Jメール

出会い系の中でもJメールをおすすめする7つの理由

出会い系 Jメール

こんな方におすすめ

  • 出会い系の中でも、Jメールが気になる
  • 出会い系の中でJメールにはどんな特長があるのか知りたい
  • Jメールに限らず、出会い系を知り尽くしたベテランから聞きたい

 

出会い系の中でも、Jメール(ミントC!Jメール)は特徴的な存在です。

以下の記事を読んでいただくと分かる通り、筆者は出会い系の中でもJメールをおすすめしています。

参考おすすめ出会い系の目的別比較ランキング

 

今回は、出会い系歴(Jメール歴も)15年以上の経験から、出会い系の中でもJメールをおすすめする理由について解説していきます。

 

「週刊現実」の編集長は誰なの?

  • 出会い系攻略の専門家。出会い系歴15年以上、出会った女性は500人以上。本名は齋藤さん
  • 特に「セフレや不倫相手の作り方」「サクラのいないおすすめ出会い系」「業者の見分け方」「パパ活」に詳しい
  • 「現実」「真実」「誠実」を理念とし、出会い系専門メディア「週刊現実」を立ち上げ

結論

まず、本記事の結論から記載します。

 

Jメール(ミントC!Jメール)は、サクラのいない優良出会い系の一つであり、筆者がメインで使っている出会い系の一つでもあります。

当メディアでご紹介している出会い系の中でも、特にイチオシだと言ってもいいでしょう。

 

出会い系の中でもJメールをおすすめする理由は、7つあります。

  1. サクラがいない
  2. セフレ・不倫・割り切りの出会いに強い
  3. 人妻が多い
  4. 会員数は少ないが、アクティブユーザー数が多い
  5. 女性比率が高い
  6. 無料ポイントを貯めやすい
  7. 業者は多かったが、減ってきた

 

一方で、本音でいえば、Jメールにはおすすめ出来ない点もいくつかあります。

Jメールは、メリットだけではなくデメリットも非常にはっきりしています。それは以下の3つです。

  1. PC版のデザイン・インターフェースが平成初期のガラケーレベル
  2. キャッシュバッカーが多い
  3. メールの送信料金(≒利用料金)が高め

 

オオカミ君
結構、ガチのダメ出しだな。使う人、いなくなっちゃうんじゃないか?
逆に言えば、上記のようなデメリットがあっても、メリットの方が圧倒的に大きいのでトップクラスにおすすめしているのじゃ。
齋藤編集長

 

実際、2024年現在、筆者がメインで使っている出会い系サイト・アプリは、以下の3つです。

 

ミントC!Jメール(Jメール)は、PCMAXやハッピーメールと並ぶ出会い系界の3強であり、2000年から運営している老舗です。

Jメールは出会い系の中でも最も女性比率が高いため、最も出会いやすいです。エッチな出会いに特化しているため、セフレや不倫目的の出会いであれば、間違いなく最強です。

ミントC!Jメールの公式サイト → https://mintj.com

登録無料!カンタン2分

無料でミントC!Jメールをお試しする

※出会い系業界の3強!女性比率No.1、エッチな出会いに特化

 

ハッピーメールは、累計会員数3,000万を誇る、日本最大手の出会い系です。

出会い系の中で最も万能であり、真面目な出会いにも強いです。また、業者の少なさも出会い系業界でトップであるため、初心者でも安心・安全に出会える出会い系です。

ハッピーメールの公式サイト → https://happymail.co.jp

登録無料!カンタン2分

無料でハッピーメールをお試しする

※最も業者が少なく安全!日本最大の出会い系

 

PCMAXは、男性料金が最安値の出会い系です。

また、1日に約60万人ものアクティブユーザーがいるため、非常に出会いやすいです。さらに、Jメールと並び、エッチな出会いに強いことも特長です。

PCMAXの公式サイト → https://pcmax.jp

登録無料!カンタン2分

無料でPCMAXをお試しする

※男性料金が最安値!エッチな出会いに強い出会い系

 

本記事の結論は、以上です。

出会い系の中で比較した際のJメールのメリット・デメリットについて詳しく知りたい方は、続きもぜひお読みください。

 

出会い系Jメール(ミントC!Jメール)とは

まず、Jメールについてあまりご存知ない方のために、Jメール(ミントC!Jメール)とは何なのかについて、簡単に触れておきます。

  • 2000年に開設した、最も老舗の出会い系サイトのひとつ
  • ハッピーメール・PCMAXと並ぶ、出会い系界の3強のひとつ
  • 2024年現在、会員数は800万人以上
  • 母体はテレクラのミントC!グループ(2024年現在も福岡天神にミントC!天神店がある)
  • 宣伝広告活動も盛んで、イメージキャラクターはミン太君(着ぐるみもある)

