出会い系攻略メディア「週刊現実」は、日本一の彼女・セフレ作りWebマガジンを目指します。

週刊現実

出会い系攻略の基礎知識

出会い系ブログは信じるな!ハメ撮りLINEエロ写メ体験談の嘘

更新日:

出会い系 ブログ

「エロい実体験を書いた出会い系ブログを読んで、自分もセフレを作りたい!」

「とにかく素人とエッチがしたい!参考になるブログはないか…」

 

多くの男性は、こういう想いから「出会い系 ブログ」と検索します。

実際、グーグル検索すると、出会い系のハメ撮り体験談や、LINEやカカオトークのやり取りを公開しているエロブログが上位を独占しています。

 

これに対し、この記事にはハメ撮り画像や、LINEのやり取りのキャプチャー画像はありません。

 

しかし、ブラウザバックして戻るのはちょっと待ってください!(笑)

 

実は、上記の出会い系ブログの多くは、ウソで塗り固められた体験談なのです。

あなたがこのまま上記のブログに行ってしまうと、9割方は「言うとおりにしたのに、会えないじゃねーか!」となるでしょう。

 

「嘘つけ!ちゃんと出会えた素人の写メもあったし、何よりLINEとかハメ撮りまであったぞ!」と思うかもしれません。

しかし、実は体験談やハメ撮り画像、LINE画像を作る(ねつ造する)のはとても簡単です。

 

当記事では、出会い系歴10年以上の筆者が、出会い系ブログが用いる手口をお教えします。

その上で、なぜ出会い系ブログに書いてあるとおりに実行しても会えないか、本当はどうするべきなのかもお教えします。

+ 【知りたい人だけクリック】このサイト「週刊現実」の筆者は誰なの?

Webマガジン「週刊現実」編集長 齋藤のプロフィール

2000年代、出会い系勃興期に出会い系にハマる。

とはいえ、最初はサクラ(美女のふりをしてメールをするアルバイト)だらけの詐欺サイトに騙されに騙され、サクラに「数万円」つぎ込んでからのスタート。

 

やっとの思いで「ワクワクメール」にたどり着き、ハッピーメール、PCMAXなどの複数サイトを用いて出会い活動を続ける。

以後、10年以上をかけて、2018年までに出会い系で300人以上の女性と出会う。

 

現在は、投資で生計を立てながら、出会い系で女性と出会い続ける日々。

要は、定職につかず出会い系に人生をかけた人間。自分でもヤバい人間だとは思うが、その分出会い系に関する知識・テクニックは日本有数の「プロ(専門家)」だと自負している。

 

2018年7月、出会い系人生のすべてを籠めるべく「日本一の彼女・セフレ作りWebマガジン」である週刊現実を発刊。

記事にもたまに出てくる「齋藤編集長」が筆者である。

 

サイト名である「週刊現実」に恥じないよう、良いことも悪いことも「現実」をお伝えします。

この記事では、他の出会い系ブログが絶対に触れない「不都合な現実」も含め、全てをお伝えしていくつもりです。

 

この記事はこんな方におすすめ

  • セフレが欲しい、即ハメがしたい、彼女が欲しい等の理由で、出会い系ブログを検索していた
  • 他の出会い系ブログの言った通りやったのだが、失敗した(お金を要求する女性しかいなかった)
  • 出会い系ブロガーが本当に「素人のハメ撮り」にハイペースで成功しているとは思えない、何かがおかしいと思う
  • 出会い系の真実(現実)が知りたい。本当に出会うためのポイントが知りたい

 

上記のチェックが一つでもあなたに当てはまるのであれば、必ずお役に立つことを約束します。

 

本編に入る前に、一つだけ………

「他の出会い系ブログの手口はどうでもいいから、とにかく『本当の出会い方』を教えてほしい」という方は、以下の記事をお読みください。

参考プロが教える!出会い系攻略の全知識

 

それでは、早速参りましょう。

 

出会い系ブログで男性の性欲をあおる手口とは?

