出会い系で不倫をする

不倫・浮気で使える言い訳ランキング10選

不倫 言い訳

こんな方におすすめ

  • 不倫・浮気で使える言い訳が知りたい
  • 不倫・浮気がバレづらい「外出の理由」「別の人といた理由」をでっちあげたい
  • 不倫がバレたが、どう言い訳をすればいいのか知りたい

 

不倫・浮気で使える言い訳が知りたいというニーズは根強くあります。

当メディアは出会いメディアなので、不倫・浮気を追求する側ではなく、不倫・浮気を隠す側(=不倫した人)のために情報を提供しています。

 

今回は、ネット不倫歴15年以上の経験から、不倫・浮気で使える言い訳について解説していきます。

 

「週刊現実」の編集長は誰なの?

  • 出会い系攻略の専門家。出会い系歴15年以上、出会った女性は500人以上。本名は齋藤さん
  • 特に「セフレや不倫相手の作り方」「サクラのいないおすすめ出会い系」「業者の見分け方」「パパ活」に詳しい
  • 「現実」「真実」「誠実」を理念とし、出会い系専門メディア「週刊現実」を立ち上げ

結論

まず、本記事の結論から記載します。

不倫・浮気で使える言い訳ランキング10選は、以下の通りです。

  1. 仕事が忙しい(出張等)
  2. 仕事の相談を受ける
  3. 取引先の人に誘われた
  4. ソロキャンプのため(不倫旅行)
  5. 趣味で外出の必要がある
  6. 友人と会う
  7. 体調が悪い
  8. 友達にスマホを操作された・迷惑LINEに対処していた
  9. 遠方の親戚と会う
  10. スマホがおかしい・SNSが乗っ取られた

 

以下の記事に書いた通り、不倫・浮気の出会いが欲しいのであれば、2024年現在の日本では出会い系一択です。

参考日本最強の不倫サイト・浮気サイトをプロがご紹介します。

 

出会い系の中でも、不倫・浮気に向いているのは、以下の3つです。

 

オオカミ君
それぞれの出会い系について、簡単に補足しておくぜ。

 

PCMAXは、間違いなく「最もエッチな出会いがしやすい出会い系」です。

その理由は、新規登録者およびアクティブユーザー数の多さ。出会い系の中で最も安いことや、エッチな出会いに強いわりに業者が少ないことも特長です。

登録無料!カンタン2分

無料でPCMAXをお試しする

※コスパ最強!出会いやすさも安さも圧倒的No.1

 

ハッピーメールは、累計会員数3,000万を誇る、日本最大手の出会い系です。

出会い系の中で最も万能であり、真面目な出会いにも強いです。また、業者の少なさも出会い系業界でトップであるため、初心者でも安心・安全に出会える出会い系です。

登録無料!カンタン2分

無料でハッピーメールをお試しする

※最も業者が少なく安全!日本最大の出会い系

 

ミントC!Jメール(Jメール)は、PCMAXやハッピーメールと並ぶ出会い系界の3強であり、2000年から運営している老舗です。

Jメールは出会い系の中でも最も女性比率が高いため、出会いやすいです。PCMAXに次いでエッチな出会いに強いこと、無料で使えるログインボーナスが大きいこともおすすめポイントです。

登録無料!カンタン2分

無料でミントC!Jメールをお試しする

※出会い系業界の3強!女性比率No.1、エッチな出会いに強み

 

本記事の結論は以上です。

不倫・浮気に使える言い訳について詳しく知りたい方は、続きもぜひお読みください。

 

不倫・浮気で使える言い訳ランキング10選

不倫・浮気で使える言い訳ランキング10選を改めてご紹介すると、以下の通りです。

  1. 仕事が忙しい(出張等)
  2. 仕事の相談を受ける
  3. 取引先の人に誘われた
  4. ソロキャンプのため(不倫旅行)
  5. 趣味で外出の必要がある
  6. 友人と会う
  7. 体調が悪い
  8. 友達にスマホを操作された・迷惑LINEに対処していた
  9. 遠方の親戚と会う
  10. スマホがおかしい・SNSが乗っ取られた

 

オオカミ君
状況によって使えるもの・使えないものがあるから、純粋なランキングとは言えないんだけどな。
それぞれ、解説していくのじゃ。
齋藤編集長

 

仕事が忙しい(出張等)

不倫・浮気で使える言い訳の中でも最もポピュラーであり、万能でもあるのが「仕事」です。

仕事が言い訳に使えるシチュエーションは、以下の通りです。

  • 帰宅が遅い
  • LINEやメールを返さない
  • 宿泊の必要ができた

 

オオカミ君
仕事は、デートから不倫旅行まで、ほぼありとあらゆる不倫の言い訳に使えるんだぜ。
とはいえ、残業はともかく、出張があるかどうかは会社や職種によるので、人によっては使いにくいことが欠点じゃな。
齋藤編集長

 

