男性(p)向けパパ活攻略

ママ活とは何か。パパ活の逆で若い男をカネで買う?

ママ活とは

当サイトのコンセプトは「現実・真実・誠実」です。

基本的には、当サイトでは私のやったことがあることだけを実体験から書いています。逆に言えば、自分がやったことがないことは書いていません。

 

齋藤編集長
しかしながら今回の記事については違うのじゃ。ワシがしたことのない行動について書いておる。

 

今回のテーマは「ママ活」です。

パパ活(p活)ブームから無理やりひねり出された言葉のような気もしますが、出会い系サイトを見ると、実際にママ活らしきことをやっている男性もいます

 

齋藤編集長
ワシは出会い系ブロガーとして、知り合いの女性のスマホから出会い系を眺めてみることも多いのじゃ。

 

今回は、「ママ活とは何か。パパ活の逆で若い男をカネで買う?」をお送りします。

こんな方におすすめ

  • ママ活という言葉を聞いたが、意味が分からない
  • ママ活とは何なのか、知りたい
  • 実際に出会い系サイト(出会い系アプリ)でママ活はあるのか、知りたい

ママ活とは。パパ活の男女逆バージョン!

ママ活とは、若い男性が自分より年上の女性とデート(食事やショッピング)をして、お金をもらうことです。

女性は男性ほど性欲がないこともあり、性的関係はない場合がほとんど。

そういう意味でも、愛人関係(セックスあり)というよりは、パパ活(セックスなし)の逆パターンと言えそうです。

 

オオカミ君
ま、実際にはパパ活では肉体関係ありの場合も多いけどな。

 

要は、自分の容姿に自信がある若いお兄ちゃんが、おばさんとお付き合いしてお金をせびる、ホストの個人営業のようなものと言えるでしょう。

パパ活がキャバ嬢の個人営業のようなものですから、まさにその男女逆パターンとなります

 

オオカミ君
うーん。説明だけ聞いてると、ママ活、普通に行われていそうな感じもするよな。

 

しかしながら、パパ活の中では男性は本当は愛人関係(エッチあり)を志向しているのに対し、ママ活はそうでないことが多いのが違いです。

先ほども申し上げましたが、パパ活は、実体としては援助交際になっていることも多いです。

参考出会い系割り切りの全て。合法的に援助交際する方法を徹底解説!

 

齋藤編集長
パパ活ブログなんかを読むと、基本的には「お金を出して若い美女とエッチした体験談」になっていることが多いのじゃ。

 

しかしながら、ママ活は別。

男性からすると「割と年が近いママ」ならむしろエッチしても良いと思っている場合も多く、あまり「肉体関係のトラブル」で破局しないのも特徴なようです。

 

オオカミ君
男からすれば、年が近くてある程度見た目もいい「ママ」なら、むしろ嬉しいよな。

 

ママ活の現実。ママ活男子は難しい

しかしながら、男性がママ活をするのは、現実的には非常に難しいです。

これは、少し考えてみると分かると思います。正直、「性欲ばっちり!」な男性を狙うパパ活は、エッチをにおわせれば簡単に行きます。

 

オオカミ君
その分、エッチを迫られるリスクは増えるけどな。

 

そうではなく、まずはママに「性欲以外」でアピールしていかなければいけないママ活男子は、かなり難しい。

ほとんどが下手なアピールで、ただ単に女性に「お金くれ」というだけのおかしな男性と化しているのが実態です。

 

人生最大のピンチで困ってますが 助けてもらえませんか?
どうしても60ないと会社を辞めるにも続けるにもできない状況になってしまいました。

出典:Twitter(ママ活と名乗っている女性への男性のメッセ)

 

齋藤編集長
ママ活のママは、ただお金をあげたい人ではないんじゃぞ。笑
パパ活と同じで、何かの見返りに、お金をくれるってことだからな。
オオカミ君

 

Twitterでママ活をしていると自称する女性曰く、「頑張っているイケメンを応援して、ときめきたい」という育成ゲーム的な感覚らしいです。

そういう意味では、ヒモやダメンズを養う感覚とも少し違うようですが、ここで重要なのは、頑張っているイケメンでなければいけないということです。

 

オオカミ君
単に、若い男性にお金をあげたいおばさんではないってことだな。

 

ママ活の実態!実在しない?