 

ちなみに、ミン太くんとは、以下のキャラクターのことです。

明らかに女子ウケを意識しており、実際に(後ほど解説する通り)Jメールは女性比率が高い出会い系です。

 

出会い系の中でもJメールをおすすめする7つの理由

出会い系の中でもJメールをおすすめする理由は、7つあります。

  1. サクラがいない
  2. セフレ・不倫・割り切りの出会いに強い
  3. 人妻が多い
  4. 会員数は少ないが、アクティブユーザー数が多い
  5. 女性比率が高い
  6. 無料ポイントを貯めやすい
  7. 業者は多かったが、減ってきた

 

オオカミ君
それぞれ解説していくぜ。

 

サクラがいない

まず、出会い系として最も重要な点として、ミントC!Jメールにはサクラがいません。

サクラがいない優良出会い系であるということは、出会い系としての前提条件です。

 

オオカミ君
サクラとは、いくらメールしても、こっちが世界一のイケメンでも、会えないからな。
そもそも、サクラのアルバイトの8割は男性じゃしな。
齋藤編集長

 

「当たり前だろ?」と思った方も多いかもしれませんが、インターネット上に存在する出会い系の99%はサクラがいる詐欺出会い系です。

これは、2024年現在でも同じです。

 

オオカミ君
例えば、「割り切り掲示板」とか「不倫掲示板」とかのキーワードでは、2024年現在でも検索上位に詐欺サイトがいるんだぜ。

参考割り切り掲示板で安全なのは日本に5つだけ【証拠画像あり】

 

セフレ・不倫・割り切りの出会いに強い

ミントC!Jメールは、最も出会い系らしい出会い系です。

 

オオカミ君
どういう意味だ?

 

Jメールは、出会い系の中でもセフレ・不倫・割り切りなどのグレーな出会い(=出会い系の得意領域)に特化しているのです。

 

例えば、出会い系の中でもハッピーメールやワクワクメールは、マッチングアプリの立ち位置を狙って「恋活」「恋人づくり」の面を強化しています。

最近では「出会い系」という分類をされることですら、嫌がることがあります。

 

しかし、Jメールは全くブレることなく、あくまで出会い系であることを貫いています。

実は出会い系の中でも、「男女のエッチな出会いに特化している」というのはわりと珍しいことなのです。

 

齋藤編集長
エッチな出会いに強いのは、Jメールの他にはPCMAXくらいじゃな。
JメールもPCMAXも、もともとはテレクラを運営していたことも関係あるのかもな。
オオカミ君

 

人妻が多い

Jメールがエッチな出会いに強い理由の一つでもあるのですが、Jメールには人妻が多いです。

その理由は、1ユーザーに過ぎない筆者には正確には分かりません。

 

齋藤編集長
レディコミなどの宣伝媒体の影響や、宣伝の仕方によるものだと思うんじゃがな。

 

筆者は人妻好きなのですが、人妻という属性は、人妻好き以外でも狙う価値があります。

なぜなら、人妻はセフレになりやすいからです。

 

その理由は、当メディア「週刊現実」では至る所で解説しています。

一言で言えば、「人妻はすでに結婚しているため、結婚につながる真面目な出会いがあり得ないから」です。

 

出会い系であるJメールに登録している人妻であるという時点で、「真面目な交際」「婚活」ではないのです。

それどころか、ある意味で「不倫」を覚悟していると言えるのです。

 

齋藤編集長
人妻は、普通に仲良くなっていくだけでセフレ化する、珍しい属性なのじゃ。

 

会員数は少ないが、アクティブユーザー数が多い

ミントC!Jメールの登録会員数は多くありません。というか、優良出会い系の中では最下位です。

  1. ハッピーメール:3,000万
  2. PCMAX:2,000万
  3. イククル:1,500万
  4. YYC(ワイワイシー):1,500万
  5. ワクワクメール:1,000万
  6. ミントC!Jメール:800万

出典:累計登録数ベース。週刊現実が2024年に行った独自調査による

 

しかし、実は会員数は出会いやすさにはあまり影響せず、重要ではありません。

重要なのはアクティブユーザー数です。

 

齋藤編集長
3,000万の登録会員数があっても、会えるのはそのうち数百人が限界じゃ。
登録会員数よりも、サイト内でアクティブに活動している人数の方が重要ってことだな。
オオカミ君

 

2024年現在、Jメールは新規会員の獲得に力を入れています。

新規会員はアクティブユーザーになりやすいため、アクティブユーザー数が多い出会い系だと言えます。

 

オオカミ君
次で解説するけど、Jメールは特に女性のアクティブユーザーが多いのが特徴だぞ。

 

