出会い系攻略メディア「週刊現実」は、日本一の彼女・セフレ作りWebマガジンを目指します。

週刊現実

出会い系で彼女を作る方法

月額定額制出会い系を徹底攻略!特徴や料金、使い方やおすすめ

更新日:

出会い系と呼ばれるサイトには、大きく分けて二つあります。

ポイント制出会い系と、月額定額制出会い系です。

 

筆者自身は、ワクワクメールというポイント制出会い系に出会って、出会い系にハマってしまった人間です。このサイトでもメインとしてはポイント制出会い系をご紹介しています。

+ 【知りたい人だけクリック】このサイト「週刊現実」の筆者は誰なの?

Webマガジン「週刊現実」編集長 齋藤のプロフィール

2000年代、出会い系勃興期に出会い系にハマる。

とはいえ、最初はサクラ(美女のふりをしてメールをするアルバイト)だらけの詐欺サイトに騙されに騙され、サクラに「数万円」つぎ込んでからのスタート。

 

やっとの思いで「ワクワクメール」にたどり着き、ハッピーメール、PCMAX、ラブサーチ、マッチドットコムなどの複数サイトを用いて出会い活動を続ける。

以後、10年以上をかけて、2018年までに出会い系で300人以上の女性と出会う。

 

現在は、投資で生計を立てながら、出会い系で女性と出会い続ける日々。

要は、定職につかず出会い系に人生をかけた人間。自分でもヤバい人間だとは思うが、その分出会い系に関する知識・テクニックは日本有数の「プロ(専門家)」だと自負している。

 

2018年7月、出会い系人生のすべてを籠めるべく「日本一の彼女・セフレ作りWebマガジン」である週刊現実を発刊。

記事にもたまに出てくる「齋藤編集長」が筆者である。

 

しかし、セフレや不倫・浮気などのエッチ目的の出会い「ではない」のであれば、月額定額制出会い系という選択肢も大いにあり得ます

 

特に、マッチングアプリや婚活サイトを使うくらいであれば、筆者は月額定額制出会い系のほうが良いと100%確信しています。

 

オオカミ君
結婚でも、婚活サイトより月額定額制出会い系なのか?マジか?
マジじゃ。その理由はこの記事をお読みいただければお分かりになるはずじゃ。
齋藤編集長

 

今回は、真面目な出会いに最高に使える「月額定額制出会い系」のすべてをご紹介します。以下に当てはまる方であれば、この記事は間違いなくお役に立てるはずです。

この記事はこんな方におすすめ

  • 真面目な出会いがしたい。たくさんの人と出会い、最高の人と付き合いたい(結婚したい)
  • お金のことを気にせずに済む「月額定額制」の料金システムに関心がある
  • マッチングアプリや婚活サイトでは満足に出会えなかった
  • サクラや業者にはもううんざりだ

 

それでは、早速参りましょう。

月額定額制出会い系とは何か?特徴と料金システム

月額定額制出会い系の特徴

まず、月額定額制出会い系とは何か、その特徴についてご説明します。

 

一般的に「出会い系」と呼ばれるハッピーメールやワクワクメール、PCMAX等は、「ポイント制出会い系」と呼ばれており、「メール1件で50円」のような料金体系になっています。(従量課金制)

 

月額定額制出会い系は、これとは真逆の料金システムです。

月当たりの料金で契約することとなり、例えば「月3,000円」を毎月支払うことで、女性へのメールがし放題、という料金体系になります。

 

インターネットのサービスは、こういった「月額定額制」の料金を取っている場合が多い。
齋藤編集長
オオカミ君
例えば、HuluとかAmazon Prime、sonar-uやPlayStation Nowとかだな!

 

料金システムだけでなく、他にも様々な点でポイント制出会い系とは異なります。

代表的な違いで言えば、以下の通りです。

  • 真面目な出会いや婚活に特化している(大人の出会い機能がない)
  • 女性からも料金を取っている場合があり、その場合は「業者」がほぼいない

 

まとめますと、「定額料金」「真面目系」なのが特徴で、サイトによっては「業者」がほぼいないということになります。

 

【具体例】「マッチドットコム」「ラブサーチ」の料金システム

月額定額制出会い系の実際の料金はどの程度なのかについてもお話します。

 

