出会い系攻略メディア「週刊現実」は、日本一の彼女・セフレ作りWebマガジンを目指します。

週刊現実

出会い系攻略の基礎知識

出会い系失敗談!~出会えない、ヤレない、返信ない~

更新日:

この「週刊現実」を立ち上げたのち、様々な観点から「出会うための方法」や「おすすめの出会い系」について書いてきました。

 

そんな中、上から目線で「こうすれば会える」「これを使うべし」という記事ばかり書いているような気がしてきました。

だから詐欺に遭うんだよ」「だから出会えないんだよ」みたいなヤツです。

 

実はワシも、たくさん失敗して「出会い系をうまく使える」ようになったんじゃ。
齋藤編集長
オオカミ君
最初からうまく行くやつなんてほとんどいないよな!

 

今現在は10年以上出会い系を使っており、ぶっちゃけ「15年選手」だったりするのですが、最初のころは失敗しまくりでした。

+ 【知りたい人だけクリック】このサイト「週刊現実」の筆者は誰なの?

Webマガジン「週刊現実」編集長 齋藤のプロフィール

2000年代、出会い系勃興期に出会い系にハマる。

とはいえ、最初はサクラ(美女のふりをしてメールをするアルバイト)だらけの詐欺サイトに騙されに騙され、サクラに「数万円」つぎ込んでからのスタート。

 

やっとの思いで「ワクワクメール」にたどり着き、ハッピーメール、PCMAX、ラブサーチ、マッチドットコムなどの複数サイトを用いて出会い活動を続ける。

以後、10年以上をかけて、2018年までに出会い系で300人以上の女性と出会う。

 

現在は、投資で生計を立てながら、出会い系で女性と出会い続ける日々。

要は、定職につかず出会い系に人生をかけた人間。自分でもヤバい人間だとは思うが、その分出会い系に関する知識・テクニックは日本有数の「プロ(専門家)」だと自負している。

 

2018年7月、出会い系人生のすべてを籠めるべく「日本一の彼女・セフレ作りWebマガジン」である週刊現実を発刊。

記事にもたまに出てくる「齋藤編集長」が筆者である。

 

ですので、今回は「筆者自身の失敗談」をお話します。

 

この「失敗談」記事は攻略記事ではなくあくまで体験談なので、ストレートに「出会えない理由」「ヤレない理由」が分かる構成の記事ではありません。

そういった記事をご所望の方は、以下の記事がおすすめです。

参考出会い系で出会えない人必見!出会えない12の理由まとめ

参考これが本音。出会い系でエッチ出来る人と出来ない人の違い5つ

 

しかしながら、当記事は「他人(=筆者)が実際に犯した失敗」ですので、その逆をいけば出会うことが出来ます。

ストーリー仕立てというか、ストーリーそのものなので、読みやすい面もあるかもしれません。

 

「出会い系を始めたけど、全然会えない!」

「エッチが出来るって聞いたからPCMAXに登録したのに、ヤレる気配がないんだが…」

「出会えない・ヤレない以前に返信が来ないんだけど、どうすりゃいいんだ?」

 

こういう方は、ぜひ当記事をお読みいただければと思います。

おそらくですが、あなたには過去の私と同じような過ちを犯している可能性があります。

 

オオカミ君
「人の振り見て我が振り直せ」で、自分の出会いに活かしてくれるとありがたいぜ!

 

それでは、早速参りましょう。

出会い系失敗談1:渋谷センター街で待ち合わせたけど来ない!

時は15年以上前。

筆者がまだまだ若く、完全無料で「伝説の出会い系」と呼ばれたスタービーチなどが全盛期だったころのことです。(年齢がバレますね)

参考完全無料の出会い系に登録!しかし出会えない方へ重大なお知らせ

 

「出会い系で出会う」という概念が流行り始めた時期ですね。

そんな中、筆者も早速出会い系サイト流行のおこぼれにあずかろうと、今は亡き「とある出会い系」に登録しました。

 

そのサイトは今思えば料金が高く、メール送信が1通当たり50pt(=500円)でした。

しかしながら、在籍しているのは選び抜かれた美女ばかりで、そこが気に入って使っていました。

 

さらに、こちらと出会うことにも、エッチをすることにも積極的な子が多かったのです。

そもそも、筆者が送ったメールが返信されないことがなかったですし、まるで「美女全員が自分のことを愛している」のではないかという勢いでした。

 