女性比率が高い

出会い系・マッチングアプリにより、男女比率は全く異なります。

まず、無料マッチングアプリであるTinder(ティンダー)の男女比は「男性:女性=9:1」程度だと言われています。

tinder ティンダー 男女比率

 

言うまでもありませんが、ここまで男女比率が偏ると、男性からすると異常に出会いにくい環境となります。

 

一方で、優良出会い系のひとつであるYYCの男女比は「男性:女性=7:3」程度です。

これは、YYCが一時期、男女の会員数を公表していたときの公表値から来ています。

出会い系 YYC 男女比率

 

肝心のJメールはどうなのかと言えば、男女比率は公表していません。

公表していませんが、女性のキャッシュバックポイントの高さ(後述)などの施策から、明らかにYYCや他の出会い系よりも女性比率が高いのは明白です。

 

齋藤編集長
Jメールは、特に女性人気が高い出会い系なのじゃ。

 

よって、あくまで筆者の推測および体感ベースですが、Jメールの男女比率は「男性:女性=6:4」程度だと考えています。

 

無料ポイントを貯めやすい

Jメールは、優良出会い系の中でもトップクラスに無料ポイントを貯めやすい出会い系です。

参考Jメールの無料ポイントを貯める方法6つ

 

Jメールで無料ポイントを貯める方法は、以下の6つです。

  1. Jメールに初回の新規登録をする
  2. Web版で毎日ログインガチャを引く
  3. ポイントゲットメールに登録する
  4. アプリ版でログインをする
  5. Jメールに友達を紹介する
  6. 【1日1回】無料で掲示板に投稿する

 

特に、無料で出来る「毎日ログインガチャ」は他の出会い系に比べてかなり太っ腹です。

実際、運が良いと「10pt」を得ることも出来ます。

 

デメリットの点で述べる通り「Jメールの男性利用料金は高い」のですが、実は無料ポイントの獲得しやすさまで考えると「普通くらいの料金」に収まります。

 

業者は多かったが、減ってきた

Jメールをガチ評価!15年以上使ってわかった本音レビュー!」という記事にも記載しましたが、Jメールは2017~2018年頃まで、業者の多い出会い系でした。

 

しかしながら、Jメールの運営がサイトパトロールを強化したのか、2024年現在では業者が激減。

むしろ、業者が少なめの出会い系のひとつになっています。

 

業者の少なさは、出会い系を評価する上で最も重要な要素のひとつ。

業者が多いと素人女性に出会いにくくなりますし、業者とメールしたお金(ポイント)は無駄になるため、課金額も膨れ上がるからです。

 

2024年現在のJメールを使い、以下のような「業者の種類と手口」を知っていれば、業者を避けて素人女性に会うことは簡単です。

  • 援デリ業者:売春が目的。「2回目以降はタダだけど、最初だけお金が欲しい」というのが典型的な手口
  • 他サイト誘導業者:詐欺サイト等に誘導し、登録させるのが目的。「スマホが壊れた」等の嘘をついて誘導する
  • 個人情報収集業者:LINE IDやメアド、電話番号の収集が目的。手口は巧妙で、普通の女性と変わらないことも多い
  • その他の業者:宗教や副業、投資、マルチへの勧誘などの業者もいるが、少ない

 

【ガチのダメ出し】Jメールが出会い系の中でもダメな点3つを暴露

ここまで、出会い系の中でもJメールをおすすめする理由、つまりメリットについて解説してきました。

一方で、本音でいえば、Jメールにはおすすめ出来ない点(デメリット)も3つほどあります。

  1. PC版のデザイン・インターフェースが平成初期のガラケーレベル
  2. キャッシュバッカーが多い
  3. メールの送信料金(≒利用料金)が高め

 

齋藤編集長
それぞれ、本音で暴露していくのじゃ。

 

PC版のデザイン・インターフェースが平成初期のガラケーレベル

まず、Jメールのパソコン(PC)から見たデザイン・インターフェースは、平成初期のガラケーレベルです。

以下の写真を見ていただくとわかると思いますが、冗談抜きで、ドコモの「iモード」とか、auの「ezweb」のレベルです。

Jメール 詐欺 PC画面

 

齋藤編集長
年代によっては、「iモード」とか「ezweb」自体が分からない方もいるかもしれないんじゃがな。
昔、スマホの前のガラケーの時代には、そういうのがあったんだぜ。
オオカミ君

 

「出会い系なんだから出会えればOK」だと、気にしない方は気にしないと思いますが、気にする方もいるでしょう。

ちなみに、スマホから使えば、以下のようにある程度は現代的なデザインです。

Jメール ポイントゲットメール 入口

 

キャッシュバッカーが多い

出会い系には、女性のみが利用できる「キャッシュバック制度」があります。

簡単に言えば、女性が男性にメールを返信すると、キャッシュバックポイントがもらえて、換金できるのです。

 

これはサイト内のメール交換の活性化のための制度なのですが、悪用する女性もいます。

そういう女性は「キャッシュバッカー」と呼ばれ、稼ぐためだけに出会い系を使っているので、会えません。

キャッシュバッカー(CB)とは?