ここでは、月額定額制出会い系業界の2強である「マッチドットコム」「ラブサーチ」の料金表を掲載します。

  マッチドットコム ラブサーチ
1か月プランの料金 3,980円/月 3,980円/月
3か月プランでの1か月あたりの料金 2,793円/月(合計8,379円) 3,800円/月(合計11,400円)
6か月プランでの1か月あたりの料金 2,467円/月(合計14,802円) 3,000円/月(合計18,000円)
12か月プランでの1か月あたりの料金 1,750円/月(合計21,000円) 2,000円/月(合計24,000円)

 

ご覧いただくと分かるとおり、概ね「2,000~4,000円」の月額料金です。

月額定額制出会い系においては、利用期間を一括契約で長くすればするほど、1か月あたりの料金は下がっていきます

 

定額制出会い系の中でも安い「マッチドットコム」で12か月契約にすると、なんと1か月1,750円で利用することが可能となります。

 

オオカミ君
じゃあ、出来るだけ長期間での利用にした方がいいのか?
いや、必ずしもそうとは限らないんじゃ。
齋藤編集長

 

長期利用にすればするほど安くなる仕組みですが、以下の2点にはご注意ください。

  • 一度契約した期間を短くすることはできない
  • 月額定額制出会い系では、1~2か月で彼女が出来る(これは筆者の場合)

 

というわけで、例えば半年契約をして「1週間」で彼女が出来た場合、残りの「約5か月と3週間」は無駄になってしまうかもしれません。

実際、ラブサーチの公式サイトには、以下のような事例が掲載されています。

  • 出会いから結婚まで4か月の体験談
  • 初メールから交際まで1週間の体験談

 

もちろん、常にこのようにうまく行くわけではないのですが、不必要に長く契約する必要はありません。

筆者のおすすめは、マッチドットコムの3か月プランです。

 

1か月プランと3か月プランを比較して、「3,980円→3,800円」にしか割引にならないラブサーチとは違い、マッチドットコムでは「3,980円→2,793円」と料金が大幅に安くなります。

さらに、多くの人は3か月あれば彼女が出来ると思います。

 

1か月に30名しかアプローチできない「マッチングアプリのPairs」でさえ、平均4か月で交際に発展しています。

 

1か月に何百人でもアプローチできるマッチドットコムやラブサーチであれば、Pairsより短い期間で彼女が出来るのは必然です。

 

とはいえ、時間がなかったり、自信がなかったりする方もいるでしょう。

そういう方は、ご自身の事情に合わせて半年プランや12か月プランを選択しても良いと思います。

 

齋藤編集長
1か月プランは上級者向けじゃ。延長せざるを得なくなる人が多いと思うので、おすすめはしない。

 

マッチングアプリや婚活サイトとの違いは?

月額定額制出会い系と比較されることが多い(混同されることも多い)のが、マッチングアプリや婚活サイトです。

 

これらの違いについては、以下の比較表を参照してください。

  料金システム ネット出会い以外のサービス メッセージや「いいね」の回数制限 具体例
月額定額制出会い系 月額定額(安い) ない ない マッチドットコム、ラブサーチ
婚活サイト 月額定額(高い) パーティー等(有料オプション) ある 楽天オーネット、ツヴァイ
マッチングアプリ 月額定額(安い) ない ある Pairs、ゼクシィ縁結び

 

婚活サイトは、とにかく高額ですがネット出会い以外のサービス(婚活パーティーやコンシェルジュ、お見合い等)も可能なことが特徴。(ただし、それらは有料オプションになります)

 

マッチングアプリは、月額定額制出会い系とほぼ同料金で、「いいね!」というシステムを採用しており、その「いいね!」の回数に制限があるのが特徴です。

 

オオカミ君
男女がお互いに「いいね!」し合ったらメッセージ交換ができるようになるシステムだぜ!
いきなり変なメッセージをもらったり、大量のメッセージをもらったりすることがないので、女性には人気のシステムじゃ。
齋藤編集長
しかしながら、ぶっちゃけ男性側にはあまりメリットのないシステムじゃな。
齋藤編集長

 

月額定額制出会い系のメリットとデメリット

月額定額制出会い系のメリット

月額定額制出会い系には、メリットとデメリットがあります。

 

まず、メリットからいきましょう。

  • メールが無制限である
  • たくさんメールする人にとっては異常に安い
  • 真面目な出会いが簡単である
  • サイトによっては業者がほぼいない

 

