出会い系攻略メディア「週刊現実」は、日本一の彼女・セフレ作りWebマガジンを目指します。

週刊現実

出会い系で彼女を作る方法

30代社会人の出会いが出会い系一択な、9つの理由

投稿日:

かなり久しぶりの記事になります。

(※通常、この冬シーズンは出会いにくいのですが、運よく複数の女性との「割り切りではない」アポがたくさん取れ、忙しい毎日を送っていました)

 

オオカミ君
冒頭からいきなり自慢かよ!サイトからの離脱率上がっちゃうぞ!
そう思われてしまうのも仕方のないことじゃが、実際には自慢ではない。このサイトの内容を実行していただければ、どなた様でも確実に出来ることなのじゃ。
齋藤編集長

 

突然ですが、以下のプロフィールに書いている通り、筆者は定職につかず出会い系で出会いを追い求めている「ダメ人間」です。

+ 【知りたい人だけクリック】このサイト「週刊現実」の筆者は誰なの?

Webマガジン「週刊現実」編集長 齋藤のプロフィール

2000年代、出会い系勃興期に出会い系にハマる。

とはいえ、最初はサクラ(美女のふりをしてメールをするアルバイト)だらけの詐欺サイトに騙されに騙され、サクラに「数万円」つぎ込んでからのスタート。

 

やっとの思いで「ワクワクメール」にたどり着き、ハッピーメール、PCMAX、ラブサーチ、マッチドットコムなどの複数サイトを用いて出会い活動を続ける。

以後、10年以上をかけて、2018年までに出会い系で300人以上の女性と出会う。

 

現在は、投資で生計を立てながら、出会い系で女性と出会い続ける日々。

要は、定職につかず出会い系に人生をかけた人間。自分でもヤバい人間だとは思うが、その分出会い系に関する知識・テクニックは日本有数の「プロ(専門家)」だと自負している。

 

2018年7月、出会い系人生のすべてを籠めるべく「日本一の彼女・セフレ作りWebマガジン」である週刊現実を発刊。

記事にもたまに出てくる「齋藤編集長」が筆者である。

 

しかしながら、一応「30代の社会人のはしくれ」ではあり、友人・知人の多くは「真っ当な30代社会人」です。

私は出会い関連くらいしか人様に自慢できる知識がないので、そういう友人と飲むと出会い系の話をすることが多いです。

 

そんなこんなでアドバイスしまくっていたら、最近30代の社会人の友人から「出会い系を始めて良かった」「お前の言うことを聞いたら恋愛面(セックス面)で人生が変わった」というフィードバックをよくもらえるようになりました。

 

しかしながら、「ほうほう、30代の社会人には出会い系なのか!じゃあ良いおすすめのサイト(アプリ)を教えてくれ!」と一瞬で素直に聞いてくださる方は少ないと思います(笑)

実際、ネットにはウソ情報も多いですから。(もし、そういう奇特な方がいらっしゃるのであれば、以下の記事へどうぞ)

参考おすすめ出会い系の目的別ベストまとめ

 

普通であれば、「良いとは言うが、実際にどう良かったのか?」「特に、30代の社会人になぜ出会い系がベストだと言い切れるのか?」が気になる方も多いと思います。

本記事ではそれを説明していきます。

 

この記事はこんな方におすすめ

  • 30代の社会人であり、忙しい。そんな中でも彼女やセフレが欲しい(出会いが欲しい)
  • 仕事ばかりの毎日に嫌気がさしている。人生を良い方向に変えるきっかけが欲しい
  • 出会い系に懐疑的である。騙されたこともあり、どうせまた嘘の情報なんだろと思っている

 

30代社会人は、放っておくと本気で「仕事だけ、うつ病一直線」の年代。当記事によって潤いを得る方法を知り、人生を楽しんでいただけると嬉しい。
齋藤編集長
オオカミ君
「30代」じゃなくても、「既婚者」でも使える内容になっているから、読んでくれよな!