  • 出会い系では、女性が男性に返信するとキャッシュバックポイントがもらえる
  • キャッシュバッカー(CB)とは、キャッシュバックポイントだけが目的で、出会う気がない女性のこと
  • キャッシュバッカーの特徴(手口)は、短文のメールで返信が早いこと

 

実は、Jメールは最もキャッシュバッカーが多い出会い系です。

なぜなら、以下の通り、メール1通で稼げるキャッシュバックポイントが、出会い系の中で最大だからです。

出会い系サイト名メール1往復でもらえるお金(現金換算)現金への交換
ミントC!Jメール約7円可能
イククル約5円可能
ハッピーメール約4円可能
ワクワクメール約3円不可能(電子マネーは可能)
YYC(ワイワイシー)約1.8円不可能(電子マネーは可能)
PCMAX約1.5円不可能(電子マネーも不可、商品交換のみ)

この比較表は、必要に応じて横にスクロールすることが出来ます

 

とはいえ、キャッシュバッカーは、頑張っても時給500円にするのすら難しい稼ぎ方です。

ですから、基本的にはそこまで警戒しなくても大丈夫なのですが、Jメールには他の出会い系よりもキャッシュバッカーが多いことは事実です。

 

メールの送信料金(≒利用料金)が高め

キャッシュバッカーはそこまで多くないですし、PCのインターフェースも(出会いやすいなら)気にならない、という方もいらっしゃるでしょう。

その場合であっても、Jメールの唯一の弱点となるのが、料金面です。

 

以下の表をご覧いただくと一目瞭然なのですが、Jメールはメッセージの送信料金(≒男性の利用料金)が高いのです。

 

齋藤編集長
これは、10,000円分のポイントをクレカ決済で購入した際の、メール1通あたりの料金にそろえて比較しているのじゃ。

 

Jメールは料金が高い代わりに無料ポイントを貯めやすいのですが、それでも、料金が高いことは事実です。

この点は「ほぼ全ての男性がデメリットだと感じる、Jメールの唯一の弱点」ですので、料金が気になる場合には、最も安い出会い系であるPCMAXを使うべきでしょう。

PCMAXの公式サイト → https://pcmax.jp

登録無料!カンタン2分

無料でPCMAXをお試しする

※男性料金が最安値!エッチな出会いに強い出会い系

 

まとめ:出会い系の中でもJメールはエッチに強い

色々と解説してきましたが、出会い系の中でもJメールがおすすめな1番の理由は、エッチな出会いに強いことです。

 

真面目な出会いであれば、婚活サイトやマッチングアプリでも出来ます。

しかし、不倫やセフレ、ワンナイトラブ、割り切りなどができるネット出会いは、出会い系サイト・アプリだけです。

 

個人的には、「出会い系しか出来ないこと」において最強であることが、Jメールの唯一無二の強みだと思います。

とはいえ、Jメールは弱点も明確なため、人によってはハッピーメールの方が良い場合もあります。

 

オオカミ君
最後に、Jメールとハッピーメールについて補足してから終わりにするぜ。

 

ミントC!Jメール(Jメール)は、出会い系界の3強の一つであり、2000年から運営している老舗です。

Jメールは出会い系の中で最も女性比率が高いため、男性からすると最も出会いやすいです。エッチな出会いに特化しているため、セフレや不倫目的の出会いであれば、間違いなく最強です。

ミントC!Jメールの公式サイト → https://mintj.com

登録無料!カンタン2分

無料でミントC!Jメールをお試しする

※出会い系業界の3強!女性比率No.1、エッチな出会いに特化

 

ハッピーメールは、累計会員数3,000万を誇る、日本最大手の出会い系です。

出会い系の中で最も万能であり、Jメールとは逆に真面目な出会いに強いです。また、業者の少なさも出会い系業界でトップであるため、初心者でも安心・安全に出会える出会い系です。

ハッピーメールの公式サイト → https://happymail.co.jp

登録無料!カンタン2分

無料でハッピーメールをお試しする

※最も業者が少なく安全!日本最大の出会い系

  • この記事を書いた人
「週刊現実」編集長

「週刊現実」編集長

出会い系専門メディア「週刊現実」の編集長。出会い系のプロ(専門家)として、経験に基づき記事を執筆。出会い系歴は15年以上、2024年までに出会った女性は500人以上。本名は齋藤さん。プロのおすすめする出会い系サイト・アプリはこちら

-Jメール

© 2024 週刊現実