これら4つのメリットについて、順番にご説明していきます。

 

まず、メールが無制限です。

 

オオカミ君
「月額定額制」なんだから当然だろ!
しかし、ポイント制出会い系から始めた人にとってはカルチャーショックじゃよ。
齋藤編集長

 

これは当たり前のことですが、非常に大きなアドバンテージです。

ハッピーメールやワクワクメールのようなポイント制出会い系をやっていると、「片っ端から全員にメール出来たら、彼女なんて一気に5人くらい出来そうだけどなあ」と思うものですが、その夢は定額制出会い系で実現します。

 

次に、メール無制限と近いことですが、出会い系に時間をかけられる人からすれば、異常に安いです。

 

ポイント制出会い系では、メール1通50円が相場です。

マッチングアプリでは、「いいね!」1回100円です。(月額3,000円でPairsを使った場合)

 

それに対し、月額定額制出会い系の料金は「自分次第」です。

筆者であれば、少なくとも月々100人にはアプローチしますので、月額3,000円で計算すると「メール1通30円」です。(実際には、その後のメッセージ交換も無料なので、もっと安くなる計算)

 

もちろんこれは最低限の数であり、これより多くアプローチすることのほうが多いので、そうなると「メール1通が10円」程度になってきます。これは圧倒的に安いです。

 

次に、真面目な出会いのために作られています。

ポイント制出会い系のように、「大人の掲示板」や「エッチ動画投稿」などのコーナーがあったりはしません。

 

ただひたすらに「素人が出会うための機能」に特化しています。

そのため、業者も寄り付きにくく、アプローチのほとんどが「素人に届く」というのが強みです。

 

最後に、月額定額制出会い系の一部は、女性も有料です。

女性が有料だと、「女性として入ってくる業者」の採算が合わなくなってきます。(月額料金を支払う必要が出て来るため)

 

その結果、業者がほぼいない状況になります。

女性も有料であるマッチドットコムでは、ほとんど業者が存在しません。(探せば見つかりますが、あまり目に触れることはありません)

 

マッチドットコムの公式サイト → https://jp.match.com

サクラも業者もいない唯一の出会い系

無料でマッチドットコムをお試しする

※ギネスブック掲載!世界最大の出会い系

 

月額定額制出会い系のデメリット

次に月額定額制出会い系のデメリットをご説明します。

  • メールの返信率が少し悪い
  • 使わなくてもお金がかかる
  • エッチ目的の出会いは難しい
  • やたら「有料オプション」がある

 

デメリットについても、順番に解説していきます。

 

まず、メールの返信率が(若干ですが)悪いです。

男性からのメールが無制限ですから、女性からすればメールが届きすぎてメール1通あたりの価値が落ちてしまうのでしょう。

 

とはいえ、そのせいでメールをする女性に事欠くかと言えばそんなことはありません。

女性もお金を払っているわけなので、「いい男性いないかな?」ということは意外ときっちり見ています。

 

筆者の経験としても常時2桁の女性とメールのラリーが出来ていますので、あまり気にならない人が多いと思います。

 

次に、使わなくてもお金がかかる点があります。

ポイント制出会い系のような従量課金とは違い、定額制なので女性にアプローチしなくてもお金がかかります。

 

これは、二つの意味で重要です。

まず、仕事が忙しくて出会いに時間を割けない時には、月額定額制出会い系には登録しないこと。

 

もう一つは、出会いまでの時間を長く見積もり過ぎて「1か月で彼女出来ちゃったよ、半年契約だからあと5か月残ってるけど彼女から退会迫られてる」という状態になりがちなことです。

 

齋藤編集長
ワシ自身、この2パターンは両方経験しているので、注意が必要じゃ。

 

さらに、基本的に真面目な出会いに特化していることが挙げられます。

これは人によってはメリットですが、エッチな出会いも望んでいる場合にはデメリットでしょう。

 

「遊びの出会い」「セフレ」などの関係に持っていくには、出会ってから口説くスキルが必要です。(相手は真面目な出会いだとしか思っていないため)

 

というか、基本的にはエッチ目的ならポイント制出会い系を使ったほうが圧倒的にラクに出会える。わざわざ月額定額制を使う必要はないんじゃ。
齋藤編集長
オオカミ君
「セフレの作り方」の記事も参考にしてくれよな!