出会い系ブログに詐欺られる男性たち

なぜ筆者がこの記事を書いたかと言えば、「多くの男性が、出会い系ブログにだまされ過ぎ」だからです。

 

この後お話していきますが、ほとんどの出会い系ブログがやっている、「こうやったら簡単にセックスできました!証拠のハメ撮り画像です!」「ネットナンパ成功!待ち合わせのLINEも公開!」というパターンはウソです。

 

これを信じて「おお!出会い系って簡単にエッチできるんだ!」と勇んで登録すると、「金目当ての女にしか会えない」という事態にまっしぐらです。

 

後述しますが、出会い系ブログの手口に引っかかって会えず、ネット上で「出会い系ブロガー vs 読者」で大きなトラブルになったケースがあります。

具体的には、以下のような流れでした。

【1】運営者の出会い系体験談サイトから登録したユーザーがさっぱり出会えない

【2】ユーザーが運営者を逆恨み

【3】運営者の出会い系アカウントを探してきて2chなどに晒す

【4】怒った運営者が晒したユーザーを調査、正体を付き止める

出典:出会い系体験談サイトを作るリスク

 

要は、「本当に通じる」まともな攻略法ではなく、エロい画像で性欲をあおり、証拠と称するLINE画像で真実味を取り繕った「本当は出会えない幻想の体験談」で誘導されているから出会えないのです。

 

上記の引用では「逆恨み」と書いてありますが、別に逆恨みではなく「詐欺」に対する正当な恨みだと言えなくもないでしょう。

(上記のケースでは、教えた出会い系自体は優良だったようですが)

 

次に、エロ画像を使った出会い系ブログの手口を眺めていただきます。

 

オオカミ君
「知ってるよ!」という方は飛ばして次に行ってもOKだぞ!

 

エッチな出会い系ブログの手口を暴露!

「出会い系 ブログ」のグーグル検索で出てくるブログたちの共通点、それは「エロ」です。

 

「彼女を作る方法」とか、「出会い系で初めてデートするときのコツ」などが掲載された、わりと真面目なコンテンツやブログは表示すらされません

 

「出会い系 ブログ」と検索する男性の多くは、「楽に」「安く」「早く」「素人と」エッチがしたいのだと思います。(=性欲が前面に出ている)

出会い系ブログは、この男性読者の「性欲」をあおり、幻想の体験談を見せて出会い系に誘導します。

 

例として、2018年8月時点では「出会い系 ブログ」でグーグル検索5位だった「出会い系ヤリマンとのタダマン体験談ブログbyブサメン吉田」と言う出会い系ブログを例にとります。

 

このブログの体験談の流れは、こんな感じです。

  1. PCMAXで「セフレ関係を望んでいる」女性保育士(↓)と知り合った
  2. 女性のほうから「赤ちゃんプレイをしたい」と言われた
  3. 実は妊婦さんだった女性に「オムツ交換」をされた

    出典:赤ちゃんプレイ体験談-出会い系の保育士ママにオムツ交換されてタダマンしちゃった。

 

出会い系のベテランなら全員同意してくれると思いますが、こんなことはあり得ません

 

出会い系の素人女性のほぼ全員が普通の女性です。

 

上記の中で「赤ちゃんプレイ」や「オムツ交換」よりは一番まともそうな、「セフレ関係を望んでいる」素人女性さえ現実には少ないです。

様々なテクニックを駆使してセフレに持っていく必要があります。

参考出会い系のセフレ作りなら俺に任せろ!実際に成功した4つの方法

 

そんな中、「保育士さんと赤ちゃんプレイ、オムツ交換」なんて完全に「AVの中にしかない、男の妄想」です。

「イメクラ体験談」と書くのであればいいですが、これを「出会い系の体験談」と言ってしまうことに悪意があります。

 

さらに、こういうブログは、判を押したように「PCMAXで会えた」と言って出会い系大手の「PCMAX」に誘導することが多いです。

これにもきちんとした理由があります。

+ 【知りたい人だけクリック】PCMAXが1位の比較サイトや体験談サイトが多いのはなぜ?