 

出会い系は従量課金。社会人の「忙しいけど使わなきゃ」プレッシャーが皆無

まず、30代の社会人と言うのはとにかく忙しいです。

 

仕事でも完全なる主力となってきて、定常的な作業チックなものから企画・プロジェクト的な仕事まで、ありとあらゆる場に駆り出されます。

毎日残業は当たり前、働き方改革もなんのその、毎日深夜に帰ってきている人すらいるのではないでしょうか。

 

そんな中、月額定額制の「マッチングアプリ」などに登録すると、どうなるか。

例えばペアーズやウィズなどであれば、月額2,000円~3,000円ほどの料金がかかります。

 

それなので、「せっかくお金を払っているのだから、使わなければ損だ」というプレッシャーが出てきます。

私もそういう時期があったので分かりますが、謎の「やらなきゃいけないことが出来ていない罪悪感」と「お金を損している感」に襲われます。

 

とはいえ、実際に「忙しい」というのは間違いのない事実だと思いますので、やはり気合だけでは続きません。

 

オオカミ君
まったく同じような現象が起きがちなのが、「月額会員制のトレーニングジム」だよな。
「ダイエットしてモテる!今年は痩せるぞ!」と決心して月額会員になったものの、結局ほとんどいけなくなり、かなりお金を支払ったところで解約、というのは良くあるパターンじゃ。
齋藤編集長

 

そんな中、出会い系は「月額定額制」ではありません。

従量課金制」です。

 

従量課金というのは、要は「使った分だけ払いましょう」という料金体系です。

「メール1送信あたりいくら」という料金なので、使っていない時はゼロ円(無料)であり、利用した時に使った分だけ料金がかかるというシステムです。

 

この従量課金制は、忙しい30代社会人とは最も相性がいいシステムなのです。

忙しいとはいえ、相対的にヒマ(割と時間がある状態)になったりすることはありますよね。そんな時、従量課金の出会い系であればピンポイントで出会いのために時間を割くことが出来るのです。

 

オオカミ君
逆に、「全くヒマになる時間がない」という人は、さすがに月額定額制だろうが従量課金だろうが出会えないかもなあ。
ワシのように「仕事をやめて出会いに集中する」のはやりすぎじゃが、「転職して出会い・婚活に集中する」はありかもしれんぞ。
齋藤編集長

 

逆に、「毎日定時帰りだったりしてヒマ、出会いに集中したい」という方は、月額定額制の出会い系がおすすめです。

参考月額定額制出会い系を徹底攻略!特徴や料金、使い方やおすすめ

 

出会い系は初期コストが安い。決断力・決心がいらない

最新の心理学が調査してわかったことによれば、人間の「決断力」というものには限りがあり、底を尽きると決断できなくなるということです。

有名なもので言えば、ベストセラーになった「スタンフォードの自分を変える教室(ケリー・マクゴニガル著)」でこの説が紹介されています。

 

オオカミ君
ドラクエやファイナルファンタジーでいう「MP(マジックポイント)」みたいな感じで、「決断力は消費していくもの」ってことだぜ。

 

30代の社会人は、完全に「作業だけ、言われたことだけやっていればいい」という年代ではありません。

部下が出来てくる人もいるでしょうし、部下まではおらずとも「後輩メンバーが出来てきた」という人も多いのではないでしょうか。

 

そうなると、仕事の一つに「決断・判断」が出来てきます。

これは(特に多くの日本人にとって)大きなストレスとなる仕事でもあり、前述したように仕事で「決断力と言う限りあるポイント」を使っている状態になります。

 

こうなると、私生活(プライベート)で決断をする分の「決断力」が残っていない、という方も多いのではないでしょうか?