仕事の相談を受ける

仕事の中でも、部下や後輩からの相談を受けていた、という言い訳は使いやすいです。

特にこの言い訳を使うべきシチュエーションは、以下の通りです。

  • 不倫相手とデートの必要ができた
  • 若い女性(=不倫相手)と歩いていたところを見られた
  • 若い女性(=不倫相手)と食事していたのを見られた

 

オオカミ君
「仕事の相談」は不倫の予定を作るための言い訳にも使えるし、目撃された時の言い訳としても使えるぜ。

 

取引先の人に誘われた

仕事シリーズの最後が、取引先の人に誘われたことを言い訳とするものです。

これもかなり万能であり、配偶者が自分の同僚について詳しい場合にも使えます。

 

オオカミ君
配偶者が取引先まで把握しているケースってのは、かなり少ないからな。
一方で、社内結婚の場合など、同僚が把握されているケースは多いのじゃ。
齋藤編集長

 

特にこの言い訳を使うべきシチュエーションは、以下の通りです。

  • 不倫のために時間を確保したいが、後でばれたくない
  • 不倫を目撃されており、なおかつ、不倫相手を「同僚」「友人」などとごまかすことができない
  • 配偶者と自分の人間関係がかなり重複しているため、「配偶者の知らない人」と一緒にいた言い訳をするのが難しい

 

齋藤編集長
通常、取引先との関係は深くないので、後で嘘がバレることが少ないのもポイントじゃ。

 

ソロキャンプのため(不倫旅行)

次にご紹介する「趣味」は、モノによっては不倫・浮気の言い訳に使えますが、特に使えるのがソロキャンプです。

宿泊の必要性が発生する趣味は少ないですが、その数少ない例外が「キャンプ」なのです。

 

昨今のソロキャンプのブームを用い、「趣味なのに宿泊をする」という荒業を自然に行えるのがソロキャンなのです。

当然ながら、この言い訳を使うべきシチュエーションは、以下の通りです。

  • 不倫旅行に行きたい時
  • 不倫相手とホテルに泊まりたい時

 

オオカミ君
まあ、パートナーがキャンプ好き・アウトドア好きの場合だと、一緒に来たがるから使いにくいんだけどな。

 

趣味で外出の必要がある

そもそもキャンプの趣味がない人がほとんどでしょうし、趣味が配偶者に知られている人も多いでしょう。

その場合には、自分の趣味をどうにか「外出」につなげられないか、一度考えてみることです。

  • 登山(アウトドア系):登山に行く、等
  • スポーツ:練習がある、試合がある、合宿がある、等
  • スポーツ観戦:観戦に行く、スポーツバーに行く、等
  • 音楽:フェスに行く
  • オンラインゲーム:オフ会に行く
  • アニメ・ゲームなど:イベントに行く
  • ブログや投資など:塾やセミナー等への参加

 

オオカミ君
オレ、ぶっちゃけ無趣味なんだよな。出会い意外には興味がないぜ。
その場合でも、手はあるのじゃ。
齋藤編集長

 

あなたのキャラに合っているものを選ぶことが前提ですが、今から趣味や副業を作るという手もあります。

例えば「バー巡り」という趣味や「ビジネスホテルを紹介するブログの運営」という副業が不倫・浮気に役立つことは分かりやすいでしょう。

 

友人と会う

友人と会う、というのも、不倫・浮気のポピュラーな言い訳です。

特に、以下の場合には、この言い訳は(宿泊以外であれば)非常に効果的です。

  • 自分の友人関係を、妻に把握されていない場合
  • 自分の友人と妻に、接点がない場合

 

齋藤編集長
交友関係やキャラによっては、「同性の友達と旅行に行く」という言い訳も通用するじゃろうな。

 

体調が悪い

相手の「心配する気持ち」につけ込んだ手口ですが、体調が悪いという言い訳もあり得ます。

これは主に、離れた場所にいる配偶者から疑われた場合(疑われそうな場合)に使います。

  • 配偶者が外出しがち(残業や出張が多い等)な場合
  • LINEやメールが返ってこないことを配偶者から不審がられた場合

 

不倫相手と会っていて、連絡がとれないことをいぶかしがられた時に大きな効果を発揮する言い訳です。

 

友達にスマホを操作された・迷惑LINEに対処していた

当メディア「週刊現実」では何度もご紹介していますが、不倫がバレる原因の第1位はスマホです。

浮気がバレた理由人数と割合
1位:スマホを見られた18人(約42%)
2位:一緒にいるところを目撃された9人(約21%)
3位:知人からばらされた5人(約12%)
4位:罪悪感で自分から言った4人(約9%)
5位:浮気調査をされてバレた3人(約7%)
その他4人(約9%)

出典:探偵BLUE「男女200人に聞いた!浮気がバレた理由ランキングTOP5」

 

配偶者にスマホのLINE履歴等をがっつり見られてしまうと「打つ手なし」という場合も多いのですが、一瞬見られただけなら対処できます。

それは「友達にスマホを操作された」または「迷惑LINEに対処していた」というものです。

 