PCMAXがランキング1位のことが多いのは、完全に大人の事情です。

一言で言えば、「紹介料」が高いからです。紹介したときにもらえる代金が、他のサイトとは違うのです。

 

ただ、実際にPCMAXは、間違いなく優良サイトの一角ではあります。

筆者自身、エッチ目的では多用しています。

 

しかし、業者が多すぎるため、間違っても初心者におすすめできるサイトではありません。

(2018年11月追記:ただし、最近はかなりマシになり、初心者でも使えるサイトになってきました)

 

これは本当に、使ってみればすぐ分かります

エロ系の広告を出し過ぎて、「すぐにエッチが出来ると思っている初心者男性」が多く、そのためそれを狙う「業者」が多いサイトになっています。

 

一言で言えば、「紹介料が高く、エロ(アダルト)系のバナーも多いので、誘導しやすい」からです。

会えるから、安全だからではありません。(むしろ業者が多いサイトなので、初心者には向きません)

 

齋藤編集長
まあ、最近はかなりマシになってきたんじゃがな。

 

最後に、この体験談にはありませんでしたが、真実に見せかけるため「LINEのやり取り画像」を掲載している場合もあります。

(この体験談にも「ハメ撮り画像」はありました。これも多くのブログで使われます)

 

上記より、出会い系ブログの手口の特徴をまとめると、以下のようになります。

  • ストーリーやシチュエーションが、「男の妄想」を叶えるようなエロい内容になっている
  • 「ハメ撮り画像」や「LINEのやり取り画像」により、体験談の信ぴょう性を上げている
  • やたら「PCMAX」をおすすめしてくる(これは場合によりますが)

 

オオカミ君
なるほどね。手口は分かったけど、証拠画像があるなら真実なんじゃねーの?
いや、そうでもないんじゃ。
齋藤編集長
実は、LINEのメッセージやハメ撮り画像と言うのは、簡単に作れる。
齋藤編集長
オオカミ君
そうなのか!?でもさ、さっきの写真に「吉田」って書かれた紙が写ってたじゃん。
あれはごまかせないんじゃねーか?
いや、それもどうとでもなるんじゃよ。次で説明しよう。
齋藤編集長

 

LINEメッセージ・エロ写メ・ハメ撮り体験談の作り方を暴露!

ここまで出会い系ブログの手口を解説してきました。

ここでは、実際にどうやってエロ体験談ブログを書いているのかをご紹介します。

 

まず、エロ画像で男性ユーザーを煽る出会い系ブログの作り方は、大きく3つあります。

  1. 自作してしまう
  2. プロ女性の協力で作る
  3. 撮影した本物を使う

 

ある程度信憑性のある出会い系ブログは、この3つの手法を混ぜて使っているのが実態です。

(信憑性のない出会い系ブログは、1番だけを使っている場合が多い)

 

出会い系ブログで公開しているLINEメッセージは自作!ハメ撮り体験談も?

それぞれご説明していきます。

まず、1番の「自作してしまう」というのは一番簡単です。

 

スマホアプリ「LINE」を使ったメッセージのやりとりについては、自分で作れるサイトがあります。

もじまる」というサイトです。

もじまるとは?

簡単!便利な画像加工WEBアプリ。文字入れから切り抜き、モザイク、LINE風画像など加工ツール盛りだくさん!

 

これは見ていただいた方が早いですね。自分でメッセージやスタンプを作ることが出来ます。

もちろんエロ会話、エロ画像の挿入も思いのままです。

 

この「もじまる」を使うと、こんなLINEのやり取りも簡単に作れます。

短い会話の中で「恋人や妻ではない」「エロい女である」「エッチ済の女である」ということが(不自然なほど)効率的に示されています。

 

オオカミ君
なんじゃこりゃ!
LINEのエロいやり取り画像、作り放題じゃんか!
知り合いの女性に頼み、写真を変えつつ作っている人もいるかもしれない。
齋藤編集長
ただ、多くの出会い系ブロガーは「もじまる」を使っておるな。
齋藤編集長

 

一方、ハメ撮り画像は、エロ画像から適当に作ります。

連続しているものでも、マイナーな女優や素人モノのAVを静止画としてキャプチャーして作ります。

 

オオカミ君
でも、AV女優って結構有名じゃね?
もちろん有名女優は使わない。
素人をナンパしてホテルに連れ込むAVが多いじゃろう。
齋藤編集長
さらに、顔にモザイクをかけたりするので全く分からんよ。
齋藤編集長
オオカミ君
確かに、AVって数が実はめっちゃあるもんな。
もっと露骨な例もあるぞ。
齋藤編集長

 

「出会い系 ブログ」の検索順位が7位だった「出会い系体験談 母さんに誓ってガチです」でのPCMAXの紹介画像がこちらです。

 

この「茜ちゃん」って子。

バツイチだということですが、すごい美人さんですよね。

 

こんな子がいるなら、すぐにでもPCMAXに登録してしまいたい…

でもこの子、どこかで見たことあるような…

 

と思ってGoogle画像検索をすると、なんと!