 

そんな時に、「成果が出るか分からないうえに、解約しない限り永遠にお金をとられ続ける」月額定額制の婚活サイトやマッチングアプリに申し込む「決断力」は残っていません。

さらに「申し込んで、おめかしして、出かける」という高いハードルがある婚活パーティーに参加する決断をするのも難しいかと思います。

 

ここで、出会い系と言うのはハードルを異常に下げてくれています。

出会い系における初期費用はマイナスだからです。

 

オオカミ君
初期費用が「ゼロ」じゃなくてか?「マイナス」って一体どういうことだよ?

 

出会い系では、登録時に「無料ポイント」と呼ばれる「サービスポイント」がもらえます。サイトにもよりますが、大体1,000円分くらいでしょうか。

登録料や入会金がないのは当然のこと、「お試しポイント」がもらえるので、初期費用はゼロどころかマイナスになります。

 

当初は、それを使って「お試し」をし、出会えると判断したら実際に課金してみる(通常、1,000円から可能)というプロセスです。

 

そういう事情から、出会い系では「大決断としての登録」は必要ありません。

気軽に「登録してみて、ダメだったら退会すればいいや。どうせ最初は無料だし」が通用するのがメリットです。

 

オオカミ君
ちなみに、さくっと登録してみたくなった方は以下の出会い系にしておいた方がいいぞ!
当サイトでは色々なところで言っているが、出会い系のほとんど(たぶん9割以上)はサクラしかいない詐欺サイトなんじゃ。
齋藤編集長
オオカミ君
登録するサイトを間違えると100%出会えないので、そこは注意だぜ!

 

編集長直伝!優良出会い系

 

ちなみに、「初期コストが安い」どころか、うまく使えばかなり料金を下げられる出会い系もあります。

参考Jメールをガチ評価!10年使ってわかった本音レビュー!

 

ただし、「完全無料」は2019年現在、「完全詐欺」と同義なので絶対にやめておきましょう。

参考完全無料の出会い系に登録!しかし出会えない方へ重大なお知らせ

 

匿名性が高く、会社の人に絶対バレない。社会人は評判も大事

出会い系の最強なところ、マッチングアプリにも婚活アプリにも婚活サイトにも婚活パーティーにもない「メリット」の一つが、匿名性です。

つまり、「知り合いに出会い系サービスをやっているとはバレない」ということです。

 

30代の社会人ともなれば、評判も重要。

間違っても後輩同士で、「○○さんってマッチングアプリやってるんだって」「ああ、モテなそうだもんね~」なんて陰口を言われたくはないですよね?

 

オオカミ君
陰でそんなことを言われていたら、相当ヘコむよな・・・

 

とはいえ、「他の出会い・マッチングサービスもバレないのではないか?」という声もあるかもしれません。

結論から申し上げますと、これらは出会い系ほどには匿名性が高くないです。

 

婚活サイトや婚活パーティーなどの「婚活寄り」のサービスは、実名が基本です。

ですから、知り合いが同じサービスを使っていた場合には簡単にバレます。今は「結婚相談所」でさえネット機能を持っていますから、余計にバレやすくなっているとも言えます。

 

外国製のマッチングアプリも悲惨です。

例えば、有名なアメリカ発のアプリ「ティンダー(Tinder)」は、GPS機能を使ってある一定範囲内にいる人をみんな表示してしまう仕様なので、会社にいるときには会社の人が表示されます。

 

オオカミ君
恐怖だな!
ワシの経験でも、「へえ、あの人もティンダーやってるんだ・・・結婚諦めてなかったのね(笑)」と陰口を言われてしまっていた人がいる。結構危険じゃぞ。
齋藤編集長

 

それでは、日本製のマッチングアプリなら大丈夫なのか・・・といえば、これも微妙です。

まず、マッチングアプリはフェイスブック連動のものが多く、問題にもなったフェイスブック関連の情報流出には弱いです。

 

情報流出などがなくても、デフォルトでフェイスブックから写真や名前(イニシャル)を持ってくるようになっているものも多く、バレる可能性はある程度あります。

自分でイニシャル表記を別のものに変えたり、写真を削除したりは出来ますが、そういった「ひと手間」をかけないとバレるというのはやはり怖いです。

 

オオカミ君
でもさ、マッチングアプリって身バレ防止機能がなかったっけ?友達には表示されないとかなんとか、あった気がするぜ!

