりと落ち着いた利用状況の今でも、土日に複数のアポが入ることはありますよ。

参考よく比較される出会い系を複数使う理由3つ。全部使えばいいじゃない?

 

どんな人にも出会える

以前、出会い系でエッチしやすい職業ランキングというものを作ってみたことがあります。

 

下品で申し訳ありません(笑)

しかしながら、私がなぜこんなものを作れたかというと、実際に出会い系では様々な職業の人に出会えるからです。

 

サラリーマンをやっていると、一般的にはOLとの合コンになると思います。業種はいろいろでも、相手はビジネスウーマンということが多いです。

しかしながら、出会い系ではどんな人にも出会えます。

 

まず、職業ランキングに書いたJK(女子高生)や看護師、人妻には確実に会えます。

看護師はあるかもしれませんが、人妻合コンや女子高生合コンの経験ってありますか?

 

齋藤編集長
ちなみに、ワシにはその経験はない。
オレもないな。でも、出てみたい!
オオカミ君

 

それ以外にも、いろいろな職業の方に会いました。

以前お話したハーフのモデルさんとか、大企業のお嬢様とか。他にも薬剤師さんとか、キャバ嬢とか。

 

少なくとも私がサラリーマンをしていた時には会えなかった方との出会いが、そこにはありました。

出会い系では、合コンと違ってどんな人にも出会えます。経験してみないとわかりづらいかもしれませんが、これってすごく楽しいことなんですよ。

 

齋藤編集長
これが、合コンと一番違うところかもしれんのう。
合コンって、ふつう友達伝手だから「違う世界の人」とは会えないもんな。
オオカミ君

 

まとめ:合コンより出会い系!

というわけで、合コンなんかしている暇が会ったら出会い系をしましょうという話でした。

 

ちなみに正直に言えば、合コンのほうが少し相手の顔面偏差値は高いと思います。

さすがに幹事もいろいろ考えるので。

 

オオカミ君
逆に言えば、幹事次第なんだけどな。

 

しかしながら、開催できる頻度まで考えると、可愛い子と付き合える可能性は合コンより出会い系のほうが高いですね。

ちょっと出会い系をおすすめしすぎてうざったいかもしれませんが(笑)、本当に人生変わるので試してみてください。

 

ただし、出会い系ならどれでもOKというわけではありません。(詐欺サイトもありますからね)

出会い系初心者の方は、こちらの記事で紹介した出会い系で始めるのがベストだと思います。

必須【2022年最新】おすすめ出会い系の目的別比較ランキング【15年の集大成】

  • この記事を書いた人

「週刊現実」編集長

週刊現実の編集長。15年以上をかけて、2022年までに出会い系で300人以上の女性と出会う。出会い系に関する知識・テクニックは日本有数のプロ(専門家)だと自負しており、出会い系人生の全てを込めて「日本一の彼女・セフレ作りWebマガジン」である週刊現実を発刊。

-出会い系コラム

© 2022 週刊現実