 

NMB48の山本彩(やまもと さやか)さんというアイドルの画像でした。

おそらく、NMB48でも最も有名な方です。(AKBグループ全体の中でも有名な方ですので、ご存知の方も多いのではないでしょうか)

 

ファンなら一目でわかる人かと思います。

しかし、「出会い系体験談 母さんに誓ってガチです」の管理人さんは山本彩さんを知らなかったか、気づかなかったのでしょう。

 

ここで分かるのは、「出会い系ブログの管理人は、適当にネットで拾った美女画像を加工して使っている」という事実です。

可愛い子なら何でもいいので、AKBや乃木坂、欅坂も普通に使われていると思います。

 

NMB48も、(グループ名は)多くの人が知っていますよね。それも使ってしまうくらいですから、素人AVなんて使いまくっています

(AVのマニアか、たまたまそのAVを見て印象に残っている男性にしかバレません。読者の99%にはバレないので、いいのでしょう)

 

動画のキャプチャーは画像が粗くなる。
しかし、その粗さも「本物のハメ撮り」っぽくなるんじゃよ。
齋藤編集長
オオカミ君
すげえな。こんなこと出来るのか。
オオカミ君
でもさ、この方法じゃ写真に「吉田」って書いた紙を持つタイプの画像は作れないんじゃないのか?
それはその通りじゃ。次で説明しよう。
齋藤編集長

 

出会い系ブログの本気のハメ撮りや動画は、プロ女性と協力!

出会い系ブログでは、女性を映している写真の中に「自分の名前やサイトのアドレス」などを入れている画像をよく見かけます。

このタイプの画像は、写真加工だけで作成することは出来ません。

 

これを作る方法には、2パターンあります。

  • 関係ない女性やホテルで撮影する(巧妙にごまかす)
  • プロに協力してもらう

 

分かりづらいと思うので、例を挙げて説明しましょう。

 

出会い系ヤリマンとのタダマン体験談ブログbyブサメン吉田」という先ほども例に挙げたブログがあります。

このブログでは、1番の「関係ない女性やホテルで撮影する(巧妙にごまかす)」という手法を使っています。

 

つまり、関係のない女性の後ろ姿を隠し撮りし、それに合わせて「吉田」という紙を持っているだけです。

 

下の画像を見てください。

後ろ姿には「吉田」という紙が出てきますが、ハメ撮り画像にはこの紙が出てきません。(※当ブログでは出来る限りアダルト画像を使いたくないので、隠しています)

 

実際、よく見ると「今からPCMAXでこの子と会います!」と記載された女性のプロフィール写真と、後ろ姿を撮影した女性と、ハメ撮りしている女性は全くの別人だったりします。

 

PCMAXの画像は修正されていることが多いので、他の写真と多少違っていてもおかしくはありません。

しかしながら、後ろ姿とハメ撮り中で髪の色が変わるのは変ですよね(笑)

 

しかも、後ろ姿の撮影時に出てくるスーパー(コンビニ?)の画像がほとんど一緒です。(床をよく見てください)

色々な場所で会っているはずのまったく別々の女性と、いつも同じ場所のお店に行くのはあり得ませんよね。

 


 

もう少し手をかけて出会い系ブログを作っている場合には、プロ女性に協力してもらって作っています。

デリヘルの「撮影可能コース」をオプションで選べば、撮影は簡単です。(動画も写真も撮れます)

デリヘルに行ったら、女の子とのプレイの様子を記念に収めておきたい。と思ったことはありませんか?