参考出会い系のセフレ作りなら俺に任せろ!実際に成功した4つの方法

 

なお、マッチドットコムが「真面目な出会い」の理念のもとに作られていることは、マッチドットコム関係者による不倫サイト「アシュレイ・マディソン」への批判でも分かります。

Match.comの創設に携わったコンサルタントのトリッシュ・マクダーモットが「失意、結婚生活の破壊、家族関係への損傷で成り立つビジネス」と非難した。

出典:Wikipedia「アシュレイ・マディソン」

 

最後に、これはラブサーチというよりマッチドットコムですが、やたらたくさんの「有料オプション」があります。

  • 無料会員の女性も自分に返事が出来る機能:2,100円/月
  • プロフィールを相手によって選択して公開するプライベートモード:2,800円/月
  • メールの既読が分かる機能:684円/月
  • 検索結果の中で目立つ機能:686円/月
  • 新規会員に優先的に紹介してくれる機能:686円/月

 

オオカミ君
どれも結構良さそうじゃんか!商売がうまい!
個人的には、プライベートモード以外の機能はすべて出会いのために役立つ、魅力的なオプションだと思う。
齋藤編集長

 

結局、筆者は「無料会員の女性も自分に返事が出来る機能」に手を出してしまいました。

しかしながら、この機能だけで料金が倍近くになる計算です。

 

これは、「こういうオプションも付けられます」ということですので、一般的にはデメリットではないかもしれません。

 

ただし、こういった有料オプションを使い過ぎて後悔してしまいそうな方や、逆にこういう「あざとい」商売が嫌いな方はいると思うので、情報として掲載しました。

 

オオカミ君
マッチドットコムは、「安いから登録したはずが、気が付くと月額5,000円越え!」とかもありうるので注意だぜ!

 

月額定額制出会い系に登録すべき人とは?

まず、ここまでに述べた月額定額制出会い系のメリット・デメリットを再掲します。

 

月額定額制出会い系のメリット

  • メールが無制限である
  • たくさんメールする人にとっては異常に安い
  • 真面目な出会いが簡単である
  • サイトによっては業者がほぼいない

 

月額定額制出会い系のデメリット

  • メールの返信率が少し悪い
  • 使わなくてもお金がかかる
  • エッチ目的の出会いは難しい
  • やたら「有料オプション」がある

 

月額定額制出会い系がどんな方におすすめできるかについては、これらのメリットとデメリットから分かります。

結論を言えば、以下のような方は月額定額制出会い系がおすすめです。

月額定額制出会い系はこんな方におすすめ

  • 真面目な出会いや、婚活目的である
  • 現在、出会い系の利用に集中的に時間を割くことが出来る状況である

 

真面目に、一気に彼女を作るのであれば月額定額制出会い系に勝るものはありません。

実際、筆者もいつもはゆるゆると「ワクワクメール」「ハッピーメール」などで可愛い子がいないか探していますが、彼女と別れたりした場合には「マッチドットコムモード」に入ります。

 

オオカミ君
「マッチドットコムモード」ってなんだよ!(笑)
その名の通り、マッチドットコムで1か月程度で彼女をつくる試みじゃ。大体は成功することが多いんじゃぞ。
齋藤編集長
オオカミ君
まあ、編集長は「出会い系」に生活時間のすべてを投入する変態だからな!

 

なんで他の婚活攻略ブログや出会い系攻略ブログでそう言わないのか不思議なのですが、筆者の10年以上にわたる経験では「婚活サイトよりよほど婚活に向いているのが、月額定額制出会い系サイト」だと断言できます。

 

安い上に、異性に対するアプローチの回数制限もありません。

婚活パーティーなどのサービスを利用したい方は、婚活サイトに頼らずともパーティー専門の「エクシオ」などに自分で申し込めばOKです。

 

オオカミ君
そう考えると、婚活サイトのアドバンテージってあんまりないな。
ごくごく一部の、「身元確認の徹底が絶対必要!」という方くらいじゃろうな。
齋藤編集長

 

月額定額制出会い系の攻略方法(使い方)

月額定額制出会い系の攻略方法は、以下のようなポイント制出会い系の攻略方法とは少々異なります。

参考プロが教える!出会い系攻略の全知識

 

ですので、今回は月額定額制出会い系に特化した攻略方法(出会い方)を解説していきたいと思います。

 

プロフィールを充実させる

まず、月額定額制出会い系は「婚活サイト」に近い面がありますので、「誠実なプロフィール」が重要です。

 

オオカミ君
ほとんどの人は、相手のプロフィールを見てから「返信するかどうか」を決めるからな!