 

確かにペアーズやウィズなどの大手マッチングアプリには、「フェイスブックの友達」には表示しないという機能があります。

しかし、残念ながらこの機能は完ぺきではありません。

 

いくらSNSが発達した世の中とはいえ、知り合い全員とフェイスブックでつながっている人は稀だからです。

というわけで、やはり「つながっていない人」にバレるリスクは普通にあります。

 

そんな中で、出会い系サイト(アプリ)の匿名性は完ぺきです。

 

完全に他のサービスと分かれており、フェイスブック連動などの機能は皆無。

写真についても、自分で登録しなければ反映されず、しかも写真なしで利用しているユーザーも多く、(後述しますが)写真なしでも出会えます。

 

さらに、プロフィール文章、ニックネームでさえ自分で登録しなければいけません。

これは不便でもあるかもしれませんが、匿名性という意味では最強の仕様です。

 

以上のことから、出会い系の利用がバレるとしたら「自分が情報を書きすぎてバレた」という場合のみに限ります。

絶対に身バレ(知り合いにバレること)がイヤだという人は、出会い系で決まりだと思います。

 

写真不要、FB登録なし。イケメン・美女・リア充である必要なし

先ほど述べた通り、出会い系では写真が必要ありません。

一方で、フェイスブック(FB)連動のマッチングアプリは、実際には写真が必須になっているものが多いです。

 

ペアーズやウィズ、ゼクシィ縁結び、タップル誕生など、マッチングアプリのほとんどは写真を重視して選ぶタイプ。

特にタップル誕生などは、写真を登録していなかったら異性から表示すらほとんどされないです。

 

これは、二つの意味で厄介です。

一つは、先ほど申し上げた「知り合いにマッチングサービスを使っているのがバレる」こと。

 

もう一つが、「写真という、圧倒的な印象を残すもので選ぶ」ため、イケメン・美女・リア充でないと不利になりがちなことです。

 

フェイスブックでリア充アピールできる写真や、好印象を残せる顔写真がないと、マッチングアプリでは確実に不利です。

 

自分がマッチングアプリを使ってみるとよく分かるはずです。

誰が好き好んで、「美女がいる中で、ブスを選ぶ」のか。逆に、「イケメンがいる中で、ブサメンを選ぶ」のかもあるでしょう。

 

齋藤編集長
本当ならば「プロフィール文章」なども重要なんじゃが、マッチングアプリではどうしても「顔写真」に目が言ってしまい、それで判断してしまう。

 

もちろんこれはマッチングアプリに限りません。

婚活サイトや婚活パーティーは、もっと具体的な顔写真、もしくは「自分自身」が商品となります。

 

この部分については、「30代社会人」とは強く関係ないでしょう。

しかし、「30代社会人・イケメン」や「30代社会人・美女」は結婚している人も多かったり、出会いに困っていない人も多かったりします。

 

30代社会人で出会いを探している方には「普通の人」が多いと思いますし、中には見た目に自信がない方もいるでしょう。(私のように)

見た目に自信がない人でも不利にならない唯一のマッチングサービスが、「出会い系」なのです。

 

出会い系はアンダーグラウンドなイメージもあり、警戒心が強い人が多いので、写真登録が少ない。
齋藤編集長
オオカミ君
逆に言えば、写真登録がなくても出会えるってことだな。

 

出会い系は幅広い年齢層。マッチングアプリは20代ばかり

出会い系のメリットとして、幅広い年齢層が使える、と言う点があります。

 