写真もアップロードしていなかったというのに、不思議じゃの~(棒読み)
齋藤編集長
オオカミ君
結末が見えているとはいえ、哀れだぜ…

 

夢心地の中、私はある美女と「セックスをする約束」をすることに成功

肝心のアポイントメントを取ろうとした際、手持ちのポイントが切れるなどのトラブルはありましたが、無事に約束の日の当日になりました。

 

忘れもしません。

待ち合わせは、渋谷センター街近くの「とある自動販売機前」でした。

 

当時は「スマホ」などという気の利いたものはありません。

連絡先交換もしていなかったので、一度外に出たら、その女の子とのやり取りは不可能でした。

 

約束の時間になりました。

周りを見渡すと、写真とは違うものの割とかわいいギャルが。

 

声をかけてみると、不審がられて逃げられました

・・・違ったみたいです。

 

その後、軽く30分以上は待ったと思います。

待てど暮らせど、会う約束をした美女は現れませんでした

 

もちろん、帰宅してから「なぜ来なかったのか?」とメールを送りました。

理由を聞いているのに、相手は「ごめん」と謝るばかり。

 

自分の聞きたいこと(来なかった理由)を聞くためのメールにもお金がかかり、ちょうどポイントが切れたので、また入金。

そして、やっと「直前になって、生理が来てしまった」ためだと分かりました。

 

ここでようやく、筆者は「なんかおかしい」と思い始めます。

何もかも、「ポイントを使わせようとしている」としか思えない…と。

 

そして、使っていた出会い系サイト名で検索。

すると、そのサイトは有名な「サクラしかいない詐欺サイト」だと分かったのでした。

 

失敗しないために:サクラのいない優良サイトを使う

賢明な読者の皆様は最初から気づいていたかもしれませんが、これがまさに「サクラのいる詐欺サイト」の手口です。

 

詳しくは「サクラがいない出会い系は実在する!騙されないための完全ガイド」に書いていますが、こういったサイトは組織的に運営された「詐欺業者」です。

 

私が「美女」だと思ってやりとりしていたのは、詐欺業者の社員、もしくはアルバイト。

「美女」自体は、ネットで拾ってきた可愛い子の写真です。

 

齋藤編集長
元々、会える確率「ゼロ」の勝負だったってことじゃな。

 

彼らはこちらの「残りポイント数」も把握しており、それが無くなるころを見計らって「会う約束」や「こちらが聞きたい話」をします。

こちらは、返事をするのにも「ポイント」が必要なので、悪質業者にお金を払ってしまう、というわけです。

 

こういった「サクラのいる詐欺サイト」にだまされたくない方は、以下のボタンをクリックして特徴と手口のご一読をおすすめします。

+ 【知りたい人だけクリック】サクラのいる詐欺サイトの特徴(見分け方)は?

サクラのいる詐欺サイトの特徴はいくつかありますので、ここでは簡単にご紹介しましょう。

  1. サイト名がエロい
  2. 身分証明書の提示等による年齢認証や、携帯電話認証がない
  3. 女性の登録者からメールがガンガン届く
  4. 利用規約がおかしい

これらについてきちんと説明すると、それだけで1記事書けてしまいます。ですので、ここでは簡単に解説します。

 

まず、サイト名がエロいと、素人女性は登録しません。
素人女性がいないということは…サクラを使うしかないということです。つまり詐欺になります。

 

次に、詐欺サイトの悪質運営業者にはコンプライアンスや法令順守の考え方はありません。
そもそも、オレオレ詐欺をやっている連中の副業のようなものですから。

ですから、身分証明書の提示等による年齢認証や、携帯電話認証などというものはまずありません。

 

3つ目、残念ながら、普通の出会い系では男性からアプローチするのが普通です。
女性からメールが届くこともありますが、着過ぎることはイケメンでもまずありません。

登録してすぐにガンガン女性からアプローチがあるのは、悪質な詐欺サイトの証です。

 

最後に4つ目、読む人はいないと思いますが、利用規約がおかしいです。

他サイトへの同時登録ならまだいい方で、「このサイトはバーチャルでのやりとりを楽しむものです」みたいなふざけた規約(完全にサクラサイトだと認めて開き直っている)ものもあります。

 

とはいえ、詐欺サイトを使わないためには、「優良サイトを知っていればOK」でもあります。

以下の優良サイトを覚えておき、他のサイトは使わないようにすれば大丈夫です。

編集長直伝!優良出会い系

オオカミ君
出会い系業界では「詐欺サイトのほうが多い」から気を付けるんだぜ!