 

とはいえ、「会社員です。良い出会いがないかと思って登録しました」などと、ありきたりなことを書いても仕方ありません。

多くの人は会社員ですし、良い出会いを探していない人は出会い系に登録しません。

 

ですから、ある程度「フック」というか、誰かに引っかかる可能性がある特徴を入れることです。例えば、以下のようなものは「フック」になりえます。

  • 職業や好きな動物
  • 出身の都道府県や、詳しい経歴
  • その他、他の人と違っている好ましい面

 

職業は差別化しやすいですし、好きな動物は女性には受けがいいです。

女性は男性と違い、「この人は安全なのか?」という目で男性のプロフィールを見ています。

 

そこに対し、「ネコ好き・犬好き」というのは安心感の塊です。

実際はそんなこともないのかもしれませんが、多くの女性が「動物好きに悪い人はいない」と思っています。

 

 

これは、ワシのGmailに届いていたラブサーチからのメールのキャプチャーじゃ。名前とかはぼかしているがな。
齋藤編集長
オオカミ君
おお、見事に「犬好き」で返信もらってるな!

 

さらに、出身の都道府県や詳しい経歴も「本当のことを言っている」と信頼を得るための自己開示という意味で有効です。プロフィール情報については、(個人が特定できない範囲で)出来る限り詳しいほうが、明らかに返信率が上がります。

 

その他、「他の人と違っている好ましい面」があるのであれば、載せておいた方がいいでしょう。

 

読む異性があなたに興味を持てる内容かどうか、という視点で自分のプロフィールを見直すと良いと思います。

 

あなたがどんなに「実はいい男」であっても、出会い系ではプロフィールからそれが伝わらないと意味がありません

プロフィールが微妙では、「メッセージ交換をする」というスタートにすら立てないからです。

 

齋藤編集長
ワシの経験からしても、「会ってみると魅力的な女性なのに、プロフィールは平々凡々だった」ということが結構あるからのう。

 

月額定額制出会い系でのプロフィール写真はどうする?

もう一つ重要なのが、プロフィール写真です。

 

月額定額制出会い系は、婚活サイトやマッチングアプリに近い作りです。

ポイント制出会い系では載せなくても大丈夫だった写真ですが、月額定額制出会い系ではその必要性がぐんと上がります。

 

顔に自信がまったくない場合は、載せると返信率が下がりますので、載せないのも手です。

ただしそれ以外は、若干の加工を施してでも載せておくべきでしょう。

 

笑顔の写真や、斜めから撮った写真など、自分なりの「奇跡の一枚」を投入するか、若干の加工写真を載せるかの2択だと思います。

顔写真以外の写真やプリクラは、男性の場合には返信率を落とすのでやめておきましょう。

 

こちらの記事で、出会い系の写真掲載について徹底解説していますので、参考にしていただければ幸いです。

参考出会い系の写真はどうする?ブサメン歴30年が写メ交換を解説!

 

サイト別の機能を使いこなして出会いに結び付ける

プロフィールや写真がうまくできたら、アプローチです。

アプローチする相手の見極めについては次の項目で扱いますので、ここではサイトごとの機能を知っておく重要性について解説します。

 

例えば、月額定額制出会い系の「マッチ・ドットコム」を例にとって説明します。

 

マッチ・ドットコムでは、以下の2つのアプローチ方法があります。

  • プロフィール検索(詳細検索)
  • デイリーマッチ(Singled Out)・両想いマッチ・思われマッチ

 

これはある意味では「攻め」と「受け」ともいえる構成です。

 

まずは、「攻め」から。

男性であれば、プロフィール検索(詳細検索)から好みの女性の属性を選び、検索結果に出た女性に片っ端からアプローチしていくのが王道です。

 

以下のようにかなり細かく指定して検索できます。

  • 性別
  • 地域
  • 年齢の範囲
  • 写真、ログイン、証明書の有無
  • 身長や体型、身体的特徴
  • 結婚歴、子供の有無
  • 人種、学歴、言語
  • 職業、年収
  • 信仰、政治観

 

人種や信仰まであるのはアメリカ発の出会い系らしいですね。

検索したのち、出てきた女性のプロフィールを見て、良さそうならすべてアプローチします。

 