しかし当然ながらデリヘルのプレイ中にカメラを回すなんてことは絶対にNGであり、もしもこっそり撮影しようものなら、そのお店からは出禁を喰らうくらいのものです。

しかしデリヘルには動画撮影可能なコースというものがあり、動画配信はダメですが、個人的に楽しむための動画撮影なら可能です。

出典:動画配信 品川 デリヘル

 

これ以外の方法もあります。

出会い系で「割り切り女性(個人売春)」や「援デリ業者(組織での売春)」に2万払ったのち、売春女性と交渉して「顔にモザイクを約束」して撮らせてもらうことです。

 

個人の援交女性でも、業者の女性でも、ハメ撮りを拒否する女性は多いです。

しかし、少なくともごく普通の素人女性よりはOKが出やすいです。

 

さらに、援デリ業者は「素人女性」に化けているため、街中を一緒に歩くことが出来、一緒に写真を撮る機会も結構あります。

信憑性の高い「出会い系ブログ」を運営している人は、適度にデリヘルや援交のプロ女性を混ぜてきますね。

 

あとは、隠し撮りと言う手もあります。これは完全に犯罪ですが…。

参考今も危険?出会い系で起きた事件と最新状況の全まとめ

 

自分で撮影した本物画像を使っている出会い系ブログも!しかし、別の問題が…

正直、「ハメ撮り」を素人女性に対して行う、というハードルはかなり高いです。

 

相当頭の弱い女性でない限り、「出会い系で初めて出会った男にエロ写メを撮らせる」ということはありません。

どこに流出するか、分かったものではないからです。

 

しかし、実際には本物もあるのです。

99%の出会い系ブログは嘘(加工写真)ですが、100%全部がそうではありません。

 

筆者は実際に、「本物のハメ撮り写真」で運営している出会い系ブロガーを知っています。

 

しかし、この場合でも問題はあります。本物を使っているにもかかわらず、です。

これは「なぜ出会い系ブログに書いてある通りにやっても会えないのか」に大いに関係してきますので、次の項でお話しましょう。

 

なぜ、出会い系体験談ブログの通りにやっても会えないのか?

先ほどの話の続きです。

仮に「出会い系ブログのハメ撮り画像が本物」の場合でも、男性ユーザーにとってのダマシ(嘘)があるとお気づきになられるでしょうか?

 

オオカミ君
なんでだ?
本物のハメ撮り写真なんだろ?

 

なぜダマシ(嘘)かと言えば、写真は本物でも、そこに至る過程(文章の内容)が嘘だからです。

 

つまり、「ビッチと会えて、その日にセックス出来たw」という内容に、「本物のハメ撮り画像」を張り付けた出会い系ブログがあったとしましょう。

これを見ると、ユーザーは「俺も簡単に出来そうじゃん!セフレ欲しい!よっしゃ登録だ!」となるでしょう。

 

しかし実際には、出会い系ブログの運営者は、女性とセックスするまで並々ならぬ苦労をして、女の子を口説き落としているはずなんです。

 

この後の「5.こっそり教える!出会い系ブロガーの本音」で出てきますが、出会い系ブロガーの本音と建て前はまったく違います。

  • 出会い系ブロガーの真実:女性とは真面目に出会って、デートを重ねて、脈アリにして、ムードを作って口説く
  • 出会い系ブロガーの嘘:女は基本ヤリたがりの淫乱ビッチで、一緒にお酒を飲んだら簡単にセフレになった!出会い系の女はマジでチョロい!タダマン&セフレ万歳www

 

つまり、本物のハメ撮り写真が使われている出会い系ブログだとしても、セックスに至る真実の攻略法は書かれていないんです。

方法らしきものが書いてあるように見えても、「それはウソの攻略法」なんです。

 

「本当に女性を落とせるが面倒臭い攻略法」ではなく、「圧倒的に手抜きで、楽にできるように書いてある幻想の攻略法」が紹介されているんです。

 

なぜ本当の攻略法を書かないかといえば、読者は楽にセックスしたがるからです。

「出会い系の女はマジでチョロい」という幻想を見せるサイトにしておかないと、自分のサイトにアクセスしてくれないし、出会い系に誘導も出来ないからです。

 