 

出会い系失敗談2:現役女子大生のえみちゃんがいない!?

サクラだらけの詐欺出会い系では出会えないと理解した筆者。

当時、まだあまり一般的ではなかった(?)ネットサーフィンをして、優良出会い系を探しました。

 

その結果、運命の出会いをします。

そう、現在でも高い頻度で使っている出会い系、「ワクワクメール」との出会いです。

 

出会い系選びは、今思い返しても完ぺきです。(今は「ハッピーメール」の方を良く使っていますが、ワクワクメールでも全然OKです)

これで、どんどん素人女性と出会えるはず。大逆転劇の始まりです。

 

というわけで、ガンガン女性にアプローチしていきます。

 

その結果、一人のエロい女性とお知り合いになることが出来ました。

えみちゃん」という女子大生(JD)です。

 

当時(2000年代前半)はまだ「iモード」の時代です。

LINEなどというものはなく、キャリアメール(~~@docomo.ne.jp)で連絡先交換し、やり取りをしていました。

 

齋藤編集長
読者の中には分からない方もいるかもしれんが、昔の「ドコモのガラケー」は、iモード対応のホームページだけにアクセスするのが普通だったんじゃ。

 

連絡先交換をした、次の日。(だったと思います)

 

えみちゃんから、こんな提案が。

「このケータイ、私のじゃないの。お母さんのを借りてたんだけど、もう返さなきゃだから、連絡できなくなっちゃう」

 

筆者は顔面蒼白です。

なにせ、やっとつかんだ「連絡先交換まで済ませた、可愛い女子大生」なんですから。

 

しかし、えみちゃんは「だから、別のところで連絡とりあおう?」とステキな提案をしてくれました。

知らず知らずのうちに、結構気に入られていたようです。

 

別の出会い系サイトも使っているそうで、そちらでメッセージ交換をすることになりました。

そのサイトは、えみちゃんが長く使っているサイトだということでした。

 

早速教えてもらった出会い系サイトに登録しますが……

入ってみると、なんというか「見たことのある感じ」がしました。

 

オオカミ君
おおっと…?

 

料金が、ワクワクメールだと「1通50円」だったのに、そこでは「1通500円」となっています(!)

さらに、ワクワクメールとは違い「エロ女性」がガンガン誘いをかけてくるスタイルでした。

 

やや鈍感な私も、これはさすがに気付きました。

ここは、以前使っていたのと同じジャンル、つまり「詐欺サイト」だと。

 

齋藤編集長
一度、すでにだまされているからのう。

 

案の定、えみちゃんを探しても、見当たりません。

こうして私は、「優良出会い系に入り込んだ『業者』の被害に遭った」のでした。

 

失敗しないために:優良出会い系にも業者がいるので避ける

というわけで、失敗体験談のとおり、だまされました。

ワクワクメールを使ったまでは100点だったかと思いますが、業者の知識がゼロだったため、あえなく撃沈。

 

当サイトの読者ならご存知かと思いますが、今回(というか十数年前)筆者をだましたのは、業者です。

業者は大きく4種類くらいいるのですが、その中でも「他サイト誘導業者」と言うタイプです。

 

実は筆者、業者の中でもメインの「援デリ業者」にはだまされたことがありません。

「えみちゃん事件」以降、業者についても調べ、その手口を知っていたためです。(知識は力ですね)

 

優良出会い系にはサクラはいませんが、素人にまぎれて「外部業者」が入り込んでいます。

この外部業者をどこまで避けられるかが、出会い系で素人女性に会えるかどうかの分かれ目なのです。

 

詳しくは以下の記事を参考にしてください。

参考業者は優良出会い系にもいるぞ!見分けて避けるための全知識

 

出会い系攻略において、業者対策は非常に重要です。

もし業者に詳しくないのであれば、少なくとも以下の内容をご覧になっておくことを強く推奨いたします。

+ 【知りたい人だけクリック】出会い系の「業者」の特徴と避け方は?