その際、「完全にコピペ(=他の人と同じ文章)」だとバレると返信率は落ちます。

ですので、基本はコピペしつつも、相手の名前を複数回入れたり、相手のプロフィールに反応する部分を入れたりしつつ送信していくのが肝心です。

 


 

次に「受け」です。

マッチ・ドットコムに限らず、月額定額制出会い系では「レコメンド」機能があります。

 

このレコメンド機能、マッチ・ドットコムでは「デイリーマッチ」と呼ばれていますが、要は相性のいい相手を毎日紹介してくれるのです。受け身でいても出会いが飛び込んできます。

 

デイリーマッチでは、マッチドットコムが「あなたが好きなのはどっち?」などの機能で各ユーザーの好みを把握し、「双方ともにOKになる確率が高いであろう」と判断された会員を出しているようです。

外資系企業らしい合理的な仕組みです。

 

実際、筆者もこの「デイリーマッチ」から恋が始まったことが何回もあります。

ポイント制出会い系には役立たず機能も多いのですが、月額定額制出会い系は「完全有料」なだけあって使える機能が多いです。

 

デイリーマッチの中には「Singled Out」というイチオシが1人だけ含まれていることもあります。

他にも、「両想いマッチ」や「思われマッチ」という機能もあります。

 

データ分析や統計に基づくこれらの機能は、月額定額制出会い系、特に「マッチ・ドットコム 」の強みですので、ぜひ利用しましょう。

 

齋藤編集長
ラブサーチにも「キューピッドメール」などの受け身でもなんとかなる機能はある。
齋藤編集長
ただし、マッチドットコムほど豊富にはないので、ラブサーチでは基本的に検索から自分でアプローチしていくことになる。

 

「勝てる」相手を見極める

月額定額制出会い系では、検索結果やプロフィールを見て良さそうならすべてアプローチしても構いません。

定額ですから、その戦術が効果を発揮します。

 

しかしながら、無駄にアプローチしたくない方、時間のない方もいると思います。

そういう方は、「勝てる」相手を見極める必要があります。

 

見極めるポイントは、主に以下の3つです。

  • 相手が有料会員かどうか
  • よくログインしているかどうか
  • なんとなく見たことがある相手かどうか

 

相手が有料会員なのか、よくログインしている相手なのかは重要です。

もちろん、有料会員だったり、頻繁にログインする人だったりする方が出会いに積極的です。(というか、相手が無料会員だとやり取りできません)

 

有料会員かどうかの見分け方は、クレジット証明がされているかどうかを見ます。

 

ログインについては、「オンライン中」「24時間以内」とかになっている人の方が、「3週間以上前」とかの人より返信率は高いです。(ただし、すでに意中の相手がおり、頻繁にやり取りしている確率も高いです)

 

最後に、「なんか見たことがある人だな」という場合は要チェックです。

おそらく「デイリーマッチ」等のレコメンド系の機能で見かけたことのある相手なのだと思いますが、相手も「この人良く表示されるな」と思っていることがあります。

 

要は、あなたの顔が「運命を感じやすい顔」とか「安心感があると感じられる顔」になっている可能性があるんですね。

見たことがある顔の相手とは、つながりやすいです。

 


 

なお、悪い意味で「見たことがあるプロフィール」の場合もあります。

これはいわゆる「業者」の場合です。

 

マッチドットコムには少ないですが、いわゆる「業者」のプロフィールは何パターンかしかありません。

ですから、出会い系に慣れるにつれて既視感を覚えてくるようになるはずです。

 

プロフィール文章が、異性受けだけを狙った「見たことある」文章の場合には、相手は業者かもしれません。注意してください。

 

業者について詳しく知りたい場合には、以下の記事を参考にしていただければ幸いです。

参考業者は優良出会い系にもいるぞ!見分けて避けるための全知識

 

おすすめは、まずはプロフィール文章を100個くらい読んでみることじゃ。
齋藤編集長
それによって、「素人の文章」「業者の文章」はもちろんのこと、「返信が来そうな文章」「来なさそうな文章」までだんだん掴めて来るはずじゃ。
齋藤編集長
オオカミ君
めんどくさいけど、効果はありそうだな。

 

メッセージ交換で仲を深める

ファーストメール(最初のメール)に返信がもらえたら、お互いの興味や共通点を中心に会話をすすめます。

 