男は女好き、女はお金好きがこの世の中の基本です。

このことは出会い系で500人以上の女性と出会ってきた中で、嫌と言うほど見てきました。

 

ですから、男にお金を出す女性を見つけるママ活は、パパ活の何倍も(何十倍も?)難しいです。

男性ほど「性欲にやられがち」ではなく、お金への執着が男性よりも強い「女性」という存在に、お金を出させる活動なのですから、難しくて当たり前です。

 

そういう意味で、ママ活は「ゼロとは言わないが、ほぼ実在しない」が現実です。

「男にお金を出す年上女性」を捕まえられた幸運な人が自分はママ活に成功したとして提唱しているか、もしくは「男にお金を出すレアな年上女性と思われたい人」がブログで発信しているだけです。

金持ってるおっさんを引っ掛けるだけで荒稼ぎができるパパ活に対し、
ママ活はどうなんだって疑問を抱いたのでありとあらゆるサイトを駆け巡っても金持った女一匹たりとも捕まらねぇ

出典:ママ活男子のTweet

 

なぜあまりないと言い切るかと言えば、出会い系企業に勤めていた知り合い(※当然、出会い系で知り合いました)がいるからです。

パパ活は確かに流行っているのですが、ママ活は活動者も少なく、さらに全く成功していないようです。

 

齋藤編集長
ちなみに、出会い系で監視業務をやっている人も、すべてのメッセージを見ているわけではないのじゃ。
業者を取り締まるための、サイトパトロールってやつだよな。
オオカミ君

 

しかしながら、ママ活辺りのキーワードを出すのは(削除対象である)業者の可能性もあるので、出会い系サイトからしても動きがよく分かってしまうのです。

出会い系だけでなく、SNSでも、ママ活というのは「貧乏男子」をあぶり出し、ママ活で稼ぐ方法を売りつけたり個人情報を抜くためのビジネスワードのようです。

 

結論:ママ活はやめとけ

結論を言えば、ママ活はやめとけ、になります。

出会い系でママ活・ヒモ的な関係を志向する男性の書き込みを見たことがありますが、成功するとは思えませんし、出会い系をずっと見ている人たちも「反応すらもらえないよ」という感じでした。

 

セフレも、ヒモも、実在します。

しかし、それは「仲良くなってから、セフレにしたり、ヒモになったりする」という順序です。いきなり「ママ活」「ヒモ活」では、「本来は貧乏な男性が嫌い」な女性には相手にされません

 

ママ活は儲かる!などと煽ったほうが私自身のブログのPVも上がりそうな気もしますが、残念ながら儲からないと言い切ります。

本当に年上女性を夢見心地にする自信があれば、ホストにでもなるほうが現実的でしょう。

 

以下の記事に書いた通り、女性は出会い系で稼げます。

参考出会い系で稼ぐ方法の全て。女性のお金稼ぎ3つを完全ガイド!

 

しかし、男性にとっての出会い系は「出会いの場」ではあっても、稼げる場ではないのです。

彼女が欲しい、セフレが欲しい、という方であれば出会い系はおすすめ出来ますが、稼ぎたい男性には全くおすすめできません。

必須【100%確信あり】彼女・セフレを作るための4つの方法【返金保証】

  • この記事を書いた人
「週刊現実」編集長

「週刊現実」編集長

出会い系専門メディア「週刊現実」の編集長。出会い系のプロ(専門家)として、経験に基づき記事を執筆。出会い系歴は15年以上、2024年までに出会った女性は500人以上。本名は齋藤さん。プロのおすすめする出会い系サイト・アプリはこちら

-男性(p)向けパパ活攻略

© 2024 週刊現実