この言い訳であれば、以下のようなシチュエーションに対処できます。

  • 自分がエッチなことや不倫関連のことについて不倫相手に送っているLINEを配偶者に見られた
  • 不倫相手がエッチなことや不倫関連のことについて自分に送っているLINEを配偶者に見られた

 

遠方の親戚と会う

配偶者に知られていないような、遠方だったり疎遠だったりする親戚と会うというのも不倫・浮気の言い訳に使えます。

 

とはいえ、そう何度も使える言い訳ではないですし、泊まりになるのはかなり不自然です。

もし配偶者から怪しまれた場合には、そんな親戚が実在するのかどうか、自分の家族に確認されかねません。

 

齋藤編集長
使えないこともないんじゃが、あまりおすすめはしないのじゃ。

 

スマホがおかしい・SNSが乗っ取られた

スマホ(特にLINE履歴やメール履歴)を見られた際の対処は、1つではありません。

すでにご紹介した「友達のいたずら」「迷惑メール・迷惑LINE」に加え、「スマホがおかしい」「SNSが乗っ取られた」という主張をするという手もあります。

 

ただし、これはかなり無理のある言い訳ですので、今回ご紹介する言い訳の中では最もおすすめ「しない」ものになります。

 

齋藤編集長
できれば、「友達のいたずら」か「迷惑メール・迷惑LINE」で済ませた方がよいのじゃ。

 

不倫・浮気が完全にバレた時の言い訳は1つだけ

不倫・浮気がバレると、修羅場になることはほぼ間違いないですし、離婚や家庭崩壊、慰謝料請求のリスクもあります。

ですので、そもそも不倫・浮気は、バレないようにやるものです。

 

よって、基本的には今まで述べた「言い訳」を使って、あくまで不倫・浮気を否定するのが王道です。

しかし、「もう逃れられない」「完全にバレた」という場合もあるでしょう。その場合には、事実上、以下の言い訳一択です。

  • 「浮気は一度だけ、愛しているのはキミだけ。もう絶対にしない」

 

相手の女性のせいにしたり、男は浮気するものと開き直ったりする手もありますが、おすすめしません。

基本的には「1度不倫をしたことは認めるが、本命はあなたであり、改心したのでもうしない」と示すのが王道です。

 

齋藤編集長
これが相手の怒りを増幅させず、最も簡単に収拾をつけやすい言い訳じゃ。
当たり前だけど、普通の言い訳で切り抜けられそうなら、最初から認めてしまう必要はないんだぜ。
オオカミ君

 

不倫・浮気の出会いが欲しい場合の方法

以下の記事に書いた通り、今から不倫・浮気の出会いが欲しいという場合には、出会い系一択です。

参考日本最強の不倫サイト・浮気サイトをプロがご紹介します。

 

別の記事に書いていますが、Twitterやマッチングアプリは、不倫・浮気の出会いという意味では悪手です。

参考不倫でTwitter(X)はやめとけ!その理由と代替案をプロが解説

参考Tinderで不倫はやめとけ!その理由とネット不倫のやり方を解説

 

とはいえ、出会い系は99%が詐欺サイト・詐欺アプリという世界であるのも事実です。

ですので、サクラのいない優良出会い系で、なおかつ不倫・浮気の出会いに強い出会い系を使う必要があります。

 

その条件に当てはまる出会い系は、以下の3つです。

 

Jメール(ミントC!Jメール)は、女性比率が最も高い出会い系です。

伝統的に不倫や浮気、割り切りやセフレなど、グレーな出会いに特化した出会い系であるため、不倫の出会いなら最有力候補です。

登録無料!カンタン2分

無料でミントC!Jメールをお試しする

※出会い系業界の3強!女性比率No.1、エッチな出会いに強み

 

ハッピーメールは、累計会員数3,000万、日本最大の出会い系です。

規模が大きいだけではなく、業者が最も少ないという意味でもおすすめです。特に業者対策に自信がない出会い系初心者の方にはおすすめです。

登録無料!カンタン2分

無料でハッピーメールをお試しする

※最も業者が少なく安全!日本最大の出会い系

 

PCMAXは、男性料金が最も安い出会い系です。

男性料金が最も安いだけではなく、Jメールに次いで不倫などのエッチな出会いに強いため、おすすめです。

登録無料!カンタン2分

無料でPCMAXをお試しする

※コスパ最強!出会いやすさも安さも圧倒的No.1

 

まとめ:不倫・浮気の言い訳は仕事関係か趣味が無難

不倫・浮気の言い訳は、仕事関係か趣味が無難です。

特に宿泊の場合には、出張やソロキャンプ、友人との旅行など言い訳が限られるため、よくよく考えておくべきでしょう。

  • この記事を書いた人
「週刊現実」編集長

「週刊現実」編集長

出会い系専門メディア「週刊現実」の編集長。出会い系のプロ(専門家)として、経験に基づき記事を執筆。出会い系歴は15年以上、2024年までに出会った女性は500人以上。本名は齋藤さん。プロのおすすめする出会い系サイト・アプリはこちら

-出会い系で不倫をする

© 2024 週刊現実