齋藤編集長
他のことで例えるなら、「1日15分聞けば自然と英語が喋れるようになる!」って感じじゃな。
これなら食いついてくれる人も多い。
齋藤編集長
しかし、「6か月間、1日2時間は英語の勉強をすること。それでもTOEICで言えば100点分くらいしか上がらないので、英語の学習は生涯続きます!」だと本気の人以外は来てくれないじゃろう。

 

ですので、この項の見出しである「なぜ、出会い系体験談ブログの通りにやっても会えないのか?」の答えを一言で言えば、以下の通りです。

(これは、ここまでの内容のまとめでもあります)

 

エロ体験談系(ハメ撮りやLINE画像が特徴)の出会い系ブログは、簡単に会えてエッチできるかのように見せる嘘だらけだから

です。

 

それでは、この実態を踏まえどうしたらいいのでしょうか。

そう、「ほとんどの出会い系ブログが教えてくれない、出会い系の本当の使い方」を知る必要があるのです。

 

週刊現実のポリシーと、本当に出会うためのポイント

出会い系では、簡単に彼女を作ることは出来ません。

彼女の作り方を説明した記事が、10,000文字を超えてしまっていることからも明らかです。

参考出会い系で彼女作り!300人に会った方法とアプリを完全解説

 

セフレを作るのは、(やり方にもよりますが)さらに難易度が高いです。

やり方を知らない場合には、かなり苦労する方が多いはずです。

参考出会い系のセフレ作りなら俺に任せろ!実際に成功した4つの方法

 

割り切りは簡単ですが、やり方を知らないと「素人」には巡り合えません。

参考出会い系割り切りの全て。合法的に援助交際する方法を徹底解説!

 

サクラを知って正しいサイトを知り、業者を避けて素人にアプローチしないと、決してまともな女性には会えません。

参考サクラがいない出会い系は実在する!騙されないための完全ガイド

参考業者は優良出会い系にもいるぞ!見分けて避けるための全知識

 

逆に言えば、面倒でもきちんとした手順を踏めば、女性に出会うことは十分に可能です。

多すぎて嘘っぽいのは理解しつつ申し上げれば、筆者も10年以上の間で300人以上の女性に出会ってきています。

 

そもそも当サイト「週刊現実」のポリシーは、「徹底的に出会い系の現実に向き合い、ベテランユーザーの実体験に基づき、誠実な記事を書く」ということ。

出会い系攻略サイトが無数にある現在、このポリシーが守れなければ、当サイトの価値はないと思って1記事1記事を書いています。

 

ですので、当サイトでは「出会い系の現実」をごまかしません。

そして、筆者の考える「出会い系の現実」とは以下の通りです。

  • 出会い系は「エロい女性がおり、楽々セフレ量産が可能な男性のパラダイス」ではない
  • 出会い系は「女性に会えるというのは都市伝説で、詐欺サイトしかない」わけでもない
  • 出会い系は「出会い系選びと攻略方法の2つを知っており、地道に実践すれば会える」ものである

 

「出会い系選び」と「攻略方法」の2つが大切です。

 

「出会い系選び」は、こちらの記事を参考になさってください。

参考出会い系の評判を全身全霊で調べてみた!

参考10年使って分かった!おすすめ出会い系の目的別ベストまとめ

 

手っ取り早く結論を言えば、以下の優良出会い系サイト、その中でもハッピーメール(もしくはワクワクメール)がおすすめです。

編集長直伝!優良出会い系

 

出会い系ブログでよくおすすめされるPCMAXは優良サイトではありますが、いかんせんエロいイメージで売っているため、それを目当てで男性と業者(売春女性)が来過ぎて会いにくいです。(最近はかなり改善されましたが)

初心者であれば、最も業者の少ないハッピーメールが最適解だと思います。

 

ハッピーメールの公式サイト → https://happymail.co.jp

登録無料!カンタン2分

無料でハッピーメールをお試しする

※最も業者が少なく安全!日本最大の出会い系

 

ちなみに、もし男性であれば、出会い系を複数登録することにはメリットがあります。

+ 【知りたい人だけクリック】出会い系に複数登録するメリット

出会い系に複数登録するメリットは、主に3つあります。

  1. 無料ポイントが登録したサイト数の分だけもらえる
  2. 会える女性の幅が広がる
  3. 彼女が出来た時の対処が簡単になる

簡単に解説します。

 