オオカミ君
確かに、40代50代でも使えるのが出会い系、っていうのはよく聞くぜ。でも、さすがに30代社会人なら関係ないんじゃないか?
それが、必ずしもそうではないのじゃ。
齋藤編集長

 

「30代」というのは出会いを求めるボリュームゾーンなので、確かに多くのマッチングサービスが利用可能です。

しかしながら、30代が微妙に疎外感を持つコミュニティも意外にあります。

 

その中心的なものが、マッチングアプリです。

 

マッチングアプリの最大手であるペアーズの運営会社「株式会社エウレカ」の社長インタビューで、「ペアーズ会員の6割は20代」という発言がありました。

30代前半ならば疎外感は薄いかもしれませんが、30代でさえ「おじさん」とみなされる可能性のある年代になってしまうのです。

 

サイバーエージェントの子会社「マッチングエージェント」が運営する「タップル誕生」は、さらにその傾向が顕著。

なんと「10代+20代で8割」を占めるというのですから、30代は完全に「おじさん」です。

 

その点、出会い系はボリュームゾーンが30代になります。

40代、50代も使っていますし、10代や20代もいるという、「割合に偏りがない」構成が特徴。

 

これは、月額定額制の出会い系であるラブサーチの年齢構成を見ても分かります。

 

10代・20代は4割程度なので、タップル誕生の半分。

見てわかる通り20代・30代・40代を中心に幅広い年齢層が分布しているのが出会い系サイトなのです。

 

JKとも付き合える!世代を超えたマッチングが可能な出会い系

「20代・30代・40代を中心に幅広い年齢層が分布しているのが出会い系サイト」と書きました。

実際、「同世代(20代)がマッチングするためのツール」であるマッチングアプリや、「同世代がマッチングさせられやすい婚活サイト・結婚相談所」とは違い、出会い系では世代を超えたマッチングがあります。

 

【出会い系とJKの全て】出会い系で女子高生に出会う方法を解説」で書いた通り、私自身も女子高生(18歳)と出会い、お付き合いしたことがあります。

 

「JKとエッチすると捕まるよね?」という方へ

17歳以下のJKとセックスすると犯罪ですが、実は18歳になっているのなら大丈夫。法律上はまったく問題ありません。

法律とは別に、出会い系サイト利用規約上では18歳でも女子高生は利用不可なはずなのですが、意外や意外、好奇心旺盛なJKが「大人の男性と出会いたい」という意向で登録していることも多いです。

 

実際、自分より10歳下の子と付き合うのは大変な部分もありますが、大きな刺激になります。

率直に言えば、18歳女子のカラダは28歳女性とはかなり違って未熟なエロさが漂い、病みつきになる人も多いと思います。

 

学生時代に女子高生とエッチしまくる機会がなかった方は、出会い系を使って出会ってみるといいでしょう。間違いなく人生が楽しくなると思いますよ。

(その際、女子高生を狙い撃ちするのは結構難しいので、大きくとらえて18歳~19歳狙いがおすすめ)

 

あと一つだけ。

年上(40代とか)を狙うのであれば、どのサイトでもOKなのですが、明らかな年下(10代~20代前半とか)を狙うのであればサイト選びが重要です。

 

これも「【出会い系とJKの全て】出会い系で女子高生に出会う方法を解説」で書きましたが、JKに出会いやすいサイト、というものが歴然と存在します。

そのサイトはハッピーメールです。

 

ハッピーメールは当サイトでも最もおすすめしているサイトですが、その高い評価とは別に、10代に出会いやすいというメリットがあります。

JK/JD狙いならハッピーメール一択です。

 

ハッピーメールの公式サイト → https://happymail.co.jp

登録無料!カンタン2分

無料でハッピーメールをお試しする

※最も業者が少なく安全!日本最大の出会い系

 

社会人が忙しい中で時間を割くなら美人に出会いたい

何度も言いますが、30代に限らず、社会人は非常に忙しいですよね。

そんな中、限りある時間とお金を割いて「出会い活動や婚活」を行うのであれば、美人に出会いたいというのが人情というものでしょう。

 