サクラが「悪質サイトのみ」に生息するのに対し、業者の住処は「優良出会い系サイトや無料出会い掲示板」です。

(つまり、優良出会い系サイトを使う限り、ずっと付いて回る問題です)

 

サクラと同じく、業者の目的はカネです。

ですがその「カネの稼ぎ方」は業者により様々で、大きく以下の4パターンに分かれます。

  1. 援デリ業者
  2. 他サイト誘導業者
  3. 個人情報収集業者
  4. その他業者(宗教やマルチ等)

これらの「業者」はそれぞれ、以下の手段でお金を稼ごうとしてきます。

  1. 素人のふりをして売春を持ち掛ける
  2. 他の出会い系や悪質サイトに登録させて紹介料を稼ぐ
  3. メールアドレスやラインIDをリスト化して、(迷惑メールの送信先として)別の業者に売る
  4. 入信させたりマルチ商法の末端会員にして稼ぐ

 

サクラは「悪質出会い系の中で、メールをさせてお金を稼ぐ」人たちです。

一方、業者は「カラダを売ったり、別のサイトに誘導したり、個人情報をリスト化して売ったり、マルチに勧誘したり」と儲ける手段が多彩です。

 

業者の対処法は難しくありません。

お金の話が出たら縁を切る、外部誘導されたら縁を切る、宗教の勧誘やビジネスの勧誘を受けたら縁を切ることです。

 

ただ、個人情報収集業者だけは見分けづらいです。(最後まで普通の女性を演じることが多いため)

ですので、あらかじめ出会い系専用として、ヤフーメールなどで「捨てる前提の無料メールアドレス」を用意しておくのがいいでしょう。

 

誤解のないように再度強調しておきますが、「失敗談」とはいえ、ワクワクメールを選んだ点は完ぺきでした。

 

以下の記事にもあるとおり、ワクワクメールは出会い系の中でもハッピーメールと並び「万能」な出会い系であり、業者の少なさもトップクラスなのです。

参考10年使って分かった!おすすめ出会い系の目的別ベストまとめ

 

ワクワクメールを使ってさえ「業者」にやられてしまったというのは、ひとえにこの頃の筆者の「レベルの低さ」によります。

 

逆に言えば、こういうレベルの人間でも、知識や経験によって「300人」以上に会うことができるようになるということです。

あなたも必ず会えるようになりますので、ご安心ください。

 

ワクワクメールの公式サイト → http://550909.com

登録無料!カンタン2分

無料でワクワクメールをお試しする

※出会い系業界の2強!真面目な出会いに強い

 

なお、現在ではワクワクメールよりもハッピーメールを使っています。

微妙な差ではあるのですが、業者の少なさ、出会いやすさ、そして実績でワクワクメールより上回るからです。

 

ハッピーメールの公式サイト → https://happymail.co.jp

登録無料!カンタン2分

無料でハッピーメールをお試しする

※最も業者が少なく安全!日本最大の出会い系

 

出会い系失敗談3:返信がない!なんで?なんで?なんで?

返信がない。

送れど送れど、まったく反応がない。

 

出会い系において、これほど辛いことはないですよね。

 

「サクラ」と「業者」について知り、その避け方まで学んだ筆者。

あとは「素人女性」しかいないはずだからと、大量にメールを送りました。

 

・・・

 

待てど暮らせど、反応なし。

当時あった「送信ボックス」という部分を見ても、自分は確かにメールを送っています。

 

齋藤編集長
「送信できていないのでは?」とまで思い、そこまで確認したんじゃ。

 

何が悪いのだろうか?

考えても考えても、分からない。

 

「ワクワクメールは優良出会い系である」ってこと自体、ガセネタだったのか?