ポイント制出会い系と違い、メッセージ交換にお金がかからないので、ある程度盛り上がっているのであれば、サイト内で長めにやり取りを続けても構いません。

 

とはいえ、相手も自分も「出会うため」にわざわざ月額定額制出会い系に登録しています。

ですから、ある程度時間がたってもメールをダラダラ続けるだけで全く誘う気配がないと、相手の方が不満を持ってしまうケースがあります。

 

ですから、隙あらば出会いにつなげることが重要です。

筆者の場合、一番簡単なのは「食事の話題をふって、相手が食いついたら『じゃあ今度行かない?』と誘う」方法です。

 

技巧も何もあったものではないですが、これは最も確実ですし、自然です。

概ね10通くらいやり取りしてからであれば、この提案が断られることはあまりありません。(相手も、一度は「どんな人間か?」を自分の目で確かめてみたいはずですから)

 

なお、月額定額制出会い系では、あまり拙速に連絡先(LINE IDやメールアドレス)を交換しようとしない方がいいです。

サイト内で充分「無料で」やり取りができますし、女性側も「わざわざ外に出たがるなんて業者かしら?」と疑ってくることがあります。

 

とはいえ、あまりに長い間交換していないと「いつの間にか退会」で連絡が取れなくなることもありますので、2~3週間くらい経過したら交換を切り出すのがおすすめです。

 

デート対策は全ネット出会い共通

デート対策については、以下の記事にて解説しています。

参考出会い系で初デート!チャンスを逃さない面接対策のすべて

 

上記の参考記事では主に「ポイント制出会い系」での出会いを想定してはいますが、デート対策の方法はネット出会い共通です。(婚活サイトでも、マッチングアプリでも変わりません)

 

本当は参考記事をお読みいただきたいのですが、時間のない方のために重要な点のみまとめておきます。

  • 初デート(面接)は食事デートがおすすめ
  • 服装やニオイコントロールで清潔感を出し、失点を防ぐ
  • いい子に会って落とせるかはぶっちゃけ運。複数の女性を追い、心の余裕を持つ
  • 「優しい」は作れる。紳士っぽい行動と共感・傾聴が重要
  • デート後に連絡し、「次のデートをしたい」と示すことが重要

 

特に重要なのは、デート後に連絡し、「次のデートをしたい」と示すことです。

 

「自分は気に入ったけど、相手からは気に入られてないような気がする」と感じることは、ネット出会いではよくあります。

しかし双方がこう思ってしまい、連絡を躊躇すると、「本当は両想いだったのに自然消滅」という悲劇になることもあります。

 

相手を気に入った場合は、ダメ元でもいいので再度連絡し、「次」を打診しましょう。

 

おすすめの月額定額制出会い系

月額定額制出会い系では、ポイント制出会い系とは異なり複数サイトを使うメリットは少ないです。

ですから、「ベストなものを一つだけ使う」のがおすすめです。

 

その候補は2つあります。

ひとつは、筆者が最初に使った月額定額制出会い系、「ラブサーチ」です。

 

日本企業が運営する月額定額制出会い系では最も老舗で、2001年の開設以来、17年間サクラなしの優良運営を続けています。

 

公式サイトからも優良感が漂っており、実際に公式サイト掲載の体験談は「すぐに出会えた」というものが多く、筆者の実体験からしても真実です。

 

女性無料なので、筆者が女性ならばラブサーチ一択ですね。

ラブサーチの公式サイト → https://lvs.jp/

入会金無料!登録はカンタン2分

今すぐラブサーチを見てみる

※月額定額制の老舗、成婚実績に強み

 


 

「筆者が女性ならばラブサーチ一択」と書きました。

逆に、男性であれば「マッチドットコム」がベストだと筆者は思います。

 

実際、マッチドットコムを知ってから、筆者がメインで利用している月額定額制出会い系はラブサーチからマッチドットコムに移っています。

 

マッチ・ドットコムはギネスブックにも載っている「世界最大の出会い系サイト」(オンラインデーティングサイト)です。

ただ、会員が多ければ良いというものではないので、重要なのはそこではありません。

 

マッチ・ドットコムの強み(=ラブサーチとの重要な違い)は、料金と出会いやすさです。

 