婚活サイトやマッチングアプリでも美人には出会えます。しかしながら、これらは「写真や実物ありきの出会い方」です。

ですので、口が悪くて申し訳ありませんが、正直「イケメンが美人と、ブサメンがブスとくっつく」ことが多い形態なのです。

 

もちろん、特に女性は男性を「顔だけで判断」することが少ないため、職業や年収などで「見た目の差」を覆すことは可能。

しかしながら、「医者になれるか」「年収1000万になれるか」と言えば、多くの人はムリなのが実情です。

 

しかしながら、出会い系ではそういった「顔判断」が少なめ。

お互い、見た目がぼんやりとしか分からないままやり取りを重ねて出会うことも多いです。

 

そうなってくると、「ヤバいブス」に会うことも結構ありますが、「すごい美人」に会うことも結構あります。

以下の記事で書きましたが、出会い系で「写真なしの子」を狙うと、ある程度の確率で美女に出会うことが出来るのです。

参考出会い系の写真はどうする?ブサメン歴30年が写メ交換を解説!

 

俺はイケメンじゃないけど美人に出会いたい!セックスしたい!」というのは、男性ならだれもが思うこと。

正直に言えば、私どは毎日のようにそう思い、出会い系での活動に力を入れています。

 

どうしても美人に出会いたいという方は、以下の記事を参考にしてみてください。

根気よく取り組めば、社会人の貴重な時間をかけただけのリターンが得られるはずです。

参考出会い系は美人が多い?ブスを避け美人に会う3つの方法【結論】

 

忙しい30代社会人でもセックスのための出会いが出来る

ここまでは、主に「彼女作り」を想定して、かなりホワイトなことを書いてきたつもりです。

 

しかしながら、出会い系と言うのは本来、アンダーグラウンドな要素も強い、かなり奥深い存在。

つまり、ぶっちゃけ「セフレづくり」「援助交際・パパ活」にも相性が抜群なわけです。

 

忙しい30代だと、日々の仕事でかなりストレスがたまるはず。

しかも、忙しいがゆえに、そのストレスを土日(に限らない休日)で発散できていないという方も多いのではないでしょうか?

 

セックスでのストレス発散効果は、科学的にも立証済み。

そして、忙しくてもセックスにたどり着く手段として、おすすめなのが出会い系です。

 

出会い系は、ここまでお話してきた「従量課金制」もあり、平日にちょこちょこやり取りをすることが可能。

そして、アポ取りに成功したら、平日の夜や土日を使い、出会うことが出来るのです。

 

この「セックス」には2パターンあり、ひとつはあくまで「彼女作り」のテイで出会い、実際に彼女にしてセックスしてしまうタイプ。

もう一つが、一般的に「割り切り」と言われる方法です。

 

割り切りとは、ぶっちゃけ「買春行為」のことです。

出会い系はその巣窟となっており、男女間で以下のような隠語を用いて「エッチのための価格交渉」が日夜繰り広げられています。

+ 【知りたい人だけクリック】出会い系の主な隠語(ミニ用語集)

出会い系の隠語は数多いです。

ですので、ここでは援助交際の現場で使われたり、援デリ業者によって使われたりする用語に限りご紹介します。

  • 「サポ」「円光」「円」「〇」「援助交際」「援交」…すべて売春のこと
  • 「困っています」…売春しています
  • 「条件あり」「お願いあり」…お金のやり取りあり、ということ。つまり売春
  • 「プチ」…フェラや手コキだけで、本番ナシということ
  • 「ゴ有」「ゴ無」…コンドームあり、コンドームなしということ
  • 「ホ別」…ホテル代は別、の略。例えば、「ホ別2」ならホテル代プラス2万円ということ
  • 「意味の分かる人」「優しい人」「お金持ち」…お金ありのエッチだと分かっている人
  • 「諭吉」…1万円
  • 「苺(いちご)」…1.5万円