そう思いかけたことすら、ありました。

 

これも検索することで、あっさり解決しました。

そこで見た真実の文章とは…

 

「エロい文章を送っても、素人は反応してくれない」

ということでした。

 

そう。

筆者は、性欲全開のエロいメッセージばかりを送り付けていたのです。

 

オオカミ君
なんでそんなことをやっちゃったんだよ!?
今まで「サクラ」「業者」としか接していなかったため、「出会い系ではエロいやり取りをするもの」と頭にすり込まれていたんじゃろうな。
齋藤編集長

 

失敗しないために:相手は普通の女の子。常識的な「はじめまして」を

というわけで、サクラや業者とばかり関わっていたせいで、出会い系と言えば「エロ」だと勘違いした男の悲劇をお送りしました。

 

実際には、出会い系にいるには会社や学校にいる同僚と同じ、普通の女の子です。

「誰でもいいからエッチしたい!」などというAVのような痴女はいないので、普通にあいさつして、普通に仲良くなり、出会ってから口説く必要があります。

 

この辺りは、今でも「ハメ撮り系の出会い系体験談ブログ」のせいで勘違いしている人は多いので、気を付けたい部分ですね。

参考出会い系ブログは信じるな!ハメ撮りLINEエロ写メ体験談の嘘

 

齋藤編集長
思えばこの頃、出会い系でつまづくたびにネット情報に助けられた。
齋藤編集長
その「恩返し」として、10年以上たった今現在、今度は「教える側」に回っているのかもしれないのう。

 

出会い系失敗談4:初デートは某ネズミの遊園地?

さて、ここまでの失敗により、ようやく「素人女性と出会う」段階までたどり着いた筆者。

 

オオカミ君
おお、やっとか!
長かったが、なんとかここまで来たな。
齋藤編集長

 

サクラや業者と違い、素人女性は気まぐれで、それぞれ性格も大きく異なり、大変でした。

しかし、それをクリアし、ついにデートの約束を取り付けることが出来ました。

 

記念すべき最初のデートは…某ネズミのテーマパーク。

そう、ディ〇ニーランドでした。

 

オオカミ君
おいおい、さすがに嘘だろ?
残念ながら本当じゃ。以下の記事にも書いた。
齋藤編集長

参考出会い系で初デート!チャンスを逃さない面接対策のすべて

 

相手の女性は悪い子ではなかったのですが、完全に「タイプではない」子でした。

会話もあまり弾まず、スプラッシュマウンテンの「100分待ち」がきつかった覚えがあります。(ビッグサンダーマウンテンだったかな?)

 

その後も、八景島シーパラダイスやら、サンリオピューロランドやらを歴訪。

(それぞれ、相手は別の子です。単に浮かれてたんですね)

 

その中で、一つ気づいたことがあります。

 

それは、「テーマパークは付き合ってからでいいな」ということじゃ(笑)
齋藤編集長
オオカミ君
もっと早く気づけよ!アホか!

 

失敗しないために:最初のデートは食事が最適

というわけで、これは筆者以外ではあまり聞いたことがない失敗談です。

 

出会い系では、メールでは意気投合しても、会ってみると微妙…ということがつきものです。

逆に、メールでは微妙で、「面倒だけど会ってみるか」と思った子が、会ってみると相性が良いこともあります。

 

メールでの印象と会ってからの印象は異なる、ということですね。

 

だからこそ、最初のデートは飛ばし過ぎない。

お互いに、相手の「会ってからの印象を確認する」だけで十分なのです。

 

その結果たどり着いた、初回デートのベストな選択肢が「食事」です。

その理由は、以下です。

  • お互いに顔や体型、服装や髪型を確認できて好みかどうかわかる
  • 話すこともでき、どういう人なのかの性格や相性も分かる
  • 仮に相性が悪くても、ほどほどの時間で終わるのでダメージが少ない

 

食事デートでまずは相性を確かめる。

そして、2~3回目のデートで深い仲になることを目指す。(彼女orセフレ)

 

これが出会い系の王道です。

くれぐれも、いきなり「夢と魔法の国へご招待」はしないことをおすすめします。

 

出会い系失敗談5:おごり前提で無限にパクパク。しかも

これは「失敗談」というより個人的な私怨に近いかもしれません。

 

オオカミ君
というわけで、あんまり興味がなければ飛ばしちゃっていいぞ!