まず「料金」については、この記事でも1度ご紹介した「料金表」をご覧いただくと分かり易いです。

  マッチドットコム ラブサーチ
1か月プランの料金 3,980円/月 3,980円/月
3か月プランでの1か月あたりの料金 2,793円/月(合計8,379円) 3,800円/月(合計11,400円)
6か月プランでの1か月あたりの料金 2,467円/月(合計14,802円) 3,000円/月(合計18,000円)
12か月プランでの1か月あたりの料金 1,750円/月(合計21,000円) 2,000円/月(合計24,000円)

 

3か月プラン以上では、マッチドットコムの方が圧倒的に安いです。

これは、「女性会員からも同じ料金を徴収」しているので、男性会員の負担が減っているという事情だと思います。ラブサーチ等では女性の無料分まで男性が負担しているイメージです。

 

次に「出会いやすさ」ですが、これは「業者がいないこと」と、「デイリーマッチ機能」の2つによります。

 

まず、女性が有料のマッチ・ドットコムには、女性に扮した業者は入り込みにくいです。

これはマッチ・ドットコムを利用する大きなメリットです。

 

齋藤編集長
女性無料の出会い系サイトがいくらでもあるのに、女性有料のサイトにわざわざ入る業者は非常に少ないんじゃ。

 

さらにマッチ・ドットコムには、デイリーマッチ等の「レコメンド機能」の圧倒的な強さがあります。

 

これにより、統計に裏付けられた「あなたと相性の良い出会いやすい女性」がわかります。このレコメンド機能には、筆者も何度お世話になったか分かりません。

 

以上のことから、男性であれば、筆者は「安くて」「出会いやすい」マッチ・ドットコムをおすすめします。

マッチドットコムの公式サイト → https://jp.match.com

サクラも業者もいない唯一の出会い系

無料でマッチドットコムをお試しする

※ギネスブック掲載!世界最大の出会い系

 

なお、マッチ・ドットコムには「通常プラン」のほかに、少し高くなる代わりに機能が追加された「バンドルプラン」というものもあります。

バンドルプランには、以下の3つの機能が付きます。

  • メッセージが既読か未読か分かる機能
  • 新規会員へ優先して紹介してもらえる機能
  • 検索結果で上位表示される機能

 

筆者は通常プランを愛用していますが、意味のない機能は付いていないので、バンドルプランにしても損はしないと思います。

 

月額定額制出会い系まとめ

以上、月額定額制出会い系の特徴や料金、攻略法(使い方)やおすすめを徹底的に解説してきました。

 

昨今、「真面目な出会い」ならマッチングアプリ、「婚活」なら婚活サイトに登録する人が多いです。

マッチングアプリや婚活サイトは「出会い系とは違って真面目な出会いが出来る」ということを前面に押し出したイメージ戦略をとってきたため、それも無理はないのかもしれません。

 

しかし、そのイメージと現実は別です。

「月額定額制出会い系」の方が圧倒的に婚活や真面目な出会いがしやすいので、ぜひその威力を試してみてください。

 

特に「マッチ・ドットコム 」は本当におすすめです。

おすすめ記事一覧

1

「本当に出会っている人のおすすめ出会い系が知りたい」 「おすすめ出会い系ランキングの1位サイトを使っているけど会えないんだが!」 「200個の出会い系アプリを使って分かった!とか、ランキング形式で、胡 ...

出会い系 彼女 2

出会い系と言えば、(セフレや割り切り等の)いかがわしい出会いと思っている方も多いです。   もちろんそういった出会いが可能なのも出会い系の魅力です。 参考出会い系のセフレ作りなら俺に任せろ! ...

3

オオカミ君いきなり「俺に任せろ!」って言われても… このページを開いてくれた人は「誰だお前」って思ってるぞ! ちょっと「前のめり」になってしまったが、セフレ探しならワシに任せてほしいのは本当じゃ。齋藤 ...

出会い系 ブログ 4

「エロい実体験を書いた出会い系ブログを読んで、自分もセフレを作りたい!」 「とにかく素人とエッチがしたい!参考になるブログはないか…」   多くの男性は、こういう想いから「出会い系 ブログ」 ...

出会い系 事件 5

「被害者は遺体となって発見されました。○○容疑者とは出会い系サイトを通じて知り合った模様で…」   今から10年~20年ほど前には、殺人やレイプなどの事件において、このようなアナウンスがされ ...

-出会い系で彼女を作る方法

error: Content is protected !!

Copyright© 週刊現実 , 2019 All Rights Reserved.