 

出会い系を使うことの醍醐味のひとつが、この「割り切りセックス」になります。

風俗と同じと思うかもしれませんが、より素人に近い若い女性とのセックスが楽しめるので、「恋愛」と「風俗」の中間の様な緊張感が味わえます。

 

私もメインの出会い系利用用途は割り切りではありません。さらに、人によっては「カネで女性を買う」ことに嫌悪感がある人もいるでしょう。

ですから誰にでもお勧めとは言えませんが、出会い系にはこういう使い方も出来るということは覚えておいて損はありません。

 

特に、30代社会人のような「お金はある程度あるものの、忙しくて時間がない」人にとっては、恋愛のプロセスを省略してセックスまでたどり着ける救世主となる可能性もあります。

 

オオカミ君
でも、ワリキリとか援助交際とかって捕まっちゃうんじゃないのか?方法もよく分からないし。
結論から言えば、18歳未満(17歳以下)と割り切りしたら捕まってしまうが、それ以外では捕まらない。方法なども合わせて書いている、以下の記事を参考にしてくれるとありがたい。
齋藤編集長

参考出会い系割り切りの全て。合法的に援助交際する方法を徹底解説!

 

出会い系は30代既婚者でも(不倫に)使える

最後です。

出会い系以外のマッチングサービスでは非常に難しい(というか、システム的に出来ないようになっている)が、出会い系ならカンタンなこと。

 

それが、不倫(浮気)目的の利用です。

 

以前、日本でも「アシュレイマディソン」というカナダ発の不倫サイトが話題になりましたが、実際にはこれはサクラ満載の詐欺サイトでした。

ですので、アシュレイマディソン来日以前も、それ以後も、日本で「不倫サイト」といえば出会い系サイトのことを指します。

 

30代の社会人ですと、すでに結婚している方も多いですよね。

それどころか、結婚からすでにかなりの年が経っており、相手に魅力を感じなくなっていたり、「セックスレス」になっていたりする方もいることでしょう。

 

そんなときの救世主となり得るのが、出会い系です。

実際、私が某出会い系サイトの中の人に聞いたところでは、出会い系の利用者の多くが、「不倫・浮気」を目的に使っているとのことです。

 

実際に、ステータスを堂々と「既婚」としつつ出会い系を使っている人は多く見かけます。

ですから、不倫目的の利用者が多いのは間違いない事実なのだと思います。

 

社会人の不倫なら、出会い系

(罰則がないとはいえ)法律違反なので「ダークな側面」と言えるでしょうが、これは事実だと思います。

 

ちなみに、不倫(というか人妻とのセックス)に一番向いているのは、間違いなく「PCMAX」です。

 

まとめ

以上、今回は「30代社会人の出会いが、出会い系サイト(アプリ)一択である理由」を述べてきました。

 

最後に最も重要なサイト選びについて申し上げるならば、「彼女作りならハッピーメール、セフレ作りや割り切りならPCMAX」が当サイトにおける一貫したおすすめです。

本記事内でもお話したとおり、しばらくは無料で使えますので興味があれば試してみてください。

 

最も業者が少なく、まさに初心者にうってつけ。彼女づくりならハッピーメールがベストです。

ハッピーメールの公式サイト → https://happymail.co.jp

登録無料!カンタン2分

無料でハッピーメールをお試しする

※最も業者が少なく安全!日本最大の出会い系

 

業者はハッピーメールよりは多く、テクニックが必要ですが、セフレ作りが簡単なのはPCMAXで間違いありません。

PCMAXの公式サイト → https://pcmax.jp

登録無料!カンタン2分

無料でPCMAXをお試しする

※人妻が多く、セフレ作りに強み

-出会い系で彼女を作る方法

error: Content is protected !!

Copyright© 週刊現実 , 2019 All Rights Reserved.