 

基本的に、筆者は女性には「おごる」ことにしています。

別に女性におごるのが「普通」だとは思っていませんが、ライバルたちは結構おごっているので、少しでも好感度を上げて競争に勝つためです。

 

女性と言うのは、デートではそこまでたくさん食べません。

彼氏とのデートならともかく、初対面の男との初回デートでは、「意地汚い」「食いしん坊」と思われるのがイヤで、あまり食べない子がほとんどです。

 

しかし、どんなことにも例外はいます。

 

就活生(大学3年)のある子は、おごりだと分かった途端、ちょっと普通ではない勢いで肉を焼き始めました。

(その日は、焼肉でした)

 

そこまでの会話や、顔も「イマイチどころかイマ10くらい」だったので、これには腹が立ちました。

この時点で帰っても良かったのですが、一応、最後まで紳士的に付き合いました。

 

結果、結構な金額をおごることに。

相手も「イマイチな男だったけど、ご飯食べられたな」と思っているかもしれないので、諦めました。

 

しかしながら、次の日から連絡ラッシュ。

実は、相手の女性は筆者のことを非常に気に入っていたようなのです。(その2年後くらいまで連絡が来るレベル。ほぼストーカーでした)

 

齋藤編集長
あまりの食べっぷりに、「せめて食事で取り返そう」としているんだと思ったんじゃが、そうではなかったようじゃ。

 

気に入った異性の前で、あの食欲

世の中には頭のおかしな女性がいるな、と思いました。

 

失敗しないために:常識がないヤツからは即撤退すべし

この失敗談は、他とは異質です。

おそらく、筆者の文章力では「なんでコイツ、そんなに腹立ててんの?器小さくね?」と思われてしまったかもしれません。

 

イメージとしては、以下のポイントの相乗効果です。

  • なんとなく受け付けない顔の系統や、話し方
  • おごりだと知ったとたんに食べまくる浅ましさ
  • ヤケ食いかと思いきや、後日ストーカーに(こちらへの好感度は高い)

 

人によって、常識というものは異なります。

今回の失敗談を「べつにフツーじゃん」と感じる方もいらっしゃるでしょう。

 

しかしながら、「自分の常識」から外れた人は相手にしない方がいいのは誰にとっても共通だと思います。

 

出会い系では、東大卒の子にも会えます。

中卒の子にも会えます。

 

齋藤編集長
実際、その両方に出会ったことがある。

 

学歴に限らず、出会い系ではどんな育ち(バックグラウンド)の子とも会うことがあります。

そんな中で、「自分とは常識が違う」子に会うこともあります。

 

そして、筆者の10年以上にわたる経験によれば、「常識がない」と思った相手からは、「常識がない」と思った瞬間に離れるのがベストです。

 

今回の話で言えば、紳士的に「帰らず」「文句も言わず」にいたことで、お金は減るわ、ストーカー化されるわで散々でした。

これに限らず、常識が違う子に無理やり合わせて会うと、不愉快な事態を招くことが多いです。

 

出会い系失敗談6:クンニ地獄。「セックスが合わない」もある

最後に、ワクワクメールとの出会いから数年たった頃の失敗談を一つ。

相手は、確か「ハッピーメール」で出会った子だったかと思います。

 

どうせ男性向けの当サイトをその子が読むこともないので具体的に言えば、短大卒で「COACH(コーチ)」の店員をしている子でした。

その時はローテーションで高島屋に出勤していると言っていました。

 

ブランドの店員さんって、(ブランドの格にかかわらず)結構可愛い子が多いですよね。

実際、その子も可愛かったです。

 

当時も彼女はいたのですが、マンネリ期に入っており、新しい出会いを探していました。

(※ 前提として、筆者は出会い系に命を懸けた「ゲス人間」です)

 

その子は、非常に明るくてカラオケが好き。

何度目かのデートで、お付き合いしないまま、カラオケでディープキスや手マンなどまで至ることが出来ました。

 

そしてそのまま、ついにラブホテルへ。

 

繰り返し言っておくが、これはすでに「初心者」をとっくに脱出してからの話じゃからな!
齋藤編集長
オオカミ君
最初からこういう「いいこと」ばかり味わうのは難しいもんな。

 

ホテルに着き、一緒にお風呂に入ることになりました。

ここで、筆者にとって「驚きの事態」が起きることになります。

 

相手の子が、突然アソコを筆者の前に突き出し、「舐めて」といったのです。

 

オオカミ君
一般的には「ご褒美」なんじゃないのか?
まあ、そうなのかもしれんし、少なくともその子の「元カレ」はそれが好きだったんじゃろう。しかし…
齋藤編集長

 

しかし、筆者はいわゆる「クンニ」があまり好きではありませんでした。

もちろん少しくらいなら大丈夫ですが、好んではしません。

 

変なニオイもなく、数分間は舐めました。

そこでいったん舐めるのをやめると、彼女から衝撃の言葉が。

 

私、クンニでしかイケないの。イクまでに1時間くらいかかるけど、いいよね?