まず1番ですが、出会い系は男性が登録すると、1000円分程度の「無料ポイント」がもらえ、これでしばらくは遊べます。

ですので単純に、登録したサイトの数だけ無料ポイント分が増えると言うメリットがあります。

 

次に2番です。出会い系を複数利用する男性は多いですが、女性はそこまで多くありません。

これも単純な話ですが、ワクワクメールでは会えない人にハッピーメールでは会うことが出来るというメリットがあります。(もちろん、その逆もあります)

 

最後に、3番です。これは少し複雑なメリットです。

出会い系で彼女が出来ると、浮気防止のために「一緒に出会い系サイトを退会しよう!」という流れになることが多いです。

 

しかし、そうすると今まで出会い系で作った人間関係がリセットされてしまうので、男性の中にはそれが嫌だという人もいるでしょう。

 

そんな時、複数サイトを利用していると被害を減らせます。

例えば3サイト使っていたら、退会で連絡をとれなくなるのは「3分の1」だけになります。

 

特に、ハッピーメールと並ぶ2強である「ワクワクメール」への登録はしておいても損はありません。

ワクワクメールの公式サイト → http://550909.com

登録無料!カンタン2分

無料でワクワクメールをお試しする

※出会い系業界の2強!真面目な出会いに強い

 

一方、出会い系の「正しい攻略方法」を一気通貫で説明した記事はこちらです。

参考プロが教える!出会い系攻略の全知識

 

時間のない方のために言えば、上記の出会い系攻略手順の中でも、絶対に知っておく必要がある点は「業者対策」になります。

(「出会い系選び」も必須項目なのですが、すでに上で述べているので割愛)

 

ですので、もし業者を見分ける自信がなければ、以下の内容だけは読んでおいても損はありません。

(クリックすると開いて読めるようになります)

+ 【知りたい人だけクリック】出会い系の「業者」の特徴と避け方は?

サクラが「悪質サイトのみ」に生息するのに対し、業者の住処は「優良出会い系サイトや無料出会い掲示板」です。

(つまり、優良出会い系サイトを使う限り、ずっと付いて回る問題です)

 

サクラと同じく、業者の目的はカネです。

ですがその「カネの稼ぎ方」は業者により様々で、大きく以下の4パターンに分かれます。

  1. 援デリ業者
  2. 他サイト誘導業者
  3. 個人情報収集業者
  4. その他業者(宗教やマルチ等)

これらの「業者」はそれぞれ、以下の手段でお金を稼ごうとしてきます。

  1. 素人のふりをして売春を持ち掛ける
  2. 他の出会い系や悪質サイトに登録させて紹介料を稼ぐ
  3. メールアドレスやラインIDをリスト化して、(迷惑メールの送信先として)別の業者に売る
  4. 入信させたりマルチ商法の末端会員にして稼ぐ

 

サクラは「悪質出会い系の中で、メールをさせてお金を稼ぐ」人たちです。

一方、業者は「カラダを売ったり、別のサイトに誘導したり、個人情報をリスト化して売ったり、マルチに勧誘したり」と儲ける手段が多彩です。

 

業者の対処法は難しくありません。

お金の話が出たら縁を切る、外部誘導されたら縁を切る、宗教の勧誘やビジネスの勧誘を受けたら縁を切ることです。

 

ただ、個人情報収集業者だけは見分けづらいです。(最後まで普通の女性を演じることが多いため)

ですので、あらかじめ出会い系専用として、ヤフーメールなどで「捨てる前提の無料メールアドレス」を用意しておくのがいいでしょう。

 

以上を参考に出会い系に取り組んでいただければ、出会えないということは絶対にないと思います。

もし当サイトの記事をある程度読み込んだ上で出会い系に挑んだのに出会えない場合、何かの要素が壊滅的におかしいはずなので、ぜひこの記事(このブログ)に相談のコメントをください。

 

こっそり教える!出会い系ブロガーの本音

ここまで、出会い系ブログの手口やそれに従っても出会えない理由、そして本当の出会い方を解説してきました。

 