 

・・・マジか。

 

控えめに言って無理。

 

俺、ぶっちゃけクンニ好きじゃないんだよ。

 

1時間とか冗談だよな?

 

というような言葉が次々に頭に浮かんでは消え、浮かんでは消えました。

ただ、とにかく無心で目の前のマ〇コを舐めていた覚えがあります。

 

齋藤編集長
ちなみに、相手のアソコは清潔だったと思う。そこが問題ではないんじゃ。

 

もちろん、「好きな人にとってはご褒美」なのは分かっていましたが、私にはその嗜好がないどころか、いつもクンニはしない方でした。

その時、「自分とは違うプレイ」を受け入れるほどの愛情がまだなかったのも悪かったです。

 

かなり頑張ったつもりですが、お互いに「性癖が合わないな」と思った(に違いない)セックスとなりました。

 

失敗しないために:セックスの相性も大事

今回の話は失敗談とは言えないかもしれません。

 

実際、この子は可愛い上にエロく、性格も明るくて申し分なかったです。

はっきり言って、今の彼女から乗り換えようかと思っていました。

 

オオカミ君
ゲス野郎!

 

しかし、乗り換える寸前で、乗り換え先の女性とは「決定的に合わない」と分かったという失敗談です。

 

筆者は割とノーマルな性癖を持ち、「セックスが合わない」という経験がそれまでありませんでした。

ですので、このことで「セックスの相性も大事」という言葉の意味を知りました。

 

もし、あなたが筆者の様に出会い系にハマり、女性を天秤にかける「ゲス行為」をするようになったなら、思い出してください。

男女には「セックスの相性」というものがあり、それを確認してからものごとを決めるべきだということを。

 

まとめ:出会い系では、失敗を避けると出会えるようになる

以上、「出会えない」「ヤレない」「返信ない」の「3ない」を全て経験した筆者の失敗談でした。

 

全ての失敗を経験した人も少ないと思うが、一つも失敗しないで出会いまくれるようになる人も少ないと思う。
齋藤編集長
オオカミ君
そういう人はセンスがあって羨ましいぜ!

 

出会い系は、こういった「失敗」をいかに避けるかが肝要です。

失敗を避けてしまえば、あとはカンタンに出会えるようになるからです。

 

特に「使っているサイトがダメ」という失敗は致命的ですので避けましょう。

 

初心者の方であれば、今であれば「ハッピーメール」から始めると失敗が少ないと思います。

無料で試せますし、業者が少なく、出会いやすいためです。

 

ハッピーメールの公式サイト → https://happymail.co.jp

登録無料!カンタン2分

無料でハッピーメールをお試しする

※最も業者が少なく安全!日本最大の出会い系

 

おすすめ記事一覧

1

「本当に出会っている人のおすすめ出会い系が知りたい」 「おすすめ出会い系ランキングの1位サイトを使っているけど会えないんだが!」 「200個の出会い系アプリを使って分かった!とか、ランキング形式で、胡 ...

出会い系 彼女 2

出会い系と言えば、(セフレや割り切り等の)いかがわしい出会いと思っている方も多いです。   もちろんそういった出会いが可能なのも出会い系の魅力です。 参考出会い系のセフレ作りなら俺に任せろ! ...

3

オオカミ君いきなり「俺に任せろ!」って言われても… このページを開いてくれた人は「誰だお前」って思ってるぞ! ちょっと「前のめり」になってしまったが、セフレ探しならワシに任せてほしいのは本当じゃ。齋藤 ...

出会い系 ブログ 4

「エロい実体験を書いた出会い系ブログを読んで、自分もセフレを作りたい!」 「とにかく素人とエッチがしたい!参考になるブログはないか…」   多くの男性は、こういう想いから「出会い系 ブログ」 ...

出会い系 事件 5

「被害者は遺体となって発見されました。○○容疑者とは出会い系サイトを通じて知り合った模様で…」   今から10年~20年ほど前には、殺人やレイプなどの事件において、このようなアナウンスがされ ...

-出会い系攻略の基礎知識

error: Content is protected !!

Copyright© 週刊現実 , 2019 All Rights Reserved.