ここまでの内容が記事のメインですが、最後に「そもそも、嘘をつく出会い系ブログの運営者は何を思ってやっているのか?」、つまり「出会い系ブロガーの本音」をご紹介したいと思います。(一部、すでに記載した内容も含みます)

 

オオカミ君
ここは「おまけ」的な内容なので、知りたい人だけ読んでくれればいいぞ!
ただ、珍しく「出会い系ブロガーの中でも結構有名な人」の本音を見つけたので、読んでみても損はないと思う。
齋藤編集長

 

それでは、出会い系ブロガー界隈でも有名な「松岡さん」という方の本音をご紹介しましょう。

出会い系ユーザーにとって最高のコンテンツとは「女性とは真面目に出会って、デートを重ねて、脈アリにして、ムードを作って口説きましょう。」という真実ではなく、

女は基本ヤリたがりの淫乱ビッチで、一緒にお酒を飲んだら簡単にセフレになった!出会い系の女はマジでチョロい!タダマン&セフレ万歳www

なんです。

真実を伝えるとアクセスとCVが下がり、公式性・ユーザーの動きを評価すると詐欺サイトが上位表示される…。そんな中で「アダルト(出会い)のすばらしいコンテンツとは?」って感じがします。

僕なりに、真実と嘘を織り交ぜた、均衡のとれたコンテンツを作っていたつもりなのですが…

出典:出会い系ブロガー松岡さんのブログ

 

ここでは松岡さんが、グーグルの検索順位の変更で、自分の出会い系ブログの検索順位が下がったことについて嘆いています。

ここで重要なのは、赤字にした部分です。以下にポイントをまとめます。

  • 松岡さんが真実だと思っていること:女性とは真面目に出会って、デートを重ねて、脈アリにして、ムードを作って口説く
  • 松岡さんが嘘だと思っていること:女は基本ヤリたがりの淫乱ビッチで、一緒にお酒を飲んだら簡単にセフレになった!出会い系の女はマジでチョロい!タダマン&セフレ万歳www
  • 松岡さんがやっていたこと:ぶっちゃけ嘘をついてました

 

「僕なりに、真実と嘘を織り交ぜた」と言っていますが、全部が嘘でなくても嘘が含まれれば、それは「真実」ではなく「嘘」になります。

つまり、ここでは「俺は嘘をついていた」と松岡さんは言っているんですね。

 

「女は基本ヤリたがりの淫乱ビッチ」「出会い系の女はマジでチョロい」というような嘘で性欲をあおり、アクセスを上げようとしていたわけです。

なぜなら、「真実を伝えるとアクセスが下がるから」です。

 

オオカミ君
やっていたことの是非はともかく、正直なヤツだよな。

 

ちなみに、この「松岡さん」という出会い系ブロガーは、出会い系ブログを書いている人の中では悪質でも何でもありません。

松岡さんが作った出会い系ブログ(Love-Log)を拝見する限り、むしろかなり良心的なほうです。

 

しかし、そんなまともな出会い系ブロガーでも「嘘」で男性を釣っている、ということが出会い系ブログの抱える問題なのですね。

繰り返しますが、エロ体験談・ハメ撮り系の出会い系ブロガーなんてもっとずっとひどいですよ。

 

まとめ:出会い系ブログの被害者ゼロへ

以上、「出会い系ブログの騙しの手口」から「本当に出会うためのポイント」まで、徹底的に解説してきました。

 

「ハメ撮り写真」や「エロLINE」で煽り、「セックスは簡単」という幻想を売る、悪質な出会い系ブログ。

当サイトでは、それとは異なる「地道だが、本物のやり方」を解説しています。

参考出会い系のセフレ作りなら俺に任せろ!実際に成功した4つの方法

参考出会い系割り切りの全て。合法的に援助交際する方法を徹底解説!

 

このやり方はスローに見えて地に足のついた方法ですので、地道に長くやっているといつの間にか大量の女性と出会うことになります。

本当の出会い系を楽しんでくださいね。

 

ハッピーメールの公式サイト → https://happymail.co.jp

登録無料!カンタン2分

無料でハッピーメールをお試しする

※最も業者が少なく安全!日本最大の出会い系

 

-出会い系攻略の基礎知識

error: Content is protected !!

Copyright© 週刊現実 , 2019 All Rights Reserved.